Loading...

最高の週末【J2第23節:vs東京ヴェルディ】

 勝ちました....やっとこさ勝ちました。

 スカパーのCMで流れている「最高の週末」って本当にあったんです。デマや嘘じゃなくて本当にトリニータサポにも「最高の週末」ってあったんです。




 久しぶりの祝勝会でちと飲みすぎた管理人こと鳥脳です。あの待機列ビール1リットルの僕が飲みすぎたって言うんですから、そらシコタマ飲んだ訳です...いやぁ樽生スパークリングが美味しくって美味しくって。



 さてそんな勝利の幸福に浸りながらヴェルディ戦を振り返りましょう。




 遠くに存在する台風の影響か、関東は久しぶりの夏日。湿度もあって味スタへたどり着く頃には汗びっしょり。
 ゴール裏の仲間にビールとオリジン弁当の惣菜を差し入れ。オリジン弁当が大分にないって初めて気がついたよ。遠路はるばる東京へようこそ!僕もさっそく黄色いキチガイ水を1リットル消費。


常に狙うは金星


 唐揚げを味見するが、いたって普通の味でがっかり。昨年を上回る不味さか、ものごっつ美味しい奴のどちらかじゃないとブログのネタにならないから困る。本当にいたって普通の味だった。
 話に聞くところによると、昨年の唐揚げは随分とヴェルディの中の人へ、苦情が多かったらしい。一応中の人も反省したらしいので、まぁ許してやらんでもない。


 開門。



 味スタの場合、コールするサポは、屋根の反響を使えるのでスタンド中段に位置するのが定石。...が、この日はゴール裏最前列に位置しようとするので理由を聞いた。
 選手目線で、選手と同じ高さで、いつもとは違う雰囲気作り、試合開始前に選手に気持ちを伝えたい....と色んな狙いがあった模様。多分半分は自分たちへの叱咤激励が狙いだったんだろうけど、その目的は充分に果たしたと感じた。いやぁ、ゴール裏っていろいろ考えているんですよね。ちょっとだけゴール裏のガ○ぺくんをかっこいいと思っちゃいました...まぁ本当にほんのちょっとだけだけど。


 一応スタグルはC&Cのハットトリックカレーを(写真撮るの忘れた)


 さて試合。
 トリニータの布陣はこんな感じ。


 モサ松が久しぶりのスタメンでキャプテンマーク。サイド西が前回からの変更点。
 ベンチスタートは上福元・若狭・ダニエル・レイチェル・後藤・伊佐・エヴァンドロ。

 対する東京悪い緑ことヴェルディさんは嫌らしい中後さんが中盤に、杉本さんとアラン・ピニェイロさんがFW。両サイドバックが安西さんと安在さん...判り辛いので右サイドバックを「バスケがしたい方」と命名。

 試合開始。


 まぁ最近の試合の入りは悪くない。これがどれだけ続くかが大事。ボールの預け先として高松が存在感をいかんなく発揮。やっぱり頼りになる。昌也のインテリジェンス溢れる中盤でのボール奪取、前線高松へのロングボール、中盤兵働からの気の効いたパス。飛び道具的に為田と西。これ結構いけるじゃん!...と思うが、最後の最後の部分で精度とか崩しの工夫とかが足りず得点の香りは漂わなかった。前半唯一得点の香りが漂うのは西のドリブルくらいだったかもしれん。対するヴェルディさんは基本右サイドをつついてからの左サイド展開による崩しが狙いだったようだけど、そこはサイドバックに慣れて来たのか山口が対応(少し危険なシーンはあったけど)。
 アラン・ピニェイロさんが振り向きざまにシュートを打ったシーンはとても危険だったけど武田がナイスセーブ。


 どちらかといえばトリニータペースだったとは思うが、肝心なところがしっかりしていない、ある意味That'sJ2な前半であった。何かしらの事故が起きなければ得点がとれない気がした。



 後半開始。
 前半と変わらぬ雰囲気だったが唐突に事故がやってきた。
 50分。武田から為田、為田の戻しを兵働がループ気味にゴール前へ、三平と競り合ったDFが触れたボールがヴェルディゴールへ、慌ててGKが飛びつくもこぼれたボールに詰める西。西のシュートはお約束のようにポストに弾かれるもこぼれた先で待ち構えていたのは
ストライカー猛者松!抑えの効いたシュートは誰も反応できずヴェルディのゴールネットを揺らす!あまりの嬉しさに一瞬お約束の指輪キッスさえ忘れそうになる高松、柳田さんとのハグが熱い。トリニータ先制!1-0。

 これで勢いにのるトリニータ。
 キックオフ直後からの西のチェイスが素敵すぎる。


 58分:高松→伊佐


 試合前から「複数得点が勝利の鍵」と柳田さんが言ってたらしいんだけど、その複数得点目もやってくる。


 59分。ヴェルディ選手が痛んで兵働が止めたプレーのお返しから、武田のフィードからの展開に三平の絶妙トラップからのパス。伊佐がデコイでDFをひきつけたとこで為田がミドルシュート!もうパーフェクトというしかない完璧なゴール!スーペルゴラッソ。後ろの兄ちゃん二人と「ええもん見たなぁ」と話合うくらいにスーパーゴール。


 ここ最近のトリニータなら、あそこで走り込んだ伊佐へのスルーパスが選択されてたに違いないんだけど、高松の先制点のお陰でシュートを狙うという選択肢が選べたと思う。上手いこと回る時ってこんなもんよね。


 さあ後は30分守りきれるか、ここでベルディ完封したら悪い流れは変わると応援。

 61分:杉本→平本

 あらやだ平本だよ。これで中央での溜めがヴェルディさんにも出来だす。

 65分:西→後藤

 相手サイドバック封じか、前線からのチェイスを期待なのか交代カードにこめられた意味が理解できない(後述)。

 67分:中野→永井
 67分:ピニェイロ→澤井

 大分明野中出身が嫌らしくヴェルディのリズムを作り出す。

 70分。ヴェルディ南さんの個人技からのシュートがポストにあたりながらもトリニータのゴールを揺らす。ヴェルディが得意の試合終盤での得点。今シーズン75分を過ぎたところからのヴェルディの得点能力は異常なくらいなので生きた心地がしなくなるが、5バックで中央を固めるトリニータ守備陣が集中を切らさず対応。

 74分:三平→レイチェル

 ロスタイム4分が5分にも6分にも感じられる中、ついに吹かれるタイムアップの笛。トリニータが4月GW以来の勝点3をつかんだ。ゴール裏の皆が咆哮をあげ、そして大分からの使者で選手を迎える...本当に最高の週末ってあったんや....(T_T)

 もうあの不味い唐揚げは赦してやるよ、ヴェルディ。

 さてさて、あとはいつもの形式で。

【東京ヴェルディさん達】:
※相変わらずゴール裏の看板が少ない。働け!ヴェルディ営業。
※平本さんは怖い存在だったんだけど、周りを使う意識が強すぎる感じを受ける。もっと平本さん自身で勝負されたら怖かった。

※スポンサー確保したうえにプレーまでいぶし銀な永井素敵。
※途中までずっとアラン・ピニェイロさんをアレックス・ミネイロって言ってた...orz。アとロがあってるだけやん。
※サイドの攻めは迫力があったが、がっかりクロスが多かった印象。
※一時期の低迷さが消えて、ゴール裏のサポが少し、ほんの少しだけど増えてきている印象。いろいろとヴェルディサポさんも試行錯誤を繰り返し、地道な活動もやっているんだろうな。宗教上の理由から好んでヴェルディさんを応援することはありませんが、トリニータサポの一人としてはお互い頑張りましょうとエールを送りたい。



【トリニータ選手たち】:
武田:前半のビッグセーブ。得点シーンのフィード精度といい問題なし。前節の教訓からかセーフティなプレーを心がけていた。
ヤス:怪我なくやってくれてるので助かるが次節はカレーの食べすぎ休暇
阪田さん:DFリーダーとして守備陣を引っ張る。
鈴木:いつも試合前の集合写真で良い表情をしている。
山口:やっとサイドバックの感覚が戻ってきたのか。安心して見れるようになってきた。
兵働:高松ゴールの後、ゴール裏に向かって煽る姿がたまらなくかっこよい。こういった選手がいまのトリニータに少ないのは問題。
昌也:しつこい守備がはまってきた。サッカーIQは間違いなく高い。
為田:良かった、為田がゴールを決めれて本当に良かった。試合後のラインダンスの見せ場を伊佐に奪われる。


西:1試合休んだ事でキレキレの動きを見せる。仕掛ける西を見れるのは本当に幸せ。先制点は西の段階で仕留めたかった。
三平:京都で磨いた足技が活きた2点目だった。次からは自身の得点を。
猛者松:ベテランの落ち着きが発揮された先制点がチームを呪縛から解き放った。なぜあのシーンであの位置から現れたかは不明。なぜそんなとこに高松が!と田岡 茂一に言わせたいくらい。


伊佐:フレッシュさを発揮し2点目に貢献。
後藤:見せ場なし
レイチェル:余分なカードが1枚。

【その他】:
※西がほんとキレキレだった。あんなにゴリゴリ仕掛けるのは久しぶり。
※試合終了直後に多くの選手が倒れこむ。そう、そんな試合が見たかったんだよ。


試合終了後のインタビューで今の監督はあまり中身がないように感じる。西→後藤の交代のタイミングはもう少し後にすべきだよね。相手の出方をみつつ、不慮の事態にも備える事が必要だって今回で判ったんじゃなかろうか。先にダニエルならばある程度のフォーメーション変更には耐えれるしね。
※やっぱり東京近郊の試合は良いね。知った顔がぞくぞく集まってくる。久しぶりにお会いした宮沢サポのおば様も元気そうでなにより。おば様と前俊ブラザーズ兄と喫煙所でキャバクラ話をするとは思わんかった(笑)
僕がいつもみているHP「トリスタマガジンのご夫婦にもご挨拶。ここのブログはいつも練習場の雰囲気が伝わってくるので素敵です
※某熊猫さんと某ハカイタ゛ーくんを探すも見つからず。畜生あいつら僕を避けているに違いあるまい。
試合後のラインダンスでエヴァンドロの身体能力の凄さを垣間見る。初めて彼をブラジル人だと認識した気がする。その能力をちとサッカーに活かしてみんかね。

陽気なブラジル人

※この日のスカパー中継の実況・解説は田中雄介/小針清允。凄く判りやすく両チームにリスペクトした中継だった。ガイナーレ鳥取とかでプレーしていたGK小針さんは秘かに6/12会のメンバーなのだよ。ちなみに6/12会のメンバーは僕、ミトさん、大分FC美人広報の他に小針さんやゴジラ松井、釈由美子なんかも。


 やっぱ、試合に勝つって素晴らしい....けど、ここで次の試合をきっちりしないと何の意味もなくなるので、しっかりと準備して長崎戦に備えて欲しいもの。

 試合終了後はサポ仲間のお店で久しぶりの祝勝会。お肉関連が美味しゅうございました!

素敵なステーキ

ローストビーフ

熟成肉の牛バラ煮


 立川のブリュットというお店なので、近所の方はお店にいって繁盛させること。

 Brut 肉ビストロ 熟成肉と世界のワイン

【監督選手コメント他試合詳細情報】(トリニータ公式)

【オマケ画像】:

僕が勝手に日本3大大御所ピッチレポーターと呼んでいる
高木聖佳さんに取材を受けるゴール裏の仲間
ちゃんと中継で使われていました。

三平。膝のテーピングが痛々しい

高松の湯上り感が半端ない

阪さんお疲れ。
ヤスと阪さん

かっこいい方のブラジル人

青赤な空









東京ヴェルディ 8132399447133950457

コメントを投稿

  1. 熊猫さんとはまたもやお会いしてしまいましたけど、鳥脳さんとはお会い出来ませんでしたね。避ける?心当りが無いので何をおっしゃっているのか良く分かりませんが、勝ちましたから良いんじゃないでしょうか。勝ちましたから。

    返信削除
    返信
    1. まぁ勝ったから良いか…。

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ