Loading...

湯揉み娘は何処へ...【J2第8節:vsザスパ草津】


 えーと.....ダイエットしようと決意してはや10年!管理人こと鳥脳です(決意しただけですが、何か?)。

 さて先週末のトリニータの試合について.....。
 前記事に書いたようにトリニータと同じように応援しているFC東京がフクアリでまさかの虐殺。その心の傷も癒えぬまま始まった試合。FC東京戦中にすでに随分と呑んでいるのだが、トリニータの試合でまた焼酎をグビグビ....流石にこの日の夜はきつかったなぁ。

 トリニータのスタメンはこんな感じ

     教祖

チェ    西    土岐田

   井上  宮澤

安川         松原
   阪田  作田

     清水

 中断期にいろいろと組合せを試したようだけど結局開幕戦と同じ布陣。
 ベンチスタートは石田・池田・刀根・長谷川・幸野・三平・デカモリシ。
 対するザスパ草津はベガルタ-ジュビロ-サガンと渡り歩いた仙台出身の萬代さんがワントップ気味。密かに楽しみだったラフィーニャさんはベンチスタート。

 さて試合開始。

 立ちあがりは両チームとも探る感じ。J’sGoalの試合レポートに書かれている程、ザスパ草津の勝利への執念が勝っていたとは思えない。トリニータはトリニータなりに前線が機能していた時間もあった。トリニータは距離感とパスのテンポを選択し、ザスパ草津はある程度ワイドな球回しと萬代目掛けてのロング気味の展開を選択した。

 我らが教祖様こと前俊のワントップは上背がないながらも、その技術の高さで前線でボールをキープし、生粋のドリブラーである西とのコンビネーションは期待が持てた(まぁまだまだ成熟しとらんけどね....前俊の閃きについてこれる変態はそうそういない)。
 西のドリブルや前俊のエリア内への切り込み、幾度となくサイドを駆け上がった安川からのクロスに前俊が頭で合わせるシーン等、得点の香りが漂うのは昨年とちと違うなぁ.....それでもそんな押し気味のシーンで点が取れないと流れが変ってしまう。
 前半は0-0で終了。

 後半開始。
 後半10分に萬代さんが絶妙なヘッドをトリニータゴールへ叩き込む。まぁ萬代さんのゴールは確かに上手いゴールだったが、清水とDFの意思疎通がイマイチだった部分、つまりトリニータのミスの部分も大きく感じる。
 後半15分。トリニータが一挙にFW2枚投入。土岐田→森島、前俊→三平。前線をデカモリシと三平のツートップに変更、西を右サイドへ持っていく。狙いは前からのプレス強化。これによりザスパ草津は容易なロングボールが出せず試合はまたトリニータのペースに。
 後半23分。開幕戦に引き続き田坂監督の狙いはピタリと当り前線へドリブルで持ち込んだ三平がファールを貰いPKゲット。蹴るのは.....デカモリシ。ダイジョブカオマエ.....という心配をよそに止められそうな真ん中に蹴り込むデカモリシ!GOOOOOOOOOOOAL!トリニータ同点に追いつく。

 勢いに乗り攻め込むトリニータだけど追加点は奪えず....ジャンハンの幻のゴールはオフサイドっぽく無かったんだけどなぁ。
 とすると.....若干ミスが目立っていたマツケンのミスからCKへ繋げられる。CKでのボールロストが失点に繋がり後半44分トリニータ痛恨の失点。試合はそのまま終了しトリニータホーム開幕戦は悲しくも敗戦となってしまった。

 以下短評

【トリニータ選手達】:清水:まだDFとの連携不足な面も。きっちりとコーチングを。
マツケン:ユース上がりの新人に期待するのは酷だけど不用意なミスが多い。まっまだ目を瞑るから経験値を上げてくれ。
作田:若干引き気味になってしまう感じ。なんとなく福元洋平を思い出す。
阪田:フィードの質の向上を求む!
安川:新人らしく思い切りのよいプレーを披露。選択がシンプルで良い。
ミヤザー:お誕生日を勝利で祝えず。
裕大:惜しいミドルが一本あったが前線への顔出しの少なさが不満(詳細後述)
土岐田:大きなミスは見当たらなかったがサイドとして効いていたかと問われると。
ジョンハン:基本FWな為守備面では期待出来ない。もう少し小技をキチンとして欲しいんだけどなぁ。もっと出来る筈。
西:ドリブルは魅力的であるが消えるシーンも多い。前俊ともっと理解しあって欲しいところ。
前俊:前線でのキープ、前へ向く姿勢。今年の前俊は違うぞと思わせつつも無得点(惜しいシーンはあったが)。

デカモリシ:気持ちのこもったプレーに終始。PKだけど2試合連続得点。投入直後のミドルには痺れた、決まっていればもっと痺れたのに。
三平:スピード・ドリブル・体力とバランスの良さを披露。
長谷川:投入直後の駆け上がりは痺れた。あのシュートが決まっていればもっと痺れたのに(2回目)。

田坂監督:FWの選択肢に今後も悩みそう。試合途中でキチンと手を打てる監督というだけで嬉しくなっちゃうトリサポが多いはず。

【ザスパ草津さん達】:
※松下さんの髪型が板前(良い選手でした)。
※アレックスくんに友達がいるのか心配(なんか孤立気味に見える)。
※御厨さんが2度ほど教祖にファールを.....ぐぬぬ許さん!
※日曜日の16時開催なのでザスパサポさんも多数襲来って訳にもいかず。残念な事に湯揉み娘は見当たらず。今年は日曜日開催や水曜日開催も多いからアウェイサポの動員は難しいかもなぁ(経営面でちと心配)。

【その他】:
※トリニータホーム開幕戦恒例のコレオが今年も!ゴール裏の住人達の努力にただただ頭が下がる思い。
※ゴール裏にダイハツ九州さんを歓迎するダイハツ車・ゲーフラ・カクカクシカジカが!.....きっとあの人だよ。
 そのへんの雰囲気はこちらのページを参照。試合レポートが丁寧で定評のあるmiyashuさんのレポート
 ちなみにmiyashuさんのブログはこちら Forza Trinita 
※失点はいずれも自らのミスが招いた結果。力負けじゃないんだからそこの部分を修正して行こう!(前向き)
※前俊の顔までもがシュッとしてきた(笑)。走ってるし、前線からチェイスしてる.....けど、前俊のチェイスは前俊自身が「取れねぇよ」と思っている節がある。「ボールを取れる」いや「取る!」と気持ちを出しながら追わないと相手は慌ててはくれまい。
※土岐田・ジョンハンとサイドの選手が攻撃的である為、裕大とかボランチがそのスペースを埋めるため上がれないのかもしれない。裕大に一時期の思い切りの良さが消えつつあるような気がしてちと不安。そういった意味でこの試合途中出場した長谷川を左サイドで使うのは一つの手であると思う。
※前俊-西(トリッキーという言うか変幻自在な攻め)、デカモリシ-三平(シンプルかつ直線的な攻撃)のどちらの魅力も捨て難い。悩ましいが嬉しい悩み。
※「ボスケテ大作戦」というチームでクラブ・スポンサーになった話は以前に記事(「『大分トリニータのスポンサーになったでござる』の巻」)にしたのだが、この日ちゃんと電光掲示板に「ボスケテ大作戦」という文字が映ったらしい....現地で見たかったなぁ。
 ちなみに試合の数日の前のマッチデープログラムに「ホスケテ大作戦」と微妙に力が抜けた感じで載っていたのは内緒の方向で(笑)

 全体を通してそうそう悲観する出来ではないと思う。背伸びせず一歩一歩進んでいけば良いのだ!.......と思う事にする。





コメント


湯揉み娘は何処へ...【J2第8節:vsザスパ草津】
コメント投稿者ID : OOH00025090
おつかめさまです。
本日ゲットした相方のレプユニが4番だったことには
目をつぶっていただく方向で・・・

草津戦は残念でした。前半の早い時間帯には草津のプレッシャーがかかっていず、かなりボールをもてるなあという印象でした。あの時間帯に1点欲しかったですねえ。

我らがマエシュンは相変わらずときどきキラッとしてましたね。早くゴールを決めさせてあげたいです。

お師匠様のおっしゃるとおり、手のうてる監督は頼りになります。これからの戦いぶりが楽しみです。
posted by ティンポン2号 | 2011-05-01 18:45
>ティンポン2号さん
コメント投稿者ID : lovetrinita
毎度です。コメント遅くなってご免なさい。

田坂監督はきちんと戦術・戦略を立てますからねぇ....誰かと違って(笑)
ただ前線の組合せは監督もまだ悩んでいるみたいですね。

前俊は早く1点取らしてあげたいっすな。
あとデカモリシは先のプレーが想像できるようになったら代表クラスなのになぁ....。
posted by 鳥脳(管理人) | 2011-05-06 15:43
大分トリニータ2011 9201125088461357325

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ