Loading...

【東京蝗日記】:ゴール出んウィーク:【J1第12節:vs大熊アルディージャ】

|ω・`)ノ ヤァ

 世間一般で言うGWの最終日はちゃんと休めた管理人こと鳥脳です....まぁ休んでもサッカーの結果がああじゃねぇ....orz。

 まぁ結果から書くと本妻トリニータが0-2で松本山雅に負け、愛人トリニータFC東京は0-1で大熊アルディージャに負けるという体たらく。

 まだトリニータの試合は録画を見ていないので、ブログ記事は後回し....負けたと判っていて見たくはないのでもしかすると記事を書かない可能性も高いどす。

 と言う事で...とりあえず「味スタ行って美味しいもの食べました!」の記事をば。

 この日の試合は13:00からなのでとりあえず10:00に飛田給集合。最近の激務から疲れが溜まっているのか、調布で京王八王子行きの特急を降り、高尾山口行きの電車に乗り込んだのだが、これが特別急行....はい、府中まで拉致られました(笑)
 観戦相方に「2014年ふちゅうの旅」とかボケメールをおくりながらも、ちゃんと待ち合わせ時間には飛田給到着。バクスタの待機列を確保。
 係員さんが「開門は10:45を予定しております!」とアナウンスされていたので、大青赤横丁は開門後に後回しとし、フードコートで購入した「ローストチキンパエリア」を食す....うひょーこれは美味い。



 ローストチキンの肉の量も素晴らしいのだが、程良く、本当に程良く味付けされたチキンが最高に美味しゅうございました(ちなみに後でもう1回買って食べたのは内緒の方向で....)。作ってるシェフもシャムスカ似のハンサムさんで2回目買いにいったらお肉おまけしてくれたよ!
 まぁ休日朝10時から酒を飲む安定のビールクズ。待機列でビール約1リットルを消費。



 座席を確保後、大青赤横丁へ。

 5/6(火休)大宮戦「大青赤横丁」開催のお知らせ!(FC東京公式)

 FC東京は昨年までアウェイ側裏の広場で年数回、「青赤横丁」として多くの屋台を出すのを実施していた。今年からはこの青赤横丁の規模を少し縮小し、毎試合行う常設のスタグル屋台として運営。例年規模のスタグル屋台の数を出す試合は「大青赤横丁」としている。
 
 ちと小難しい話になるんだけど、最近の青赤横丁ってちょっと目玉な一品とか、特別な一品ってのが前と比べて少なくなった気がする。傾向的に地産地消。「東京の豚使いました!」とか「東京の塩を使った!」とか「江戸前の海産物使ってます!」とか....。いや悪い事じゃないし、ただでさえJリーグ理念でもある地元密着ってのが難しい東京(東京に住む人達が圧倒的に東京出身者じゃないって事)なんで「東京」をアピールするのは間違っていないとは思うんだけど...なんか味スタに来て、ここでしか食べれませんとかいう路線の目玉が一つは欲しい気がする。

 と文句をたれながらも、この日は

 江戸小松菜の四川担担麺・・・600円
【説明文】:担担麺は自家製のタレと肉味噌でぴりっと旨い、食欲をそそる江戸小松菜も入った一品です。

 東京塩の包味手作り餃子・・・500円
【説明文】:東京都地域特産品認証商品の「海の精」を使用した自家製オリジナル塩だれで食べる特製焼き餃子です!


 を購入!
 四川担担麺は味の深みとかコクとかがいま一つ足りない感じ。麺の感じもイマイチでこれならば同じ屋台で出していた台湾ラーメンの方が期待できたかも。
 餃子の方は逆に期待を裏切る美味しさで、塩ダレも美味いながら、餃子本体の具が素晴らしい味で大変美味しゅうございました。ちなみに餃子はビールとセットで買うと1ケおまけで6個入りとなりました。

 まぁここでもビールを消費。

 さて試合の方。

 大宮アルディージャを率いる大熊清監督はFC東京の前々監督。戦術とか戦略とか以前の魂の部分や基本技術を大事にするタイプなのかな。まぁあと声がデカイ。

 FC東京はGW前の試合でやっと新監督の戦術や考えが浸透してきたって手応えが感じられたのだが、GW中3連敗。横浜Fマリノスに0-1、名古屋グランパスに0-1(しかもサイドバックの矢野貴章さんにセットプレーから)、浦和レッズにもCKからで0-1。イタリア人の美学ウノゼロならぬゼロウノ。まさにゴール出んウィーク満喫中。

 大宮アルディージャはシーズンの序盤の失点癖から抜け出すために大熊さんが5バックを採用して基本守備戦術。カウンターで点が取れればラッキーレベルの戦術。
 FC東京もポゼッションは制するものの、ゴール前に切れ込む動きや最後の精度がガッカリ具合この上ない感じで非常に面白みのない試合。正直、前半はビールの酔いもあってか途中何度か意識が途切れるぐらい退屈な試合だった。スタジアムであんなに睡魔に襲われたのは初めての経験。
 前半はスコアレスで折り返し。

 後半も攻めるFC東京、守る大宮アルディージャの構図は変わらず。最後の最後で身体を張る大宮アルディージャの選手も良かったが、どちらかというとFC東京が攻めの武器を見いだせなかった感じもする。

 このままスコアレスで試合終了、ついにFC東京のゴールが出んままウィークが終わるかと思って諦めかけていた後半45分+3....大宮GKの江角が蹴ったロングフィードを大宮の長谷川さんとFC東京の森重が競り合うとボールは得たのは長谷川さん。FC東京吉本渾身のスライディングもかわされきっちりとゴールへ決められる....orz。
 そのまま試合は終了し、GW連戦全てが0-1で負けてしまった試合であった。

 後は短評で

※フィッカデンディはきちんとしたプランを立てちゃんと指揮していると評価できるんだがなぁ。
※久しぶりに家長のプレーをみてちょっとほっこり。家長はやっぱり家長だったなぁ。
※森重はちょっと怪我してるんかしら。この試合はセットプレーの時も相手ゴール前に上がってなかった。最後の失点シーンもいつもの森重ならばなんとかなったと思うんだけどなぁ。

【試合関連リンク】:J'sGoalから
【J1:第12節 F東京 vs 大宮】マッシモフィッカデンティ監督(F東京)記者会見コメント(14.05.06)
【J1:第12節 F東京 vs 大宮】大熊清監督(大宮)記者会見コメント(14.05.06)

【J1:第12節 F東京 vs 大宮】試合終了後の各選手コメント(14.05.06)

【試合詳細データ:2014 J1 第12節 F東京 vs 大宮】

【J1:第12節 F東京 vs 大宮】レポート:またも0-1で敗れたF東京。大宮は土壇場の決勝点で劇的勝利(14.05.07)


 
東京蝗日記 8930389098793603962

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ