Loading...

ヘロヘロながらも勝点1は奪取【J1第15節:vs京都サンガF.C.】


 あぢぃ~。一応まだ梅雨は明けていないのになんなんだろうこの暑さは。

 その暑さを反映するかのようなJ1順位表。ごちゃっと上から下までチームが団子状態。1位浦和レッズが勝点29、16位のジュビロ磐田が勝点17でわずか12点差以内に16チームが存在するというラッシュアワーの電車のような状態。さしずめ17位のコンサドーレと18位のジェフは女性専用車両に乗っていると表現すればよいか。
 しかしこの満員電車状態で気分が悪くなって連敗とかの途中下車をしてしまうと一気に女性専用車両に送り込まれるので注意が必要であろう。

 さて先週末のJ1第15節。我が愛する大分トリニータは京都サンガF.C.との対戦した。トリニータはここ2週間で6/25鹿島戦(茨城は鹿島で)、中3日でホームに戻り6/29に神戸戦。中3日でまた東京まで上京し7/2にナビスコ準々決勝でFC東京戦。中3日で大分に戻って今度は京都という劣悪なスケジュールとなっていた。
 ......そりゃ選手も消耗するって。

 大分トリニータの布陣は前日の大分の練習も休んでいたホベルトがアップ中に痛みを訴え、試合開始前に急遽メンバー変更。その為いつもよりもベンチが一人少ない状況となった。また上本大海は累積警告にてお休み。

前俊 ウェズレイ

鈴木慎吾 夢生 こばりょう

藤田 エジ

こばひろ 森重 深谷

周作

 便利屋(ユーティリティプレイヤーとも呼ぶが)藤田がDFラインからボランチに上がり、こばりょうが「コバさんちの美味いご飯と居心地のよさ」と評する小林宏之がDFラインで登場。何気に毎回監督コメントで名前が挙げられ褒められている前俊が今回も先発(シャムスカは前俊を褒めて伸ばす方針に決定したのか?)。

 んもう試合開始早々から身体が重そうなトリニータ一同。まぁ大方の予想通り藤田ではホベルトの代役は務まんない(ホベルト>藤田>マラニョン)のでまったくといって良いほど中盤でのプレスが効かない。守備はパス回され放題、スペース作り放題。攻撃も前線の動き出しがなく単発で終わる状態。正直これで勝てたら奇跡と思ったほど。

 案の定、前半22分。
 京都MF中谷の出したボールをFW渡邉にドリブルで持ち込まれ逆サイドのQBK師匠こと柳沢にスライディングで押し込まれる(中継で引いた画像がなかったので確認できなかったけどあのタイミングじゃオフサイド臭いんだけどなぁ)。オフサイドと思った西川が審判に抗議するとあら不思議、周作にイエローカード。審判誰じゃい(#゚Д゚)ゴルァ!!と調べると吉田の寿光ちゃん...........orz....今回も嫌がらせっすか。
 
 こりゃこの試合厳しいと思ってると、3分後の前半25分。セットプレーからセクシィフットボーラー前俊がセクシィなヘディングで同点に追いつく。前俊2試合連続得点....こりゃシャムスカの催眠術が本格的に効いてきたのかも。守備面でもボールをチェイスし汗かき役もこなす。シャムスカも試合後のコメントで
 


「前田は、前の試合と比べると、もしかするとボールを持っての仕事に対しては彼も思うようにできなかったかもしれない。けれど、ボールを持っていない動き、チーム全体の守備について、彼が前線からチームのために頑張ってくれたこと。あとは攻撃になったときに、選択肢になる動きとして、彼が走りまわってくれた。ボールを持っていない時の動きについていえばかなり貢献してくれたと思います」
 としっかり評価。シャムスカの催眠術は過去スピードだけが持ち味だった松橋章太を年間11ゴールのFWへと変貌させ、挙句の果てには日本代表に選ばれるまで勘違いさせた実績があるので、ここは一つ今後の前俊には期待したいところ。

 追いついたトリニータがリズムを取り戻す.......こともなく相変わらず危ないシーンばかり。ごく偶に京都の意識が途切れた所でチャンスをつくるが決める事はできず。また京都サンガも支配するもラストの精度が低く得点にはいたらず、そのまま試合は終了。とりあえず勝点1は確保できた事は、トリニータの出来からして幸運以外何者でもないと感じた。

 以下短評
【トリニータ選手】:
周作:とりあえず何本かは防いだが普通の出来。
深谷:ミスもあるけど普通の深谷の出来。
森重:守備に奔走。途中中途半端な攻め上がりあり。
こばひろ:若干不安定ながらもとりあえずタスクはこなした。プレースタイルは代役として出場した大海よりも深谷に近いか。
エジ:ダブルボランチの相方が藤田では勝手が違うのか。まぁしっかりやっていたほう。
藤田:存在感をまったく示せず。普段ホベルトのプレーを見てるならそれなりの判断はつくだろうに。
こばりょう:守備に追われ疲労感ばかりが目に付いた。
慎吾:最近クロスの質が落ちてきた気がする。疲れのせい?
夢生:前線にボールが出てこない状態では見せ場なし。
ウェズレイ:後半フリーで放ったミドルは決めて欲しかった。おっちゃんあのシーンで決まったと思ってソファーから立ち上がったぢゃないかヽ(`Д´)ノプンプン。
前俊:今の黒髪のほうがセクシィだと思うぞ。

高橋(←こばりょう):まだ復活後大輔らしいプレーを見てない気がする。
松橋優(←前俊):途中出場で元気があるはずなのに試合から消えていた。書きたかないがサッカーIQが低い気がする。
哲平(←ウェズレイ):引分でも良しとする意図でシャムスカが投入。一応役目は果たしたか?プレー時間が短く評価なし。

【サンガさん達】:
※QBK師匠とかフェルナンジーニョさんとか麒麟の田村似水本とか流浪のFC東京選手増嶋とか何気にビッグネームが多い。京セラや任天堂マネーが潤沢な経営状況にちと羨望の眼差し(゚д゚)ウマー。
※カトキューこと監督の意図があまり判らず。勝ちに拘った采配には見えず。
ちっちゃいおっさんことフェルナンジーニョ大活躍。技術の確かさをみせつける。フェルナンジーニョを出して得点力不足に陥っている清水エスパルスは...以下自粛。
※あんだけ京都ペースで試合が進んでいるのにどこかしらポカッと意識が途切れる。これは今後J1で戦っていく上で物凄い欠点のような気が...他サポながら心配だけど松永成立っつぁんのいない京都サンガF.C.には思い入れがないのでこのまま症状が治らない事を期待。

【その他×××】:
※後半10分の交代シーンで何故ゆえに松橋優なのか、何故高松でなかったのかが疑問。今週末の浦和戦を考慮してならば納得せんでもないが、怪我が完治していないのであればちと心配。
※大海は今回休んだので浦和戦は倍以上働くように!ホベルトの怪我も今回は1週間休みがあるのでしっかりと治して欲しいもの。他のメンバーもしっかりと疲れを取り除いて欲しいが蓄積ダメージはでかいので少し不安。
※ホベルトの代役として藤田が同じ役割を出来ない事は判り切っている。こんな時にネモがいてくれたら......(´Д⊂グスン。ネモを中心に前目に夢生、右こばりょう、左慎吾、下目にエジミウソンで全盛期のジュビロの名波ならぬ根本でNボックスが機能する筈(と思いたいだけかも)。ネモの存在感を改めて思い出す。....元気にジェフでやってんのかなネモ。
※スカパーの中継でやる気があるのか、ないのかはっきりしない本並に少しだけ萌える。

 んー、正直負けなくて良かったけど、実は京都戦は勝ち勘定に入れていたのでガッカリ感3倍増しってところ。この結果により今週末の浦和戦で負けだけは許されないと思う。多分久しぶりに九石ドームが混雑する筈なのでしっかりと選手の背中を後押しせねばなるまいて。

大分トリニータ2008 4814538404459581406

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ