Loading...

ムトゥは持ってた【J1第17節:FC東京vs清水エスパルス】

 どーもね....FC東京の武藤くんには感情移入ができない管理人こと鳥脳です。

 ...だって、お医者さんの子供で、サッカー上手くて、慶応大学にいっちゃったりして。そんでもって在学中からFC東京に入って2年連続二桁得点。日本代表にも選ばれたと思ったら即代表ゴール!惜しまれつつドイツへ移籍していく試合は全席完売。性格良さそうな上に、容姿端麗....ここだよ!一番むかつくのは!きっと昔からモテモテに違いないのよ、キーッ!

 ...はっ、少々取り乱してしまいました。

 実は管理人も少なからずモテモテな人なのですが、武藤くんのは次元が違います。もうJKとか女子大生とか、セクシーなギャルさんとか、清楚なOLさんとかからモテモテなのです。僕のモテモテは所詮爺婆だったり、赤ちゃんや小さい子供からだけなのです。更に残念なことにそこは管理人のストライクゾーンではありません。そんなとこに手を出してホームランを打てるのはドカベンの岩鬼くらいなものなんです。人生で一度くらい武藤くんみたいにモテモテになってみたいもんです.......(遠い目)

 さて、こんな文章で終わってはならないので、FC東京のムトゥこと武藤くんの最後の試合を観てきたので、そのレポート。

 冒頭にも書いたとおり、ムトゥの壮行試合は前売りで全席完売との情報が....こりゃ間違いなく4万越えで、下手したら5万人いくんちゃうの?と試算。前日まで雨予報だったんで「FC東京もってないわーw」と笑ってたけど、当日には曇り予報に修正される「いやー流石ムトゥ持ってる!」と感心。
 これでは帰りの混雑を考えると憂鬱になるので、またしても御徒町から調布・味スタまでチャリ参戦を決意。

 時間も読めないし、混雑を予想して早めに自宅を出発。途中新宿にてゴジラを眺めたり、大好きな道頓堀神座の「おいしいラーメン」を食べたりしながらも、13:00すぎには味スタ到着。試合開始の6時間前、開門の4時間前っちゅうのに既に待機列がいつもよりも後ろという状況。ムトゥ人気に戦慄を覚える。

新宿に出現したゴジラ


 この日は年に数回ある大青赤横丁の日でもあった。選んだスタグルのチョイスはこんな感じ。


 霜降りステーキ串…600円
 富士山溶岩焼き…っと言ってる割に金網の上で焼いてた。



 生フランク...食べたけど、どのあたりが生かはっきり判らず。




 林檎のハードサイダー....ちとコストパフォーマンスがなぁ...美味しかったんだけど。




 山賊焼…という唐揚げ。

 どれも普通に美味しゅうございました。
 生フランクなんぞは帰りに叩き売りしていたから買って持って帰ったもの。

 まぁゆったりしながら文庫本を読んで開門までの時間を潰す。

 開門後に座席をしっかりと確保。バクスタアウェイ側中央付近のグッドポジション。

 まもなくしてこの日の観戦相方のルナ姐さんと合流。
 ルナ姐さんは、お子様をお連れではなかったので久しぶりに悪い言葉を吐く大人に戻っておりました。

 試合開始前。ほぼ座席を埋めた観客による青赤コレオ。我等が担当は青色。エスパルス側で応援しているフォロワーさんが撮った素敵な写真がこちら。



 あちかさん。素敵な画像ありがとね!

 いつコレオのこれを出していいか全く判らなかったし、いつ引っ込めてよいかも判らなかったよ...orz。

 ちなみに僕のとった写真はこっち



 さて試合の方。

 ムトゥの前田遼一の2トップ、MFは東、三田に梶山、秀人のダブルボランチ。DFラインは左から太田・森重・吉本・徳永。GKは権田。

 対するエスパルスさんに知った名前は大前・枝村ぐらい...随分と選手が入れ替わったものねぇ。

 試合開始前から大前に決められる気がしてならない。ほんと大前と大迫はFC東京が育てたといっても過言ではないよ。

 試合開始。

 最後の試合でどうして得点したいムトゥ(前節もそうだった)。しかし、エスパルスさんもこの若きストライカーは警戒してそうそうフリーにはさせない。

 38分。梶山からの見事なスルーに反応したのが東。動き出し、位置取り、戦術の理解は完璧なのにシュートが枠を少しだけ外れるのが様式美になりつつある東がこの日はちゃんと枠に飛ばす。しかもビューティホーな奴を。
 FC東京先制!ゴールを決めた後、東が何かムトゥに喋ってるのが素敵。

 51分。このままでは1stステージが最下位で終わってしまうエスパルスも意地を見せる。ピーター・セテラじゃなくてピーター・ウタカがサイドを攻略すると中央へパス。ポストが一回守ってくれるも、再度攻められやっぱり大前に決められちゃう。

 しかし、この日のFC東京は一味違った。60分。ムトゥがゴール前までドリブルで仕掛け、ゴール前の前田へ折り返し。これをきっちり決めFC東京再びリード。

 更に66分。太田のセットプレーに綺麗に合わせたのは再び前田。前田らしいゴールでFC東京がエスパルスを突き放す。

 ここでしっかりと守り抜いたらいいもんを、ちゃんと83分に石毛さんに決められ1点差にするあたりFC東京らしいっちゃぁFC東京らしい。まぁ石毛さんのゴールは素晴らしかったからねぇ。

 これで試合は終了。FC東京はこの結果をもって1stステージ2位の座を、エスパルスは残念な事に最下位の座を確保するという結果になった。

 試合終了後はお別れセレモニー。

 涙ぐんだりして可愛らしさ前面アピールのムトゥの挨拶を最後まで聞いてから、再び自転車で御徒町まで帰ったのであった。

 あとは箇条書きで。

※エスパルスさんに大前さんが大きく見えちゃうくらいのちびっ子がいたけど、あれ誰だ。結構好きなプレースタイルだったよ。
※僕が「ほっともっとの歌」と呼んでいるチャントが「ロコモコ」なのは「あちかさん。」が教えてくれたので理解できたが(相変わらず「ほっともっと」にしか聞こえないけど)、「お~出でよ~出でよ~」って歌ってるのは何でしょうね。なんか指輪から魔神が出てきそうな祈りの歌でしょうか。
 もしくは「お~李大浩(イデホ)~李大浩~」って歌ってるけど流石にソフトバンクホークスの選手応援歌ではなかろうからなぁ。
※ある意味FC東京サポと清水エスパルスサポは真逆の存在だと思う。練習中から熱く歌い踊り選手を鼓舞する。FC東京サポだとその時間はお食事タイムだからなぁ。斜に構えて「ふふふん」ってしてるのがFC東京サポで、真面目に応援する清水サポって印象。これに「応援する俺達かっこいい」的なうぃーあーさんとこも加えると三すくみみたいな感じ。清水エスパルスというチームのサッカーをよく知っている訳ではないですが、清水エスパルスサポという存在はとても素敵だといつも思います。だいたい知ってるエスパルスサポも良い人ばかりですしね。僕が相手チームの応援かっこいい!と最初に思ったのもエスパルスでした。さりげなく入れるスネアのリズムがとても良いと思います。
※そんな素敵なエスパルスサポが掲げていたダンマク。


 こういうところが素敵の一部だよなぁ。
※ここまで1stステージは「戦術武藤」だった訳で、これを2ndステージどうしてくるのかが非常に楽しみ。前田がこの試合で2得点取ったということが、武藤から前田への継承という形に見えた気がした。
※平山だって帰ってくるんだからね!
※スペインとオーストラリアのFWをFC東京は確保...それなら林くんとか幸野くんとか中島くんとかをだな...まぁ、トリニータに貸してみんかね、ん?
 うちならばんばん使うよ!うん、使う。
※少なくともヨネが帰ってこないとMF3枚はやれんだろうなぁ。
※セレモニーで使用される曲がムトゥの選曲ってのは別に悪くはないんだけど「music selected by 武藤 嘉紀」って表示されちゃうとなぁ。


【オマケ写真館】:
もうちょっと青赤な空だったんだけど
僕のカメラではこれが限界だった。

エスパルスサポさんたち

ムトゥが出てくるのを待っているドロンパ
首をフリフリで可愛いかった。

ドロンパGIF


清水エスパルス 5734095687966210216

コメントを投稿

  1. 遅ればせながらコメントです。

    おデート観戦、楽しかったです!席確保等、お世話になりました。
    コレオの一部になったり、セレモニー見たり、なかなか貴重な体験でした。

    帰りの混雑を避けるためにかなり長くスタジアムに残ってましたが
    22時前かな?照明が半落ちしたのにビビって逃げるように帰りました(笑)
    これもまた貴重な体験。

    返信削除
    返信
    1. すみません、ルナ姐さん、レスが遅くなりました。

      なんだ22時前くらいまでいるんだったら飲んで時間つぶせば良かったっすね。

      また是非おデート観戦お願い致します。

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ