Loading...

シーズン終了....【天皇杯準々決勝:vs横浜Fマリノス】

 えーと....昔NHKの教育番組に「はたらくおじさん」という番組がありました。タンちゃんと犬のペロが色んな職業のおじさんから仕事の説明を受けるといった内容。



|ω・`)ノ ヤァ

 休日なのに仕事している「はたらくおじさん」こと管理人の鳥脳です。
 若い頃の予定では「佐藤 浩市」みたいなナイスミドルになって若いOLから「部長素敵(はあと)」と言われる予定だったのですが、どうやら路線の選択に失敗した模様で、誰も「部長素敵(はあと)」だなんて言ってくれません....orz。
 それどころか大銀ドームのゴール裏の上の方で立っていると、某ゴール裏の上沼恵美子から「FC東京サポがおるぞぉ~!」と大声で叫ばれ、周りの人の注目を浴びてしまう始末....「誰がFC東京サポぢゃ!」と返す事は返したが、むっちゃ挙動不審というか目が泳いでいた気がする。

 さて12/22は天皇杯の準々決勝って事で金曜日の夜から大分へ帰省。博多にメリットってこれしかない気がする(実家に帰りやすい)。
 土曜日はスポパへ練習見学。
 寒い中数多くのサポが見学に集結.....そうか下手したら今年の練習見学も最後になっちゃう可能性があるから選手個別に好きなサポなら最後の挨拶に来るんだな。

 現場ではBUSTAの代表を多分やってる太ったおじさんと挨拶。なんだか不穏な事を僕に呟いて去って行った....内容が気になるじゃん、まったくもう。
 あとFC東京サポと大分トリニータを愛してくれているにっちさんともご挨拶....すみません、こんなおっさんで。

 あと個人的に選手と話出来た事が少し嬉しかった....ミヤザーの笑顔が眩しすぎたよ。個人の宝物なんで内容は割愛。

 土曜日の晩は、トリサポブログ界の重鎮であらせられる某熊猫頭取から「飲み会来ないとハブるよ」と脅迫され泣く泣く親族との団欒を捨て市内へ飲みに。
 某熊猫頭取が「奢ってはあげないけど美女はくるから」との予告があったが本当に美女をアサインしているとは思わなんだよ....あっ、大丈夫○のきず姐さんの事じゃないから、うん、大丈夫。
 1次会はおしゃれなラテン食堂で、2次会もまたおしゃれな頭取御用達のお店でしこたま飲み。3次会と称して、3連休のラス日はもののふになっている筈のsadaちゃんと....おかげで天皇杯の開門時刻に出遅れました。

 さて天皇杯の準々決勝。
 対する横浜Fマリノスさんは、シーズンの終盤に失速し九分九厘手にしていた筈の優勝を逃し意気消沈だろうし、ACL出場も既に手に入れているんで若手のモチベーションアップの場に使ってくれる(ネタ要員の比嘉さんとか使って)んじゃないかと思いきや、ベストメンバーな布陣。
 対するトリニータは後藤のワントップに西-木村-為田の2列目、満車とミヤザーのダブルボランチ、DFラインは左から安川-高木ー阪田さん-ジョンハン。GKは圭介。こっちの方が若手のモチベーションアップかよ、と思いきや試合内容からすると、ちゃんとスタメンを勝ち取った結果のように思える。
 ベンチスタートは丹野、深谷、永芳、松本、丸谷、森島、木島。

 闘う前は、何とか守り倒して無失点でいって、事故かなんかで点取れりゃ御の字。と思ってたんだが、そこまで押し込まれた感じでもない(まぁ押しこまれてたけど)。後藤が前線から頑張って頑張って走りぬく。代表クラスの相手CBになんら物おじすることなく立ち向かっていく。来期はあの姿勢がきちんと結果に残る事を期待したいと思わせる内容。

 前半は0-0で折り返したものの72分。一番恐れていたセットプレーから失点。そりゃナバ村俊輔さんがいて、ピンポイントで狙ってくるのに合わせられると厳しいもんがある。
 74分トリニータは満車を下げ、森島投入。76分には疲れの見え始めた西→木島。
 83分。木村のCKからニアに飛び込んだ森島が同点ゴール。今回は親族とバクスタのアウェイ寄りの方で見てたんで綺麗にゴールの軌跡が見えて感動。
 ここから暫くトリニータの押せ押せペースが続き、森島がGKとの1vs1を決められなかったりして突き放せず。まぁ結果ここのチャンス、ここの押せ押せの時間帯で試合を決められなかったのが敗因なんでしょうね。
 試合は延長に入り、延長開始早々にマギー司朗富澤さんにミドルを決められ試合は終了。

 勝てる試合だったし、勝たなあかん試合だったし、良い試合内容だっただけに悔しさ倍増なシーズンの終わりを告げる試合だった。

 後は短評。

【トリニータ選手たち】:
圭介:失点はGKとしてはノーチャンス。来期は正GKの座をちゃんと自分のものにして欲しい。
安川:サイドバックの選手じゃないんだろうけど、もう少しちゃんと抜いてクロスとか攻撃的な姿勢と能力向上が課題。
高木:練習場でみる私服姿はむっちゃ男前。事前の契約未更新に名前がなかった事を考えると来年もいてくれる事が濃厚なんじゃないかとは思うが、もっとリーダーシップを発揮してチームを纏めて欲しい。
阪田さん:きっちり跳ね返すべきところをきちんと跳ね返す。
ジョンハン:トリニータの10番は今年は便利屋的に使われる。まぁそれだけ能力が高い証拠なんだろうけど、もう少し前目で見たい。守備は頑張ってた。
満車:1年間ありがとうございました。満車的に能力をフルに発揮できたとは思わない。もっと良い選手なんだけどなぁ。
ミヤザー:トリニータでの6年間本当にありがとうございました。きっと新チームは決まっている事とは思いますが、今後も宮沢選手個人はきっちり応援し続けたいと思います。
西:守備に追われ長所は披露できず。
木村:シーズンの後半になってやっと木村の良い所、木村の使い方、木村の魅力が理解出来た。この試合の1vs1のシーン、あそこでループじゃなくぶち抜いて欲しかったなぁ。
為田:来年はトリニータをぐいぐいと引っ張って欲しいと切望。
後藤:数あったチャンスを1本でも決めて欲しかった。試合後号泣。この試合は後藤の良さを十分に発揮できたと思う。

森島:意地のゴールをねじ込む。来期の去就は不明だけど、今年うちのチーム最大の失敗は森島を気持ちよく調子にのせて上げられなかった事だと思う。
木島:投入直後は自分の持ち味を発揮したが、守備に回ると脆さも発揮。もう少し前目、FWでちゃんと使ってあげたい。
永芳:好きだったんだけどなぁ....トリニータで来年も観たかった選手だよ。プレーだけじゃなく人間としてとても好きだった。

【横浜Fマリノスさんたち】:
※ナバ村俊輔さんの体調は戻ってきてない。シーズン終盤のFマリノスの失速は、ナバ村さんの体調と確実に関係がある。戦術「ナバ村さん」だったのが優勝しきれなかった理由なんだろうなあ。それでもやっぱ上手いから腹が立つ(笑)
※エヒメッシは鼻血かなんかが止まらなくて交替だったんかしら。
※まぁ正直横浜Fマリノスがあんまり好きじゃないって背景はあるにしても横浜Fマリノスのサッカーって捉えどころがなくて....。

【その他】:
※この日の大銀ドーム、天皇杯だからと思って家出る前に食べてきて正解。数少ないスタグルも長蛇の列でビールすら買う気が起きず。
※この日も関東方面からまた他の地域から多くの知り合いが(笑)。ホームに遠征する素敵な面々と挨拶できただけでも楽しかったかな。
※しげたっさんを見かけ嬉しくなる。僕をサッカー地獄に嵌めてくれた恩人だもんなあぁ

某ブログで圭介と話していたのが目撃されていたけど、どっかで接点があるのかな。
※まぁ博多から東京への逆帰省でお正月を過ごしたかったなぁ....orz。

 さてこの日をもって本格的にシーズンが終了。
 このブログも運が良ければ「今年の総括」「生眼Awords2013」「今日のドナドナ」等の企画でぼちぼちと書く予定....書くんじゃないかな....書ければいいな。
 あとちょっと重大な発表もする予定。

 トリサポの皆さん。1年間お疲れ様でした!

【試合関連リンク】:J'sGoalとJFAのページから
【第93回天皇杯 準々決勝 大分 vs 横浜FM】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(13.12.22)
【第93回天皇杯 準々決勝 大分 vs 横浜FM】樋口靖洋監督(横浜FM)記者会見コメント(13.12.22)

【第93回天皇杯 準々決勝 大分 vs 横浜FM】試合終了後の各選手コメント(13.12.22)

公式記録(PDF)
大分トリニータ2013 344085010362716915

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ