Loading...

身も心も寒い試合内容 【J1第32節 vs名古屋グランパスエイト】


 イビチャ爺ちゃんの容態が気になってしょうがない管理人こと鳥脳です。ほんとはよ良くなってください。

 えーと前節の名古屋戦結果です。
 結果からすると別段書きたくもない状況ですが(笑)
 残念なことに鳥脳は現在東京滞在中の為、新宿のスポーツバー『フィオーリ』さんにお邪魔して観戦しました。お店はそんなに広くないのですが、当日はあまりお客もおらず、ゆったりとグランパス戦を観戦することできた。また関東滞在時にはお世話になろうと思っております。(ビールは当然ながらFoodも美味しかったですよ)

 結果から書くと、多分1-3でトリニータの負け。ヨンセン一人にやられちゃいましたね。
 同日、大宮・広島・甲府という下位のチームが全て引き分けになったことにより、対する名古屋は試合開始前にJ1残留が決定、我がトリニータはこの試合に勝てば残留が決定するという、まぁいわばパッとしない順位同士の対戦でありました。結果からするとトリニータの残留決定にはならなかったけど、まぁこの勝ち点差であれば大丈夫でしょう(大分が勝つというより、下位が負けるだろうから)。

 J'sGoalの試合レポート諸々はこちら

 トリニータのスタメンは以下の通り

山崎 高松

根本 鈴木 梅田

藤田 エジミウソン

上本 森重 深谷

下川

 梅崎・西川がU-22で召集がかかり、ホベルトが累積警告でお休み。まぁこの布陣にするしかトリニータは手がないんですが。あまり練習していない組合せなのは、前半のうまく攻撃に移れない状況からもなんとなく判ってしまった。(あっちだって本田いないわけだし文句は言えない)

 前半はトリニータが攻撃のシーンもひとつタイミングが遅い感じで上手いこと攻めきれない(全般的に前への動きが鈍かった)。対する名古屋もさしたる脅威もなく『怖いのはヨンセンだけだよなぁ』と思っている間に、見事にヨンセンにしてやられる。この試合結果からいうとヨンセンのハットトリックで負けたのだけれど、ヨンセンをマークしていた森重がやられたって感じにみえた。森重の経験値の低さが今回はものの見事に露呈してしまったと思う(どうしてここまできてシャムスカは三木を出さないんだと小一時間....)。前半後半圧倒的にコーナーキックをトリニータが取ったのだけれど、バリエーションというか工夫が足りなかっと思う(結構名古屋のマークは甘かったと見えたんだけどなぁ)。

 以下短評
下川:スーパーセーブもあったけど....。
深谷:まぁ深谷。いつもと変わりなく。
森重:DFとしてまだまだ。ヨンセン級を抑えるのはまだ無理。
大海:目の覚めるようなミドルシュートを披露。やれば出来るんだからやって頂戴。
藤田:ユーティリティ性は発揮だけど評価するほどの結果はなし。
エジミウソン:前半は攻撃を組み立てできず。
梅田:もう少し攻める姿勢を.....。前半で換えられてしまった。
根本:ネモらしいバックパスを堪能。調子はだいぶ良いようだが左サイドとして鈴木以上ではない....orz(ネモファン)
鈴木:左サイド時より効果的なプレーはできず。それは責められないよなぁ。
山崎:いつもと同じように献身的な走り。
高松:決めた1点はFWとして当然。前半もう少し基点となってほしかった。

前田:後半開始からの投入はシャムスカに認められた?前田が入ってリズムが少し良くなった。
哲平:評価するほどの活躍はなし。
小手川:評価するほどプレーに絡まず

【×××】
※江頭2:50を観たかったなぁ。どんな感じだったんだろう。
※名古屋はヨンセン以外特に怖さを感じない。
※スポーツバーでスカパーの中継をみていつもJ'sGoalで大分のプレビューやらレポートを書いている「森田みき」さんが、スカパーの中継のリポーターということに初めて気がついた。
※今季最高の27,811人がスタジアムに集まった(残念ながら目標の3万人には届かなかった)のに.....できれば勝って心を暖めて欲しかった。 


 今週末の3連休は大分に帰省予定.........という事は、ありがたいことに『ホーム最終戦』はきちんと九石ドームで観戦できることになりました。
 爺ちゃん連れて応援に行くことにしましょう。
(今期最終戦のアルビレックス戦はもしかすると新潟まで観にいくかもしれない。現在思案中)

名古屋グランパス 2872183228388886298

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ