Loading...

ベストな結果とベストには程遠い内容 【J2第9節:vsカターレ富山】

|ω・`)ノ ヤァ

 GW?なにそれ?美味しいの?状態の管理人こと鳥脳です。
 明日はラスト国立だと思っていたのに....(´・ω・`)


 さてGW期間、当ブログでは毎回アホのように「ゴールでるウィーク」と称してトリニータの躍進を願っているのですが....今年はGW連戦初戦から「ゴール出んウィーク」にはなりませんでした!
 と言う事で、大銀ドームで行われたトリニータvsカターレ富山に参戦してきたのでそのレポート。

 前日まで福岡出張だった為、ちと寄り途をして大分に帰省。土曜日はママンの手料理を食べてから(ククレカレーだったけど)、爺やに大銀ドームまで連れて行ってもらう(酒飲むからね)。

 えのきずファミリーの待機列に合流させてもらい開門と同時に入場。最近すっかり慣れてくれたえのきーにょと暫し戯れる。すっかり知り合いの愉快なおじさんと認識されてる臭い。

 いつものパーティ会場を押さえパーティ開始。サイコロステーキと豚バラ串という攻撃的なツートップを採用。



 クラブ20周年記念のタオマフとワッペンを購入しにメイン側へ行くと、サッポロビールサンクスデーの催し、キャンペーンガールと記念撮影コーナーで会社の同僚発見(笑)。いや今年のサッポロキャンペーンガールの子(腹だ床原田ゆかさんらしい)も可愛いねぇ...嫁候補に入れたいが、フカキョンが拗ねると可哀想なので眺めるだけにする。ちなみにサッポロの麦とホップゴールドもこの日は当選!帰りに送ってくれたえのきず姐さんちに進呈したよ!

ちょっと画像が粗いけど


 さて試合の方。

 トリニータの布陣は以下の通り

   チェ

昌也 風間 為田

 末吉  伊藤

安川    岩武
 高木  阪田

   武田

 背番号10を背負うサイドバックことチェ・ジョンハンがついにFW復帰。風間をトップ下、ジョンハンの位置には安川を選択。
 ベンチスタートは室・若狭・西・レイチェル・木村・伊佐・後藤。
 対するカターレ富山さんには平出くんやソ・ヨンドクくん、中島くんというFC東京関係者が曲者(まぁ中島くんはFC東京というのはしっくりこないが)。キム・ヨングンまでいるのか!と思うがどうやら別人(感じが違うっぽい)。

 さて試合。
 試合の入りは両チームとも低調。ポカンと蹴って相手にボールを渡し、ミスでボールを奪われる。非常にレベルのチーム同士の印象。
 そんな雰囲気が変わったのが前半15分。ファーに蹴られたFKを安川が微妙な感じで折り返すと、ボールはゴール前に走り込んでいなかったジョンハンの前にこぼれる。相手DFが4人くらい前にいたのだが、その僅かな隙間を通すシュートをきっちり枠内へ!トリニータ先制!1-0。韓国でのフェリー事故を受けての喪章を天に掲げる漢正漢(おとこジョンハン)。まさにMEN'Sデーに相応しいヒーローはこの先制点だけにはとどまらなかった。
 僅か6分後の前半21分。ゴール前に切れ込む風間のパス&ムーブにつられたDFを嘲笑うかのようにシュートに持っていく漢正漢。今度はファーのサイドネットに突き刺さる2点目!トリニータ追加点!2-0。

 「こりゃ前半ハットトリックもあるで!」と管理人が調子に乗った途端....前半36分、無念の交替。

 前半36分:ジョンハン→後藤

 ジョンハンはきっと2点目を取ったあたりで「あっ!今日はぽっぽおじさんデーじゃない!」って気がついた違いあるまい。

 カターレ富山は相変わらずはっきりしない試合内容でこれならば圧倒しなければならない筈なのに、やはりミスも多く度々ピンチもありつつ前半終了。

 【J2:第9節 大分 vs 富山】ハーフタイムコメント(14.04.26)

 「サッカーは2点差が怖い」って前節湘南に教えてあげようとして断られたんだけど、我らがトリニータもきっちり富山さんへ断りを入れる。
 後半2分。CKに後藤がきっちり競り勝ち、流れたボールに飛び込んだのは安川。ハーフタイムのコメントで田坂さんが「次の3点目が大事、アレンジして動け。」と言ったせいか、妙な動きでシュートを試みる安川が素敵すぎる。往年のコバヒロwを思い出させるくらい「ふしぎなおどり」が発動。これで3-0で、この日の富山さんの出来からしてほぼ勝利を手中に収める。

 もうあと45分は安心して試合を観れると思ったのだが、どうも全体がフワフワしている。妙なミスで相手にボールを渡したり...。正直5-0ぐらいにはしないといけない試合だったと思う。

 後半15分:伊藤→木村
 後半23分:昌也→レイチェル
 とGWの連戦を視野にいれ早目の交替も実施。

 試合はそのまま終了し、今期初の複数得点で無失点と最高の結果ではあるが、最高の内容とは言い難い難しい試合であった。....まぁ勝てば良かろうなのだ。

 後は短評で、

【トリニータ選手たち】:
武田:良いセーブはあったがこの日も秘奥儀『タンノ』を何回か炸裂させる。
安川:先制点のシーンや得点シーンの微妙な動きはトリニータのレジェンドであるコバヒロwを彷彿させる。
高木:毎試合1回は致命的なミスを犯している気がする(失点につながらなくても)。
阪田:珍しくミス多め。メンズデーの主役をジョンハンに奪われる。
岩武:文句ない出来。
末吉:隙あらばゴールを狙う姿勢を評価。
伊藤:セットプレーからの得点はキッカーの質の良さの証(もう少しスピードは欲しいが)。
昌也:大きな失態はなし。前を向く事を前提にボールを受けて欲しいとは思う。
風間:前を向いた時の怖さを充分発揮。
為田:サイドの良い崩しもあった。
ジョンハン:両得点とも見事なシュート。怪我が重くない事を祈る。

後藤:仕掛けるシーンが徐々に減ってきている気がするぞ。もっと思い切り良くいっても可。
木村:途中交代で入ることに満足していないだろうけど、スタメン奪い返すつもりでやって欲しい。
レイチェル:見せ場はあまりなかったけど徐々にトップコンディションになってくれれば。

【カターレ富山さん達】:
※カターレサポ20人いなかった。土曜開催なんでもうちと来て欲しかったなぁ。せめて温泉くらいは楽しんで帰ってもらえたろうか?
※昔3-3-3-1っぽいフォーメーションをやってた頃の富山は異様に面白かったんだけど、この日は全てがバラバラに見えた。カバーの動きやスペースの埋め、パスの精度。怪我人が多いのかな。安間さんは好きな監督の一人なのでもう少し調子良くなって欲しいなぁ。カターレ富山はこの日の結果で最下位に転落。
※スカパーの中継でうちのジョンハンとソ・ヨンドクが高校・大学同じの同級生と知った。

【その他】:
※GWの入りだというのに5,971人。天気も良かったのに5,971人。シーズンパス6500枚売れているのに5,971人....これちとヤバイ。
※結果的には快勝なので久々のトリニータオーレがゴール裏から聞こえる....なんかテンポも高低もあっていない感じに聞こえたぞ。久しぶりなんでみな忘れてた?
※チーム創立20周年を記念して、トリニータのベスト選手を選ぶ投票が実施されてた....管理人は当たり前の如く「前田俊介」と「小林宏之」と書いて投票したよ!

 この日の内容では走るVファーレンには勝てない。明日は仕事だけどスカパーオンデマンドで観るつもり。現地参戦組に つ 魂

【試合関連リンク】:J'sGoalから
【J2:第9節 大分 vs 富山】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(14.04.26)
【J2:第9節 大分 vs 富山】安間貴義監督(富山)記者会見コメント(14.04.26)
 ※安間さんの苦悩が垣間見える監督会見。

【J2:第9節 大分 vs 富山】試合終了後の各選手コメント(14.04.26)

【試合詳細データ】:2014 J2 第9節 大分 vs 富山

【J2:第9節 大分 vs 富山】レポート:ジョンハンの2ゴールで大分が快勝!得点力不足も解消!! 富山は泥沼の開幕9戦未勝利(14.04.27)

大分トリニータ2014 3274893359061210413

コメントを投稿

  1. ネイビアン2014年4月29日 10:59

    お久しぶりです。
    私事ですが週末の休みを利用してレベスタのダービーに参戦する予定です。
    実はマリヤンアビスパを生観戦するのは初めてなのでかなり楽しみにしています。
    ただ、前日に仕事を終えて速攻で大阪から新幹線で帰ろうとしているので
    体がもつか不安ですが(笑)

    トリニータのベスト選手ですが、僕はエジミウソンとホベルトです。
    特にホベルトのプレーは好きでしたね。

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです。

      ついにレベスタやってきましたね。
      僕は残念ながら東京でスカパー観戦になりそうです。

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ