Loading...

サンペー!サンペー!【J2第26節:vs愛媛FC】


えーと....諸般の事情からFC東京と大分トリニータという2チームを応援する管理人こと鳥脳です....まぁ片方が勝ってくれれば1週間は心平穏に暮らせるってもんです。そういった意味でトリニータが勝ってくれてホッとしてますよ....(・д・)チッFC東京ときたら。J2ではFC首位が8連敗(笑)、こりゃシーズンの終盤までもつれそうですなぁ...。

7/29、大分トリニータはアウェイ愛媛の地で愛媛FCと対戦。

トリニータのスタメンの布陣は以下の通り。


田坂さんもここにきていい加減入れ替えがあるかと思っていたが、やはりいつものメンバーに....。これは監督が頑固なのか、それともベンチを含めた控えの層の頑張りが足りないのか、どっちでしょうね。

キックオフ。
最初にペースを掴んだのは愛媛FC。ボランチの位置にいるトミッチが嫌らしい程効いている。
トリニータも徐々にペースを上げるが微妙なミスからボールをロストしてしまうケースが散見。
が、前半25分。セットプレーが跳ね返されたボールを再び奪い、これをミヤザー(だったと思う)が前線にロングフィード。走り込んだ森島が競り合いに勝ちゴール前へ繋いだボールに三平がドンピシャで距離のあるヘディングを決める!トリニータ先制1-0。
ここからペースはトリニータに。先制点で気を良くしたのか、右サイドの三平がもうキレキレ。業を煮やした相手DFが、そんな危ない場面でもないのにファールしちゃうくらいキレキレ。
西の惜しいシュートは相手GK秋元さんのファインセーブに止められてしまう。ああいった西が斜めに走り込むプレーは久しぶりじゃないかな。ああいったプレーが多くなれば西も活きてくると実感。
前半はそのままトリニータペースで進むも追加点は奪えず。

【J2:第26節 愛媛 vs 大分】ハーフタイムコメント(12.07.29)

後半開始。
立ち上がり両チームに良い形。森島が蹴ったFKはまたも秋元さんに阻まれる。スローを見てると森島もガッツポーズしかかってから口惜しがるように見えた。
ところが、この辺から妙に愛媛FCペースに。バルバリッチも前半45分・後半8分・後半21分と積極的な選手交替。3枚目のカード赤井さん→大山さんがあたったのか、後半23分この大山さんがスーペルなゴラッソ的なミドルシュートを決めて愛媛FC同点に追いつく。...まぁ「数は揃ってるけど誰もプレスに行かない」病がまた出た感じでしたな。
んで完全に愛媛FCの押せ押せムード&ペース。
後半29分村井→高松、後半34分西→ジョンハンと流れを変えようとするが、うまく前線からのプレスが効かなくなってしまい流れは変わらない。

トリニータも耐えて耐えて耐え忍んで奪ったセットプレー、こういうケースで点が取れるのが今期のトリニータ。後半40分、三平が右サイド奥で貰ったファールを蹴るのは伝説。これにドンピシャ合わせたのがまたしても三平。決めた直後に両足同時に攣ってしまい、まるで生まれたての小鹿のような状態に(笑)。トリニータ勝ち越し2-1。

後半43分には三平→作田と逃げ切りを図る。ロスタイムはCKが連続したり、圭介がイエロー貰ったりとヒヤヒヤの連続だったけどなんとか逃げ切りトリニータの勝利で終わった。
2戦連続ぱっとしない試合だっただけに、ここでの1勝はちょっと大きい1勝じゃないかな。



後は短評。

【大分トリニータ選手達】:
圭介:あそこでボールを叩きつけるからカレー御馳走になるんだよ。冷静に冷静に。
土岐田:ちょっとミスが多いかなぁ。もうちょっと土岐田らしく果敢に攻め上がって欲しいんだけど。
阪田:大きな破綻はなし
安川:目立つプレーはなし。
ミヤザー:とりあえずミヤザー
タメダー:チームで一人ガス欠にならず。若さ?
三平:文句無しMVP
伝説:決勝点はまたも彼の左足から。
村井:悪くはなかった。
西:戦術的に西が活きる形ではないと思うが、前半の斜め走りがあればもっとチャンスは広がる。
森島:前半途中で若干痛め精彩を欠くもきっちり仕事をこなす。

【愛媛FCさん達】:
※もう4年目になるバルバリッチ体制。この監督さん好きなんだよなぁ....結構毒舌だし、よく退席処分くらっちゃうし(笑)。下にリンク貼っときますが、今回も
 信じられないのは毎試合5回の交代が必要なほどで、実際は3回しかなく、5回は交代できるわけがないのでこのチームには監督よりも魔法使いが必要だろう
と仰っております。
※あくまでもイメージだけど、あまり気持ちを前面に押し出してプレーする選手が少ない気がする。福田健二さんくらいかな。
※トミッチはやっぱり良いなぁ....ミトッチなら知り合いにいるんだが、トミッチはいないんだよなぁ。
※相変わらず凶暴な感じすらする伊予柑太が好きすぎる。なんだかこんな顔したゴール裏の人を知っている気がする。



【その他】:
※田坂さんも感謝の言葉を述べる程、ニンスタには多くのトリサポが結集。愛媛は海を挟んで隣ではあるんだけど、フェリーに乗ったりすると結構遠いのにね。テレビ中継の印象ではあるが、ゴール裏の密度はトリニータの方が高く見えたよ!現地参戦の皆さんお疲れ様でした。
※少し気になるのが、前半のプレスが後半続かず息切れしてしまったところ。うちの芝のせいだけではなく、相手チームよりも先に息切れしてしまう.....そろそろフレッシュな選手が台頭してくれないと困った事態になるやもしれん。
※今節のカレー券収集で森島が次節お休み。森島の位置は高松でなんとかなるがその他のポジションも今のレギュラーを脅かすような選手はおらんもんか。まぁ森島はゆっくり休み足腰の手入れを。
※この日の解説はエゴちゃん。解説に愛媛FCの関係者連れてくるのはどうかなぁとも思うが、ボソボソとした喋りながらちゃんと両チーム目線で話していたのは好印象。実況アナの方は技術がない割に絶叫系で間違いも多く何だかなぁというレベルだったが、試合の終わり等にちゃんとJ1昇格支援金なんかにも触れてくれ、まぁ悪い奴じゃないんだろうな評価に落ち着いた。
※ヒーローインタビュー中の三平に虫がぶち当たるハプニング。この男なかなか『笑いの神』に好かれていると見た。けどあのインタビュワーはもうちょっと受答えに柔軟性と瞬発力が足りないなぁ....せっかく三平がぼけてんだから上手にそれを活かさなきゃ....ボケを殺したら駄目よ。

ここ2試合が不甲斐無い試合内容だっただけに、ここで1勝を上げ、上位戦線に残れたのは大きな1勝だったと思います。次節も四国に渡って徳島ヴォルティスと対戦。暑い中大変な状況は続きますが、J1昇格支援金募集の間は可能な限り連勝して欲しいもんです。

試合関連リンク:J'sGoalから
【J2:第26節 愛媛 vs 大分】プレビュー:失点が続き勝点を伸ばせない愛媛と大分。どちらも守備の修正から、チームの流れを変えることができるか。(12.07.29)
このライターさんはちゃんと相手チームについても書くので好き。たまにいますからね、自チームの事しかプレビューに書かないライターさん。
【J2:第26節 愛媛 vs 大分】バルバリッチ監督(愛媛)記者会見コメント(12.07.29)
【J2:第26節 愛媛 vs 大分】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(12.07.29)
【J2:第26節 愛媛 vs 大分】試合終了後の各選手コメント(12.07.29)
試合詳細データ:2012 J2 第26節 結果
試合レポートは公開されたらリンクします。
【J2:第26節 愛媛 vs 大分】レポート:勝点3を狙い、ゴールを目指し続けた愛媛と大分。軍配は、終盤に勝負強さを発揮した大分に上がる。(12.07.30)
大分トリニータ2012 8820670190355472886

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ