Loading...

こ…ここ…ここからですよ【J2第2節:vsファジアーノ岡山】

 えーと....大分の言葉でいうところの「どべ」です。「どべんけつ」ですトリニータの順位。大阪の言葉でいうならば「べべた」ですし、ちゃんと標準語的な言い回しならば「びり」もしくは「最下位」です。

 シーズンの開幕を迎えて軽々しくも「明けましておめでとうございます」なんて言ってた管理人ですが、我がチームは、あけても、めでたくもありません。まぁ愚痴ばっかり言ってもしょうがないんで、とりあえずホーム開幕戦J2第2節vsファジアーノ岡山のレポート。自宅スカパー観戦です。

 まさかの開幕パルプンテ作戦で敗れた我がトリニータの布陣はこんな感じ。



 1トップは岡本、2シャドーはエヴァン、風間。サイドは左・伊佐の右・西、ダブルボランチはダニエル、兵働。DFは3バックで左からヤス・山口・鈴木、GKは武田。

 まぁこうだろうと納得できる布陣。いったい開幕戦のあれは何だったのかと。

 ベンチスタートは上福元、福森、レイチェル、石川、ジョンヒョン、高松、後藤。

 対するファジアーノさんとこは、岩政さんも加地さんもスタメン、昨年我がトリニータで躍動した伊藤もスタメン。トリニータ戦で活躍しているイメージの押谷さんもスタメン。

 概ね試合はトリニータペース。ファジアーノを思うようにはさせてはいなかった。シュート数、枠内シュート数、作ったチャンスの数は全てトリニータが上だったと思う.....思うが、それだけがサッカーの勝敗を決める訳ではないのはサッカーを好きな人間なら重々承知している事。
 後半に加地さんの素晴らしい動きだしと、それに合わせた素晴らしいパス、加地さんの踏ん張りから押谷さんが素晴らしいシュートが決まり、ファジアーノが先制。
 それまでいいようにファジアーノを押し込んでいたトリニータは急にバタバタし始め、レイチェル、後藤、高松と前線のメンバーを替えてみるも引いて守るファジアーノの守備は崩せずそのまま敗戦。冒頭にも書いたように、連敗、無得点で最下位という結果になった。

【トリニータ選手たち】:
武田:イケメンくらいしか言う事がない。
ヤス:躍動感が感じられる良い時のヤスではなかった。
山口:特に悪い部分はない。
鈴木:顔が四角い。良い攻め上がりが何度か。
ダニエル:ダニエルらしさは出ていたが終盤のカレー券は余分。もったいない。
兵働:どうやらゲームメイカーの役割だがたまには前線を追い越して攻撃に顔を出してほしい。
伊佐:この先生き残るためにも、もっと貪欲に。
西:いま一番調子が良さそう。
エヴァン:1トップの時よりか自由に動けている。ちょっとドリブルが直線的すぎる。
風間:チームで一番シュートの意識を持っている。
岡本:岡本らしさが表現されていない。

レイチェル:試合をかえるまでの活躍にはあらず。
後藤:試合をかえるまでの活躍にはあらず。
高松:試合をかえるまでの活躍にはあらず。

【ファジアーノ岡山さん達】:
※どうやら桃太郎チャントのタイミングが合わなかった模様。
※岩政さんと加地さんはやっぱり素晴らしかった。

【その他】:
※今年も開幕戦で素晴らしいコレオをゴール裏が披露。たぶん事前の準備とかゴール裏の有志が凄く頑張っているのが感じられ、毎度の事なら頭が下がる思いです。
※TwitterのTLからの情報によるとニータンが脱皮して綺麗になったらしい。
※この試合が開幕なら「運がなかった」「「惜しかった」で構わないんだけど、あの開幕戦の後だけにそれだけでは済まされなくなっている。
※全体の流れは悪くないんだけど、前線のコンビネーションが確立されていないんだよなぁ。やっぱり直前に為田がいなくなったのが大きいのか。


 普段なら、どんだけ悪くても何らかの面白い事書いて、心を整えるんだけど、失点後のチームと同じで僕が浮き足だってしまい余裕がありません。

この人レベルに心を整えたい


 3/21はきっと群馬で初勝利を上げてくれる筈...それだけを信じて群馬に行く予定。
大分トリニータ2015 7090058736773019959

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ