Loading...

勝ちに等しい勝点1....なの?【J1第6節: vs川崎フロンターレ】


 えーと、今回の試合はなんと表現したら良いか.....難しいなぁ。新聞やJ'sGoalの論評なんかも『勝ちに等しい勝ち点1』ってのが主であるのだけれど....うーん、難しい。

 いつものJ'sGoalのレポート・コメントの類はこちら

 この日の試合は19時から。久しぶりに予定の無い週末だったので、試合開始2時間前からスタジアムにいっていつもの観戦メンバー分の座席をゲット。ロッテリアの絶品チーズバーガーなんぞを頬張りながら試合開始までの時間をゆったりと過ごす。
 そこそこに客足も早いが....このペースなら2万人はいかないだろうな(実際観客数は16,977人)。

 まずはニータンダンス。ニータンダンスとはいえニータンが踊りまくるわけはなく、ダンサーのお兄さんやお姉さんとガキンチョが踊るのを眺める。ニータンの中の人もニータンに慣れてきたのか、シーズン開始当初と比較すると表現力や移動速度も向上してきたように感じる。この日は試合開始前にアウェイ側サポーター(フロンターレの)までちゃんと挨拶しに行ってお辞儀してたのは好感。うんうんがんがれニータン。

 試合開始。大分の布陣は以下の通り

高松 ウェズレイ

鈴木慎吾 金崎夢生 小林亮

ホベルト エジミウソン

上本大海 森重 深谷

西川

 うーんシャムスカ監督の期間は藤田の座は安泰と思っていたのだが.....次節に続きこばりょうが右サイドで先発。
 ちなみにベンチは下さん・山崎哲・哲平・ネモ・藤田・前俊・松橋優。

 まぁ大分トリニータのここ最近の弱点というとサイドからのボールに対するチェックが甘い。そこんとこはどうやらフロンターレさん達も重々承知のようで鄭大世がサイドに流れたり、そのスペースに谷口とか中村憲剛なんかが飛び込んできたり....まぁ基本フロンターレペースで試合は進んでいた。
 トリニータは守備に追われる形で少し遅れ気味のディフェンスになったせいかファールを取られてしまう。前半9分には森重にイエロー、前半14分には深谷がイエローを貰う.....最近ちと厳しいなぁ。この日の主審は扇谷さん.....空気読まずに前半15分に再度深谷に黄色いカードをプレゼント。この日がJ通算100試合目の記念すべき試合だった深谷にそんなプレゼントはいらんです。スタジアムで見る限り、どっちもボールに行っているようには見えたのだが、テレビで観戦していた人の意見を聞く限り、まぁファールを取られても仕方ないプレーだったよう。最近深谷兄貴のディフェンスが安定していないと評価していたのだが、こんな形で証明することになるのは辛いなぁ(まぁ本人が一番辛かろうとは思うが)。

 残り75分間を一人少ない状況で闘わざるをえなかったトリニータは、ダブルボランチのホベルトをDFラインに下げ、夢生をトップ下兼ボランチに、高松をFW兼トップ下に調整する。
 セカンドボールはフロンターレに拾われ、大きくサイドチェンジをくりかえしじっくりトリニータを料理しようと攻め続けられるも最後の最後でなんとか踏ん張り得点は許さない。
 正直、GKが西川でなければ3失点くらいして負けた試合だったかもしれない。いやこの日の相手がフロンターレではなく、アントラーズやマリノスあたりならばあっさり負けていた試合だっただろう。それくらいフロンターレのジュニーニョの不調ぶりが目立つ試合だったともいえる。

 試合はそのままスコアレスドロー。冒頭で『勝ちに等しい勝点1』という状況に少し懐疑的だったのは11人ならば勝てた、10人でも勝てたんじゃなかろうかと思える内容だっただけに勝点1に少し不満があったからである。まぁよくよく考えてみれば負けなかっただけマシと自分を納得させる方向に決定。思えば川崎フロンターレに昨年から負けていないんだよな。以下短評

【トリニータ選手】:
西川:ビッグセーブ連発。ほんと頼りになる。周作でなければ負けてた試合だったよ。
深谷:うーん退場はいかん、退場は。不運もあったが退場はいかんです。反省汁。
森重:無失点に貢献。よく頑張りました。
大海:いや本当に大海が上手くなった。今日は1対1に尽く勝ったし、フィードもかなり正確。ここまで持続できてるってことは本当にステップアップしたと評価しても良いんじゃないか。
ホベ:不調とはいえジュニーニョに仕事させなかった。
エジ:一人少ない状況では攻撃の組立てができないのもやむなし。
こばりょう:後半足がつりそうな状況まで走り回る。そこまでしてもらって文句つけるのは忍びないが最後のチャンスはせめて足に当てて欲しかった。あれが決まればヒーローだったのに。
慎吾:常々FKをウェズレイに蹴らせるなと文句言ってきたが、かなり足の状態がよくない模様。道理で最近精彩を欠いていると思った。
夢生:この日も随所に魅せるプレーあり。攻撃面も魅力だけれどハードワークも厭わないところを評価。
ウェズレイ:寄る年波には勝てず。随所で充電切れをおこす。少しこけ過ぎ。審判の印象良くなし。
高松:頑張りすぎるぐらいだった。今週半ばのナビスコ予選は出場停止の筈なので休養をしっかりとって次節に備えて欲しい。

藤田:後半31分(慎吾→):特に評価なし。いつもの藤田。
松橋:後半34分(ウェズレイ→):途中出場で一番体力が残っている筈なのに中途半端なダッシュはいただけない。最後のチャンスシーンもどうして「こばりょう」の外側が「優」なのか。FWなら走りこめよ。足元の技術は兄譲りなのか。
哲平:後半40分(高松→):シャムスカは哲平を信頼してるんだよなぁ。

【シャムスカ采配】:
※前半の早い時間帯で一人欠く状況では魔術もふるいようがないか。

【フロンターレさん達】:
※うちと同じく3バックだけど一人一人が異様にでかくてウラヤマシス。箕輪いなかったけど怪我?
※憲剛はパスが上手いと思ったが、調子悪いのか攻撃面ではさほど脅威を感じず。
※それ以上にジュニーニョの調子が最悪。なんか噛み合っていないというかプレーに自信がないっぽい。
※GK川島はよい人っぽい。好きな選手であったが更に好評価!
※試合前のアップを双眼鏡で覗いていたのだが、鄭大世って本当に素顔からパンストかぶっているっぽい。試合中の呼び名は『パンスト』に決定。

【その他:雑感】:
※試合前にトリニータゴール裏が「Go West」を歌う........いや別にいいんだけれど。トリニータ自体が西の果てだし。
※ニータンが試合中もゴール裏のコールに合わせてリズムをとり踊っていた。中の人の進化でどんどんニータンが可愛くなる。ドラゴンズのドアラのように(ある意味素晴らしい存在感だけれど)なって欲しくはないがタイガースのトラッキーぐらいまでは成長して欲しいぞ。
※選手評でも書いたが、慎吾の両足の具合が随分悪いらしい。スカパーでピッチレポーターとかやっている(J'sGoalのプレビューとかレポートとかも)森田みきさんのブログによると両足に麻酔というか痛み止めの注射をしての出場らしい。そこまで悪い状態の慎吾に代わって出れないネモはいかがなものかと。今週のナビスコ予選あたりは左サイドネモでいって欲しい。
※夜の試合とはいえホームゲームはコンスタントに2万以上入って欲しいのは贅沢なんじゃろか。少し観客増員を目指して草の根活動をしてみようかな。
※レフリーが扇谷さんとか吉田さんとか鍋島さんの試合ってどうなん.......まっそりゃトリニータだって綺麗なプレースタイルとは言えんけれどジャッジに泣かされる試合が多すぎ。


 今週も週半ばにナビスコ予選があったりして、薄い選手層にはボディブローのように効いてきている。ナビスコ予選は高松・森重が出場停止だけれど、現在の新潟相手ではなんとかなるかもしれないので少し期待。リーグ戦のほうは次節ジュビロ磐田戦。相手が調子悪いうちに叩いときたいもんである。

大分トリニータ2008 594934312419437024

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ