Loading...

ビールを飲みに...【J2第20節:vsコンサドーレ札幌】

 ル~ルルル~

 ル~ルルル~

 ...え?何してるかですって?キタキツネを呼んでいるに決まっているぢゃないですか!さぁ一緒に!

 ル~ルルル~

 ...ほらっ田中邦衛になりきって!


 ル~ルルル~

 ル~ルルル~

 管理人の頭をフル回転させたところで、北海道のイメージってこれくらいのものです。まぁ「北の国から」なんて一度も観た事ないんですけどね。

 トリニータのアウェイ・コンサドーレ札幌戦が平日月曜のナイトゲームと聞いた時には参戦を諦めかけましたが、仕事がまぁどうにかこうにかなったので参戦を決意。まぁ無理矢理だけど...。
 「すみません、6/29と30...ちょっと冠婚葬祭みたいなんがありまして...」と仕事先に申告。...冠婚葬祭(笑)...まぁ祭りだし嘘はついていないよね。
 某ブログで「素行のよろしくないであろう社会人」呼ばわりされて憤慨しかけましたが、まぁ冷静に考えてみればその通りですな(笑)

 という事で朝7:15のJetstarで新千歳までひとっ飛び。朝9時には北海道の大地に立つという偉業を達成(ちなみに今の仕事先の勤務開始時間は9:30)。



 もうほぼ7月といっていい頃。
 東京では夏日さえ記録しはじめたり、梅雨空で鬱陶しかったりする季節に、爽やかな北海道!





 .......すみません。本当にすみません。北海道舐めてました。と平謝りしたくなるくらいに寒い。北海道寒すぎ。

 この日の格好は、メッシがまだ前俊に憧れていた頃のバルセロナレプリカに、半袖シャツといういでたち...シャツ一枚羽織ればよかろうと思った僕が世間知らずでした。思わずJR札幌駅近くのユニクロで長袖購入。

一番カップスター!


 あんまり観光地には興味のない管理人ですが、知らない街の雰囲気とかを味わうのは大好きなのです。なので札幌の町をブラブラ。

 時計台を眺めたり(銀座の和光の時計の方がよっぽど時計台っぽい)...




 テレビ塔の下でビール飲んだり...




 大泉洋ご推薦のスープカレーのお店でビール飲んだり... 



 ...飲んでばかりだよ。

 イエローのスープカレーは美味しかった(でも、ラマイやGARAKUの方が好きかな)。



 あと市場を眺めたり、日本酒屋さんを覗いてみたり、ほんとに街をブラブラ。
 いったんホテルにチェックインしてから札幌ドームを目指す。




 相変わらず札幌ドームの屋根には卒業証書入れが突き刺さっている。



 札幌ドーム到着。
 某ブログが言うところの

 素行のよろしくないであろう社会人や学生、悠々自適な老後を楽しむ余裕と体力のあるご隠居

 が集う集う(笑)

 旧知の方々や、今回初めてご挨拶させていただく方もいていつものアウェイの雰囲気。



 さて試合の方。

 トリニータの布陣は伊佐と三平のツートップ。中盤は左に後藤、右に西、ダブルボランチに兵働・昌也。DFラインは左からヤス・若狭・鈴木・山口。GKは「知らんがな武田」。
 ベンチスタートは上福元・阪田さん・ダニエル・為田・岡本・エヴァンドロ・高松。久しぶりに見た気がするぞエヴァンドロ。
 対するコンサドーレさんは復帰の小野さんがベンチ、スタメンには稲本さんや都倉さんや内村が。残念な事に前俊はベンチすら入らず(首痛らしい)。

 試合開始。
 前半はトリニータペース、完璧にトリニータペース。
 三平が攻撃を牽引し、伊佐や2列目の前線からのチェイスが実を結び、相手にサッカーらしいサッカーをさせない。コンサドーレさんは苦し紛れのロングボールが主体になり、精度の低いボールに都倉さんが無理矢理競ってもフォローがない状態。
 13分。CKから上手く相手を引き剥がした三平がフリーになりヘディングを決める。兵さんと三平が普通にプレーしていたら1試合1点は確実に取れる気がするが、三平はこのゴールが今期初ゴール。
 前半は押せ押せのまま終了。このリズムの時に追加点を取らないとキツイなぁと思っていたが、そんな悪い予感はよく当たる...orz。

 後半開始。

 コンサドーレさんはあまり躍動感のなかった稲本さんを下げ深井さんを投入。
 稲本さんと違い躍動感を見せる深井さんがリズムを作り出したのか、はたまたトリニータが前半飛ばし過ぎて疲れてしまったのか、リズムはコンサドーレさんが握ることになる。
 前半あれだけ拾えていたルーズボールが悉くコンサドーレさんに渡ってしまう。

 60分。右サイドからの綺麗な崩し、早めのグラウンダーのクロスに飛び込む内村。まーた恩返し弾ですかい...orz。もうトリニータどれだけ恩売ってたんだよと毒づきたくもなりますわな。

 69分:三平→為田
 70分:伊佐→高松
 79分:西→エヴァンドロ

 と投入し、事態を打開しようと手を打つも大勢は変わらず、なんとかコンサドーレの猛攻を防ぎきりドローで試合は終了。勝点1を拾って喜んでいる場合ではないのだけど、とりあえず負けずに良かったという試合。

【コンサドーレさん達】:
※札幌ドームは好きなスタジアムです。スタンドへの階段を登り、視界が開ける瞬間なんかワクワクしますね。室内だけあってカクテル光線に芝生が映えます。ただ一つ残念なのがスタグル。決して不味いもんじゃないんだけど、KFCや銀座ライオン、銀だこなんてスタジアムじゃなくても食べれますもん。なんか数年前の味スタの雰囲気ですな。
やっぱり飲んでる。
※後半途中から小野さんが出てきたけど、やっぱり上手い。多分技術的な面だけで評価する過去のJリーガー入れてもNo.1じゃないかなぁ。
※会場のボランティアさんやスタッフさんが非常に感じの良い方ばかりで素晴らしかった。一番素晴らしかったのはアウェイ側の警備員さん。某鹿のチームとかだったら判らないけど、トリサポなら確実に言うこと聞く、絶対聞く。

※チームフロントが、いろんなことにチャレンジしている雰囲気が随所から伝わる。喫煙所で延々と流れている白い恋人のCMが最高。いったい何種類あるんだよ。

※次の日のニュースなんかで「最下位相手にドロー」って書かれたけど、正直その通りなんで文句のつけようがない。
※前俊グッズを購入しにグッズ売り場へ。お店のお姉さんに「前俊グッズはありませんか?」と聞いたが「ないですねぇ...あっ缶バッチなら向こうで売ってます!」って言われたよ。前俊グッズ作らないとは商売の才覚を疑われますぞ。
 この前俊バージョンの時にきたかったよ。

 モデルはなぜか来ていた○のきず姐さん。

【トリニータ選手たち】:
武田:ナイスセーブあり。
ヤス:ファールが目立ったけど攻撃にも積極的ではあった(前半)。
若狭:無失点で抑えて欲しかった。
鈴木:顔が四角い。
山口:この日はファールスローなし。
兵働:やっぱりセットプレーの精度は抜群。
昌也:後半は思うようにボールを拾えなかったが、ジョンヒョンより安心してみていられる。
後藤:ケチャップの蓋がまた閉まる。
西:悪くはなかった。
伊佐:犬のように走るが、ケチャップの蓋はまた閉まる。
三平:上手さを披露。終盤の痛み方が少し心配。

為田:この日はタメダはダメダの方。
高松:競り合いには悉く勝つが、周りのサポートがなかった。高松には衛星が必要。
エヴァ:一度だけ可能性が感じられたが、あとはあまり可能性を感じず...本当にブラジル人なのだろうか。

【その他】:
※20節を終わって2勝ってどういうことよ。
※後半攻められたはじめた時にダニエルあたりを入れて弾き返す戦術でも良かった気がするが、ダニエルがまだ万全じゃないんだろうな。
※この日、試合開始前にミトさんから「ビッグフラッグ手伝って!」と無茶振りされる...こんな爺ちゃん使うなよと思いながらもお手伝い。おろおろする老人相手に「お爺ちゃんは下で支えてて!」って若者たちが優しかったよ...orz。
※スタンドにはジェイリースの方々やネットワンシステムズの方々が、ありがたいこってす。本当にありがたい。


 さて試合後はぱぁーっと祝勝会と行きたかったのですが、がっかり残念会へと。関東トリサポの御姉様方とすすきのでジンギスカン。
 「ひげのうし」美味しゅうございました。



 朝までぐっすり寝た後はお洒落なモーニング。


 フレンチパンケーキですってよ、奥さん!

 また一日札幌の町の雰囲気を堪能しながらまったりと過ごす。
 昼には「GARAKU」でスープカレー、夜には「だるま」でジンギスカン...飛行機の機材繰りで時間が45分程遅れたものの、20:30まで北海道にいて満喫したということにしよう。




 これで試合に勝ってりゃなぁ

 監督代行・選手コメント他試合情報

【オマケ写真館】:
ヨシさんのチャントもあるんや!

南国育ちには珍しい縦信号

前田選手おすすめ...だけど食べなかったよ

卒業証書入れの中

好きな選手が勢ぞろい

頼むよほんとに

道端でのスナップ

坂田さん

むっちゃ興味あったけどお腹一杯だったの


大分トリニータ2015 2522889487580182698

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ