Loading...

浜松まで鰻を食べに【J2第4節:vsジュビロ磐田】

 常々ロックな生き方を貫きたいと思っている管理人こと鳥脳です。

 まぁ精神的に変拍子が多用されていたり、疾走感の全くない詠唱のような生き方だったり、ロックのリズムがザッツワチャドゥだったりするのは内緒の方向で(坂井真紀さんてもう40半ばなんですね...びっくり)。


 本職の給料泥棒稼業の方が何かと面倒な事態になっており、参戦が危ぶまれたジュビロ磐田戦について...はぁん(西城秀樹風)

 きょうははままつというところにうなぎをたべにいきました。
 とてもおいしかったです。
 サッカーのしあいもみました。しろいふくをきたチームがまけました。


 ...これくらいでこの記事はおしまい!




 という訳にもいかんよなぁ。でもこの書き出し何か使った事があるぞ....


 絶対ニアキラメナイ! 【J1第17節:vsジュビロ磐田】

 このブログの2009年の記事。
 あのJ1でのジュビロ戦は14連敗目だったんだよなぁ。

 さて2015年のこの日は、前日まで参戦が不明だった為にレンタカー移動を使わずJRで移動。レンタカーでないという時点で、あの磐田参戦の一番の目的である「さわやか」のハンバーグが食べれなくなるという悲しい状態。...その分、黄色いキチガイ水ことビールをたらふく飲んでやると決意。

 朝8時前の東京発こだまに乗車。
 「こだま」なんて乗ったのは30年振りくらいかもしれない。しかしながらこの「こだま」、途中駅で「のぞみ」や「ひかり」に追い抜かれるという移動時間的な問題があるものの、席の空き具合なんか頗る快適。名古屋ぐらいまでだったら「こだま」移動でも構わんなぁ。

世界の車窓から


 掛川駅で新幹線から在来に乗り換え磐田駅まで。
 磐田駅で良く知るトリサポ(複数)と遭遇。シャトルバスでヤマハスタジアムへ。



 前記事で書いたように、ヤマハスタジアムのスタグル案内をみていると、管理人を襲う謎のカオマンガイブームに最適なタイ屋台が。小躍りしながら訪れてみると....ん?この日はメニューにカオマンガイが載っていなかったよ....orz。
 気を取り直して管理人がこの日選んだスタグルは以下の通り!

 「メイちゃんの焼き小籠包」さんの焼き小籠包と上海ワンタン




 小籠包は400円、ワンタンとセットで700円だったかな。

 思った以上に小籠包してて大変美味しかったどす。

 朝飯すら食べていなかったので、追加で「魚政」さんのシラス丼も。



 僕のきらいなおろし生姜がはいっていなくて大喜び。600円。

 雨を避けてアウェイゲートを出たところで酒盛り。ここで初めてダニエルがいないことを知ってしまう....先発メンバーを聞き湧きあがる不安感。

 この日のトリニータはワントップに新顔永井を起用。まだ金髪が残ってるけどもうすぐ黒く染め直すことでしょう。現地では良く判らなかった布陣は永井・風間・後藤・レイチェル・西・伊佐・ジョンヒョン・安川・阪田さん・鈴木・武田.....とったばかりの永井を除くと、新メンバーは新卒の鈴木だけ...今年の新戦力はどこに隠れてんですかね。

 試合は、まぁ磐田ペースで試合は進み、武田のクリアボールをジュビロ磐田の宮崎さんが絶妙なシュートで失点。すぐにトリニータも取り返すもののオフサイドの判定。
 それでも心折れずに43分に狙い通りのカウンターが炸裂。西のキレキレなドリブルから風間にパスが通り、風間がきっちりニアをぶち抜く。前半のうちにトリニータが追いついて前半終了。

 後半からは贔屓目でみるとほぼ互角。
 このまま引き分けかもと思い始めた87分に自陣近くでエヴァンドロがファール。ボールの位置にはパラメヒコマンこと駒野と小林さん。いっしょに見ていたトリサポと「こんな大事な場面は絶対駒野が蹴るよ!」とお互い話していると、小林さんがあっさり蹴り、ボールもあっさりトリニータのゴールを揺らす。悲しい、悲しすぎる失点。ほんと最悪な時間での失点。GKの武田も完全にタイミングを外されていたけど、我々も騙されてたんで文句は言えない。

 そこから上手い事ジュビロさんに時間を使われ、終了間際の絶対的な決定機もエヴァンドロが決めきれず、そのまま試合は終了。

 はぁん....どうやったら勝てるんですかね。

【トリニータ選手たち】:
武田:2失点のどちらかは防げたんじゃないかな。
ヤス:普通のヤスの出来。
阪田さん:この日はスタメン復活&ゲームキャプテン....が怪我で途中退場。試合中にベンチに戻ってきてたからそこまで深刻な状況じゃなさそうだけど。交替カードを一枚ここで使う必要があったのが地味に痛かった。
鈴木:ルーキーながらそこそこ守備は安心して見ていられる。うちのDFレベルにはある。
ジョンヒョン:中盤の大事な部分でのミスが多かった。昨年後半の覚醒ジョンヒョンは初期化されてしまい。工場出荷状態のジョンヒョンなんだろうか。
伊佐:面をつくって当てるだけのシュートチャンスを見当違いの方向に蹴ってしまう。
西:一人キレキレ。スーパーひろのりくん人形を作りたいくらい。
レイチェル:レイチェルの良さをもっと前面に押し出さないと。
風間:さすがトリニータ栄光のアゴ枠だけあって悪くはなかった。
後藤:後藤のアビリティはDFラインの裏狙いだが、残念な事にトリニータにはしっかりとしたパサーがいなかった。試合後、座り込む姿が痛々しい。
永井:永井らしさはきっちりと表現できていた。あとは連系の向上だな。

山口:浜松からの帰りに見かけた。
三平:三平らしいプレーが一度だけみれた。
エヴァ:最後のあのプレーは決めて欲しかった。

【ジュビロ磐田さん達】:
※アダイウントンはサイドに張っている分は怖くないけど、ダイアゴナルに走り込まれると凄く怖い。ナザリトやタンケなみの重戦車感。
※この日のジュビロさんのワントップは森島。ジュビロさんは森島の使い方がまだ判っていない。
※そういえば加藤ローザが妻というけしからん奴は出てなかった。
※元トリニータの藤田が素晴らしい出来。絶妙なラインコントロールでオフサイドの山を築く。
※シャトルバスの中でジュビロの選手(誰だか忘れた)のアナウンスが流れるんだけど、トリニータ戦の時こそ藤田とか森島とかガッツーボとか使って欲しかったなぁ。
 「ジュビロ磐田DF背番号14の坪内です。子供が産れた時の体重はニーキュッパッでした!」とか
 「ジュビロ磐田DF背番号33の藤田です。趣味はダウンロードです!」とか言って欲しかった。
※藤田にはアナウンスよりも遠藤憲一がやってる番組不正アップロードのCMに使って欲しいと思っている。

これ自体がyoutubeにアップロードされている事自体がおかしい


【その他】:
※どうもこの日の線審が駄目駄目だった模様。まぁある程度駄目駄目な判定されても勝ちきるくらい強くなった欲しいんだけど。
※ジュビロのコーナーキックの場面で、森島がショートコーナー対応に出ようとしたシーンがあり、それについて行こうとしたヤスに「俺がやる訳ないじゃん」と森島が笑い、ヤスも笑うというほっこりシーンが管理人のツボに入った。
※負けた事自体はどう弁護のしようもないし、その負けた結果でまた最下位になっちゃったんだけどそこまで悪い出来ではなかった。まぁ「悪くはなかった」ってのが曲者なんだけどね。


 帰りは浜松駅方面のシャトルバスに乗車。これがまたスタジアム近くから抜けるまでに非常に時間がかかり、結局1時間後くらいに浜松駅到着。ルート的には一旦磐田駅行きのシャトルバスに乗ってからJRで移動した方が楽ですね。

 浜松駅近くのうなぎ屋さんでうな重を食す。やっぱり鰻は美味い...。

 で、次節は週中に「スタートダッシュ失敗王決定戦」を大銀ドームで実施する模様。
 きっとラモスがまた「キモチノモンダイダヨ!」と捨て台詞を吐いてくれるのを期待したい。

【オマケ写真館】:
この日のゲームキャプテン阪さん...ん?モンスターエナジー?



人気が沸騰していない青い鳥のつがい

ノリーちゃんの旗振る姿はいつも惚れそうになる





大分トリニータ2015 7806191111312475539

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ