Loading...

ビール祭でFC東京大逆転!【J1第12節:FC東京vsサガン鳥栖】


えーと.....ソラシドエアで押さえた航空機チケットが無駄にならないか不安になってる管理人こと鳥脳です(....いつまで引っ張るつもりなんだと、小一時間....)。帰りますよ....帰りたいのよ大分に、ヨヨヨ。

さて不本意ながらちとお仕事が忙しくストレスがたまっております。こんな時は家でゆっくり寝て、トリニータの勝ち試合の録画や「ナビスコ優勝への軌跡」DVDを観賞するのが一番な気がしますが......ええぃ酒だ!酒だ!酒持ってこい!...という訳で個人的にビール祭に行ってきました。場所は東京・調布市は味の素スタジアム(笑)

13時開場に合わせて11:30に飛田給到着(笑).....はい時間があっていません。なぜならばご飯を食べる時間が必要だからなのです。途中のコンビニで缶ビールを買ってから、フラフラと味スタへ向かう。

この日の味スタのフードコートのラインナップは以下の通り

5/20(日)vsサガン鳥栖戦 スタジアムグルメ情報第1弾『フードコート』開催のお知らせ

待機列に一旦並び、フードコート屋台に突撃!
この中から腹ペコ初老を満足させるべき選んだのは...


 スパイシー鶏丼(600円)

同じ屋台のレッド丼(これはタンドリーチキンがのってる奴)も美味そうだったし、チョリソー(結構太いのが3本で500円)も気になったのであるがスパイシー鶏丼を選択。写真では判り憎いかもしれないが容器まんべんなくご飯が敷き詰められており、その上に「これでもかっ!」っと具材が乗っている。結構美味。ちゃんとスパイシーだし、お味も中々。んでこのボリューム....うーむ、これ味スタのレギュラーに昇格させて欲しいのぉ。あと、この屋台サーブが早いのも気にいった。








更にもう一品。熟成ビーフシチュー(700円)

さっきのスパイシー鶏丼と比較するとご飯は少なめだけど、普通の女性にはこれくらいで充分な気がする。肝心のビーフシチューのお味の方も完璧。柔らかく煮込まれたお肉も大きめな奴がゴロゴロ入ってるし、美味かったよ。+100円で炙りチーズが乗ってるバージョンもあったけど、こっちで正解だったかな。

こうやって待機列で缶ビールを3本消費、開場してから試合が始まるまでにさらに2本分(味スタ伝説のビール売り「みぃちゃん」から勿論購入)を飲んでいる......ってことは、試合開始までにビール約1.8リットル消費。正にビール祭!

さてやっとこさ試合の方。

この日の試合の相手は、飛ばない事で有名なサガン鳥栖さん。早速試合前にFC東京ゴール裏が「飛ばない奴はサガン鳥栖」コールを.....あんた達だって普段そんな飛ばへんやん(笑)

FC東京のスタメンはこんな感じ。ベンチスタートは塩・北斗・丸山・河野・石川・渡邊・林。
ハニューさんの怪我とか痛いなぁ....。

さて試合開始。
サガン鳥栖は尹晶煥監督の元、チームとして意志統一の図れた素晴らしいチームでした。FC東京もパスワークと連動でゴールに迫る。両チームの持ち味が出された良いゲームの雰囲気....まぁFC東京はいつものようにフィニッシュの精度とか意欲とかに欠けてる雰囲気が漂い、梶山のシュートがポストに弾かれてたりしていた。
さらにFC東京の一番悪い形が....前半42分、FC東京の選手同士が交錯し、鳥栖がショートカウンターの状態に。抜け出た選手から水沼に渡る。水沼が降り抜いた足から放たれたシュートはニアサイドをぶち抜きゴール。
もうFC東京いつもの失点シーン。もうこれでもかっちゅうくらい見慣れてしまったパターン。
前半は0-1で終了。

【J1:第12節 F東京 vs 鳥栖】ハーフタイムコメント(12.05.20)

後半開始。
後半9分、FC東京は攻撃強化で2枚同時交換。ギアチェンジを図る。
チャン・ヒョンス→石川直、谷澤→渡邉
ところが後半14分、またしても水沼が抜け出し、巻き気味に蹴った低いクロスに身体ごと飛び込んだトヨグバこと豊田。鳥栖追加点0-2。
ここまでは完全に鳥栖のゲームだったと言えよう。しかし、0-2になった所からゲームが完全に別物として動き出した感じ。

後半24分に最後の交替カードをFC東京が切る。
米本→河野。

石川・河野のダイナミックさが徐々にサガン鳥栖を自陣へ釘付けにし始めると...

後半30分。石川からの素晴らしいパスに渡邉が抜けだしゴール!残り15分の状態でやっとFC東京から反撃の狼煙が。
ここから怒涛の展開。
後半36分。ゴール前の混戦から「どこに当ったか判らない」と言う渡邉がゴール!これで同点。
後半43分。相手選手のクリアボールを鼻に当て渡邉がハットトリック!ついにFC東京が逆転。ゴール裏はお祭り騒ぎ。

そのまま試合は終了し、FC東京の大逆転劇は幕を閉じた。

以下短評。

【サガン鳥栖さん達】:
※この試合は尹晶煥監督の采配ミスだよね。2点リードの時点で守りきるイメージが先行したのか、ボランチを交替。岡本さんから犬塚さんへ。個人的な見解だけど犬塚さんはボランチよりもサイドで活きる選手なんだけどなぁ....。この交替でサガン鳥栖は自陣に釘付けになった気がする。
※この日の味スタに大量のサガン鳥栖サポが参戦。京都サンガFCサポに較べると凄い数だよ。ちなみにこの日の観客数は25,803人。羨ましす。

【FC東京さん達】:
※正直言って「大逆転凄ぇ!」って言うよりも「自業自得」とか「自演乙」だと思うの。この日のスタメンでCBに徳永、右サイドバックにヒョンスを配置したけどヒョンスが上がれたシーンとか上がろうとしたシーンって殆どなかったんじゃなかろうか。これはやっぱり采配ミスでしょう。
※失点シーンにしても、ほんと成長しないっていうか学習しないよなぁ。


※この試合辛うじて勝てたのは石川と河野のお陰。石川の怪我が軽くて本当に助かったよ。河野も常に仕掛けて良い感じでした。
※怪我人続出のFC東京だけど、この状況でベンチに入れない幸野くんが.....なっ、もう一年田坂さんの元でやってれば。

この日の試合終了後、久しぶりに調布駅近くの「い志井」で祝勝会。
牛テールスープだの白センマイ刺しだのに舌鼓を打ち、またしても飲んだくれる。いやぁ最高のビール祭。



【J1:第12節 F東京 vs 鳥栖】ランコポポヴィッチ監督(F東京)記者会見コメント(12.05.20)
※ちょっと手放しで喜びすぎ。コメント中の
「~最後に、私たちが見せたオプションもあります。高橋ヒデ(高橋秀人)をセンターバックに置いて、トク(徳永悠平)をサイドに出すということもできます」
それちょっと怖い。
【J1:第12節 F東京 vs 鳥栖】尹晶煥監督(鳥栖)記者会見コメント(12.05.20)
【J1:第12節 F東京 vs 鳥栖】試合終了後の各選手コメント(12.05.20)
試合詳細データ:2012 J1 第12節 結果
【J1:第12節 F東京 vs 鳥栖】レポート:己に勝つ選択をしたF東京が、75分間を制した鳥栖を破る(12.05.21)

次は良く因縁が勃発する浦和レッズさんと味スタホーム....またビール祭だよなぁ、きっと。
スタグル 2186459505237862133

コメントを投稿

  1. レッズ戦には私も行きます。
    もちろん反対側に陣取りますw

    ビール祭りは結構ですが祝勝会はさせませんよ!?

    ところでところで、
    Jリーグ初観戦の都民のママさんをつれて行くのですが、
    フードコートで1品だけ食わすとしたら何がいいっすかねぇ。

    もっとも記憶がカズで止まってる人に
    Jの面白さをどう伝えればいいのか
    というのが目下の大問題でありますw

    返信削除
    返信
    1. まいどっす。
      FC東京公式にやっとフードコートの案内が出ました。
      http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=12679

      うーん今回はイマイチかなぁ....でも

      「ナポリピザケータリングカー」
      ≪販売メニュー≫
      ◆勝ち盛りオードブル盛り合わせ・・・500円
      ◆勝ち盛りソーセージ盛り合わせ・・・500円
      ◆マルゲリータ・・・1,000円
      ◆生ハム白トリュフオイルのピザ・・・1,200円
      ◆レモンチェッロ・・・500円
      ◆イタリアン・トマトカレー・・・700円

      でマルゲリータあたりが美味そうと鳥脳アンテナが反応しています。

      削除
  2. 鶏農さん

    あざぁっす。
    突っ込んできます!

    と、同時に自宅からユニ姿になるのを我慢して
    がきんちょを「ドロンパふわふわ」に連れていきます。

    返信削除
    返信
    1. あら、素敵なお父さんだこと(笑)

      このドロンパふわふわで遊んだ事を契機に、FC東京サポ化を果たすがきんちょに期待します。!

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ