Loading...

開始20分のシンデレラ もしくは サポーターの力【J1第21節:vs浦和レッズ】

 2-0は危険なスコア....そう思ってた時期が僕にもありました。
 そんな僕も、今となっては3-0でも3-1でも....1-0でも0-2でもみんな危険なスコアなんだと考えられるようになりました。

|ω・`)ノ ヤァ

 絶賛ハートブレイク進行中!管理人の鳥脳ことゴンザレス鳥越です。

 .....はぁ....サッカーの試合でいったいぜんたいどうやったら3-0から負けることが出来るのかを確認した浦和戦のレポート。

 前日入りしたトリサポと関東サポと金曜日の夜新橋で宴会。
 宴会の席の上で、トリサポアウェイゴール裏の2大ランドマークの一人、sadaちゃん(もう一人はノリーちゃん)と「どうやったら埼玉の赤いところに勝てるのか」を討議。
 結論からいうと「開始20分で先制点」。これが勝つ最低条件だろうとなった。トリニータの調子が良い前半20分までに先制点を取って逃げ切りしかあるまいと。

 さて当日、朝飯食べて溜まった洗濯物をすまし午前中に昼寝。
 起きてからいろいろと私事を済ましているとあっという間に時間が過ぎ若干遅れ気味に自宅を出発。
 実は管理人そこそこ長いこと関東に住んでいるのだが、この日が初の埼玉スタジアム。何回かチャンスがあった筈なのに毎回なんか用事とかが重なり行く事が出来なかった。自宅の最寄り駅から山手線で駒込まで、駒込から埼玉スタジアムの最寄り駅である「浦和美園」まで南北線で移動。南北線は途中から埼玉高速鉄道になる(おかげで少し運賃が高い)。普通の地下鉄がいつ高速鉄道へトランスフォームするのか非常に楽しみだったのだが、別にトレイラートラックがオプチマスに変化するみたいな事はおきず、そのままの車両で浦和美園へ到着。

 浦和美園から埼スタまで徒歩でぶらぶら歩くと到着。


 さすがに埼スタは素晴らしいスタジアムであった。



 大分からやってきたゴール裏のメンバーや関東サポ仲間とご挨拶。

 折角の埼スタだったし、ゴール裏のメンバーからも爆心地での応援を勧められるが、この日は大分からトリサポブログ界の重鎮であらせられる『大分熊猫』さんが起こしだったので、お傍で観戦させて頂く....まぁ老人介護とか介護補助のボランティアって訳(嘘)。

 スタグルは控えめにビールとキーマカレー。

 試合の方。
 高松のいないトリニータは松田をワントップで使用。
 レッズとはフォーメーションが合致するので、田坂さんは微妙にズラしてギャップを作るかと思いきや、いつものフォーメーションでレッズ相手にマンツーマンを選択。

 僕らをJ1へ上げてくれたタサッカー、もしくは田坂マジックがJ1に通じない訳ではない....訳ではないが、かなり効果というか発動時間が限られてしまう感じではある。ここ最近の試合は試合の入り方はものすごく良い感じで入れている筈。でもこれは開始20分で魔法が切れてしまうシンデレラみたいなもんなんだよなぁ....。

 この日も前半20分までは、田坂さんの描く設計図通りに進行、もう完全に設計図通りに進行。
 出足の鋭いフォアチェックで思うように浦和のサッカーをさせず、サイドから攻撃を展開するトリニータの試合。思うようにサッカーができないレッズさんが慌てる中、トリニータは....

 前半12分:梶山がヘッドでずどーん!
 前半15分:若狭が足でずどーん!
 前半20分:松田も足でずどーん!

 もうケチャップドバドバ祭り(笑)シュート3本、枠内3本、得点3点。
 もう周りの皆とお祭り騒ぎのような状態。2-0は危険なスコアと言われるのに、それすら通り越して3-0になる幸せを噛みしめる時間は物凄く短く....

 前半24分:興梠さんがシュートを決める...orz。

 3-1で兜の緒を引き締めた筈の後半....

 後半2分:○塩・リシャルデスさんがFKを直接...orz
 後半11分:エリア内でハンドの判定で阿部さんがPKを決める...orz 後半39分:うちの選手に当ってコースがそれたクロスに那須さんが頭でねじ込む...orz

 夢の3-0から、3-4で敗戦という事実を受け入れ難くただ茫然と立ち尽くす管理人。悲しい、悲しいとしか言いようがない敗戦であった。


 僕は一部のレッズサポが嫌いです。
 「応援している自分かっこいい!」「俺達のレッズが最高、レッズ以外は糞」というスタンスで顔を真っ赤にして「うぃーあー!」って叫ぶのが嫌いです。この日もダンマクで「お前はもう死んでいる」とか出されちゃうし、かつてはFC東京戦でアマラオの顔に×いれるダンマクとか...当然これは一部のサポに限ってって話で、多くのレッズサポも僕たちとそんなに変わらない普通のサポだってのも判ってます(レッズサポの友人も沢山います)。
 そんな嫌いなレッズサポなんですが、今回彼らのスタジアムへ行って純粋に嫉妬を覚えました。今日だけじゃない、8/3のFC東京戦で感じた違和感も多分嫉妬だったんだと思う。
 この日、トリニータが3点リードを奪った後に興梠さんが決めた直後のスタジアムの雰囲気「追い上げるぞ」「まだまだいけるぞ」という選手を後押しするあの声援。後半の勝負所でスタジアム全体を揺るがす「うぃーあー」の大合唱。
 8/3のFC東京戦でいえばトリニータが押しまくっていた時間帯にスタジアム全体で怒号をあげた「シュート打て!」コール。

 トリニータのサポーターである我々がこの雰囲気を出せているだろうか。選手と同じで同点に追いつかれたり、失点した直後に溜息ついてないだろうか。
 トリニータのサポーターは他のチームよりも多分年齢層が高い。お爺ちゃんお婆ちゃんのサポーターだって多い。我がチームの選手は子供とか孫みたいな気持ちで応援している。選手には温かいし、きっと優しい部類に入るはずだ。負けても「切り替えろ!」「次だ次!」「顔上げろ」と拍手するサポーターも多い。多分、この日のレッズサポや、あの日のFC東京サポと同じような応援は出来ないかもしれない。でも我々トリニータサポーターなりの、もっともっと選手を支える応援が出来る筈だと思う。
 僕たちトリニータのサポはスタジアム全体で赤い顔して「うぃーあー!」って叫べないし、FC東京サポのように「シュート打て!」ってコールもしないと思う。でもゴール裏だけじゃなくて、メインやバクスタや2階席をトリニータサポーターで埋め尽くし、応援に合わせて手拍子を強く打つくらいはできる筈なんだ。
 この前の総力戦の試合の終わりくらいにおこったあの応援、2008年のナビスコ準決勝で名古屋相手の試合、ロスタイム近くに響き渡ったあの手拍子...あんな雰囲気を観客が感じてくれれば、きっとまたトリニータの試合に来てくれる筈だし、選手の背を押す応援が我々トリニータのサポーターでもできるようになるんじゃないだろうか。

 そんな応援スタイルを作りだす為には僕は何をすべきか、どんな事が出来るのか、そんな事を考えた夜だった。

【試合関連リンク】:J'sGoalから
【J1:第21節 浦和 vs 大分】ハーフタイムコメント(13.08.17)

【J1:第21節 浦和 vs 大分】ペトロヴィッチ監督(浦和)記者会見コメント(13.08.17)
【J1:第21節 浦和 vs 大分】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(13.08.17)

【J1:第21節 浦和 vs 大分】試合終了後の各選手コメント(13.08.17)

【試合詳細データ】:2013 J1 第21節 浦和 vs 大分

【J1:第21節 浦和 vs 大分】レポート:浦和が3点ビハインドから奇跡の大逆転勝利! 大分にとっては痛すぎる敗戦(13.08.18)



 試合終了後は大分からソニック-新幹線と乗り継いで上京したトリサポ2人と僕、そしてFC東京サポ2人と上野で反省会(FC東京はナバ村俊輔さん率いるFマリノス相手に0-2で敗戦)。えのきず姐さん、ローディーさんお疲れさまでした。来週は大分に行きますので歓待してください(笑)

 まぁいつもの事ですが、あまり今回の記事は推敲せず感情のおもむくままに書きなぐった記事です。

大分トリニータ2013 2967156266261596584

コメントを投稿

  1. 一緒にサンバ踊れませんでしたねぇ。ザンネン(笑)

    車で移動中渋滞情報聞くためにナック5っていう
    FM聞くことが多いんです。
    レッズ情報はそこから入ってくるんですけど
    浦和のサポ力はすごいです。
    高齢率も結構なものだと思う。基本東北ゆかりの人が多い
    レッズサポは粘り強いし、結束力がパないです。
    納得いかないと大原まで乗り込んで座り込みなどよくやって
    ました。あのサポ力が「うぃーあー」を作ってるんですね。

    我がチームは残念ながらいろいろ禁止事が多くてサポの
    元気が削がれてるかんじですね。

    昨日ムシャクシャするのでカラオケ行きました(笑)
    「アレオートリニータ」ってフルバージョン聞いたら
    感動しました。
    あれ、ユルネバみたいに最初に大合唱したらいいんじゃないかなー。

    返信削除
    返信
    1. チータン...毎度です。

      あれキョロキョロと埼玉スタジアムを探したけど見つからなかったよ(笑)

      まぁ結果が全てではありますが、あの展開はきつかったね。
      次の広島戦は帰省して応援してきます。

      削除
  2. 浦和サポは間違いなくJリーグNo1のサポーターですね

    座席、年齢層関係なくみんながサッカーを知ってます

    残念ながら浦和サポと肩を並べることができるサポーターはJリーグにはまだいないと思います・・・

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、はじめまして管理人です。

      コメントが釣りかどうかの判断が難しいのですが(笑)

      はたから見ると鹿島のインファイトとかとがったガンバサポとかは、ある意味肩を並べてると思いますよ。

      削除
  3. こんばんわん。

    いやはや、浦和サポなうちとしては、
    モサ松いたらとどめを食らってたような試合でしたw

    応援に関して言うと、
    やっぱ降格しかけた一昨年の浦和もゴール裏以外はさびしかったですね。
    序盤にチームが結果を残せないと、悪循環しちゃいますね。

    そんな状態でもサポートし続けるゴール裏の方々には頭が下がりますが、
    悲壮感が漂ってしまった状態では、
    その他を方々を動かすのは難しいかと思いますにゃ。

    ということで、
    団結して吹っ切れるしかないと思いますが、
    「吹っ切れよーぜ!」でできるわきゃないので、
    (失礼ながら)「大分よりの使者」を
    試合前に歌ってしまうぐらいの荒療治が必要かもですね。

    返信削除
    返信
    1. doraさん、お久しぶりです。

      「畜生覚えてろ!」とか「今日はこれくらいにしといたる」と呟きながら、埼玉スタジアムを後にしました(笑)

      >(失礼ながら)「大分よりの使者」を
      >試合前に歌ってしまうぐらいの荒療治が必要かもですね。

      ....それ....もうやってしもてん(この前のホームで)


      削除
    2. Σ(´し _`;) ぇぇぇぇ,,,,

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ