Loading...

ゴール出るウィーク突入!【J2第9節:vsVファーレン長崎】

 仕事の関係上、いろんなお客さんのところで作業することが多い管理人こと鳥脳です。実は4/20から新しい仕事先で作業をしているのだが、まだあまり周りの方々と親しくはなっていない。仕事自体はまだ走り出しの状況なんで、定時ぐらいには帰宅できちゃったりする。
 仕事先に残る人に「お先に失礼します」と告げて帰るのだが.......ここはひとつ、新職場での管理人という人柄をアピールしなきゃ...丁寧で奥ゆかしい人柄と思われなきゃと足りない脳内をフル回転させて「お先に失礼します」をMax最大限丁寧に言ってみた。









 「先立つ不幸をお許しください」

 と枕はこれくらいにして、気分良く週末を終える事ができたのでそのレポート。つまりはJ2第9節:Vファーレン長崎戦だっ!
 ちなみにスカパー一人観戦をやめて下北沢にあるスポーツバー「Bar LOADED」さんでサポ仲間と観戦。

 前節の赤紙で主将ダニエルを欠くトリニータの布陣はこんな感じ。

      エヴァ    

三平 為田 ジョンヒョン 西

      昌也

安川 若狭 鈴木 伊佐

      武田


 前節、ダニエルが退場するまで機能していた4-1-4-1を本日も採用。ダニエルの位置には今期初スタメンの昌也を。そしてMr.トリニータの称号を継ぐべく漢・為田が、戻ってきた。
 ベンチスタートは修行・山口・兵働・風間・後藤・永井・高松。

 試合開始。

 基本、長崎さんペース。トリニータはなかなかシュートまでも持ち込めない。しかしながら、守備面での意識は高く、前線からのフォアチェック、この日、ゲームキャプテンの腕章を巻いた若狭を中心とした守備陣も相手のキーマンに勝負をさせずきっちり守りきる。アウェイで勝ち点の欲しいトリニータにとってまず守備から入るのは正しい選択。長崎にもさほど得点機を作らせず、一度あったピンチもGK武田が身を挺して防いだ。

 前半はさして見所がないままスコアレスで終了。

 後半開始。

 前半と変わらぬ状況ながら、所々光る攻撃意識を見せていた為田からチャンスが転がりこむ。
 61分。為田のターンを長崎DFがエリアの左外でファール。このボールを蹴るのはジョンヒョン。兵働も風間もいない状況でセットプレーを蹴るのはジョンヒョンしかいない。試合中はアドレナリンがコントロールできていないのか、大きく外す事も多いのだけどジョンヒョンしかいないのだ。
 しかしながらこのフリーキックを、ゴール前に雪崩れ込む誰かが触れば1点、触らなくてもゴールに吸い込まれるフリーキックの教科書通りの軌跡を描きトリニータが先制点をあげた。
 さてここからが集中力を切らしてはいけない状況。

 田坂さんは交代策を以下のように展開。

 65分:西→永井
 72分:エヴァンドロ→後藤
 82分:為田→山口

 いきなりDFを入れて5バック気味にして守るのではなく、前線のFW2枚を交代し、フォアチェックからのブロック守備を重視したのが田坂さんらしいと思う。
 山口投入でフォーメーションは5バック気味にチェンジ。試合はさほど危なげなく終了(実は一度完全に、完璧に相手をフリーにしたシーンがあったが、相手シュートは枠外に飛び助かった)。トリニータが九州ダービーを征し、今シーズンやっとこさの2勝目を上げたのであった。

 あとは短評形式で...。

【トリニータ選手たち】:
武田:前半はビッグセーブを一度。正GKとしての矜持を見せる。クイックな配給に良さをみせた。
ヤス:個人的にはもう一度CBの位置で見たかったがサイドバックで破綻のない動き。
若狭:プロ入り初のキャプテンマークに恥じぬ大活躍。イ・ヨンジェさんを良く押さえた。たぶん破られたのは1回だけの筈。マッチデーJリーグでインタビューは当然だと思う。
鈴木:無骨に身体を張った。
伊佐:田坂さんに命じるままに動く忠犬として活躍。随所に突っ込みすぎな部分も見られたが意欲の裏返しと思うことにする。
昌也:ダニエルとは違うボランチ像を十二分に表現。最近身体も出来てきたのか、以前のテクニックだけの昌也ではない。
三平:試合前の集合写真の笑顔だけでも三平がプレーをする価値はあると思っている。ジョンヒョンのFKシーンでは果敢に飛び込みポストで顔面を強打するシーンが映っていた。

為田:怪我明けで万全でないながらも、随所に攻めの姿勢を表現する。
ジョンヒョン:プレー中の判断の遅さが何度か見られたが、それを帳消しにするナイスフリーキック。
西:開幕以降ずーっと「切れてるー!切れてるー!」状態。
エヴァンドロ:前2試合で見せた可能性はあまり感じず。
永井:監督の意図は表現できたのか。
後藤:監督の意図は表現できたのか。
山口:試合後の長崎サポへの挨拶は良かったが、本来ならばフル出場したかったろうなぁ。

【Vファーレン長崎さん達】:
※岸田が頑張ってた。頑張ってたと思うが、一緒に視聴していたトリサポ兼鳥栖サポの何某が「あのクロスの質じゃサガン鳥栖じゃ厳しい」と評価。
※いつの間にかアジアの大砲も白髪がいっぱいに。
※Vファーレンのチャントって代表っぽくてオリジナリティが足りないと思うの。
【その他】:
※試合終了後のヒーローインタビューはジョンヒョンだったけど、この試合のMVPは若狭だと思っている。


※ジョンヒョンがFKを決めたシーン、ジョンヒョンは真っ先に田坂さんに飛びつきに行っているあたりに和む。


※昌也はやっぱり賢い選手だと実感。
※冒頭にも書いたけど、この日は下北沢の『Bar LOADED』さんで視聴(食べろぐURLはここ)。よくトリサポが利用しているお店で、気さくな良い感じのお店です。マスターに「今日勝ったらお店を大々的に紹介します....でも負けたら「Bar LOADED」のせいにします」と宣言。しっかり勝ったんで、約束を守りお店のPRをば。下北沢なんてこじゃれたとこのお店ですが、非常にマスターが気さくで良いお店です。某おばちゃんが定食屋と評すくらいFoodメニューも充実していてとても美味しいのです!関東のトリサポは是非ご利用を!


 さて、今年のチームはゴールデンウィークに入ると共に無事ゴール出るウィークに突入してくれました。相手はチームはきっとゴール出んウィークでしょう。きっとそうに決まってるよ。

 トリニータ公式の試合結果情報(監督選手コメント)
大分トリニータ2015 8277097135732268959

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ