Loading...

トリニータを除く第1節雑感+α

|ω・`)ノ ヤァ

 週刊プレイボーイを立ち読みしたらダウナーな気分からあっさり復活した管理人の鳥脳です。

|ω・`)ノ フカキョン カワエエ!

 さてトリニータだけではなくJ2を戦う面々にも、そして愛人FC東京が所属するJ1にも新シーズンがやってきたのでその感想。

【FC東京】:vs柏レイソル(1-1)

 新監督のもと、新しいサッカーにチャレンジするFC東京。6年目を迎えるネルシーニョ監督のもと優勝候補との呼び声も高い柏レイソル。FC東京の4-3-3の布陣は新鮮。
   エドゥ
ムトゥ    千真
   三田  東
   秀人
太田     徳永
 森重  加賀
   権田

 新FWのエドゥは当たり外国人選手っぽい。ポストもできるし捌きも上手い。その分千真があの位置だとちょっと可哀想。
 このシステムでは高橋秀人先生にかかる負担が半端ない気がする。はやくヨネが復活しないときつい。
 FC東京はややラッキーな先制(とはいえ見事な崩しだった)の後にあった数回のチャンスを決めていれば試合が決まったと思う。対する柏は工藤が豪快な得点でWレアンドロと工藤は脅威。権田のファインセーブがなければ負けていたかもしれない。ほぼ互角で一進一退のゲーム内容で見ごたが非常にあった好ゲームだった。
 個人的な感想としてちょっと東の良さが生きてこない布陣に感じる。あの位置に幸野志有人でも面白いんじゃないかな。監督が替って若手にも十分チャンスが与えられそうな今年のFC東京だと思う。

 さてJ2の愉快な仲間たち。

【岐阜チャンさん】:vsカマタマーレ讃岐(3-1)

 2013オフシーズンの話題の的ことFC岐阜チャンさん。監督になったラモスがここ数年ビーチサッカーにかかりきりだったので、知っているJリーグ情報が古い(3年前くらい)と噂されたベテラン補強で初陣を飾った。得点者は難波・ナザリト・高地。先制点の難波には「得点決めたら5000円」ってラモスが言ってたらしい。5000円で点取ってくれるなら、僕も後藤に上げるのに....。このようなエピソードが流れてくるくらいFC岐阜は注目を集めるのに成功しているって事なのね。
 あとトレニーニングマッチで「対策委員会の設置」を希望したナザリトはFKで早速結果をだした。
 なおラモス監督は3点とった後に自分らのサッカーが行えなかった事に激怒し「日本人ならお茶漬けやろがー」と言っている模様。

【コンサドーレ札幌さん】:vsジュビロ磐田(1-0)

 誰もがぶっちぎりで優勝を信じているジュビロ磐田さんに早くもJ2の洗礼。いぶし銀の砂川が意表をついたFKを直接決め守り切った。
 磐田は今年も駄目かというとそうでもなさそう。
 松井がゴール前でおしゃれヒールシュートを披露...が札幌GKの金山さんが好セーブ。この金山さん、今年長崎から移籍してきた人と思うけど、札幌の弱点だったGKの穴を埋めて余りある存在。この日も前田のPK止めたりして大活躍。
 まぁ試合の方は磐田の猛攻に耐える札幌という構図だった為、我が教祖様降臨の機会がなかったのが残念。

【京都サンガFCさん】:vsギラヴァンツ北九州(3-1)

 原一樹さんの「古巣への恩返し弾」炸裂!とか思っていると京都さんがあっさり逆転勝ち。管理人がネタ要員としてみているゾンビになりかけの比嘉さんまでもがゴールを決めたというのに、バドゥ監督の紫ニット帽しか印象に残らなかった。あのニット帽は反則。三平はベンチにも入っていなかった。


【お犬様ことジェフユナイテッド千葉さん】:vs栃木SC(0-2)

 J2での5年目のシーズンを迎え「絶対J1」とかから「FUN!」とキャッチフレーズを路線変更した宿敵お犬様。世界3大カップの一つ「ちばぎんカップ」の時のままで開幕。育成志向に路線変更した栃木さんに上手いようにやられ敗戦。
 さぁここからがちょっと難しい話.....。

 千葉サポ「淳、出てこいや」開幕戦からいきなり抗議の居座り…(スポニチ)

 お犬様サポは高田延彦かっ!っちゅうのは置いといて、これなぁ....難しい話だよなぁ。サポが「FUN!」じゃなくて「不安」を感じたんだろうな。

 数年前の僕なら100%ゴール裏のサポがおかしいと断言してたと思う。これこそ『百害あって一利なし』だと、「居残り」とか「バス囲い込み」とか報道されるから「サポーター=怖い」のイメージが定着。そして新規の観客が増えないという悪循環だと。
 しかし、ここ数年でゴール裏の友人も増えてきて、決して怖い人達ではないという事も判ったし、彼らは彼らなりにチームを愛しているのも理解できるし、チームがどうしようもない状況に陥る前に何とかしたいと思っての行動なんだ納得もできる。
 うーん、難しい。

 僕が知っているゴール裏の面々は、ゴール裏に集うサポーターをのせて、楽しませて、一体感のある良い雰囲気を作ろうと必死になっている。それに成功しているのであれば、きっと徐々にスタジアム全体へ広がって、スタジアムの雰囲気がきっと良くなると僕も信じている。ただそれは強制とか無理矢理とかではきっと成しえない事で、サッカーを観戦する、トリニータを応援するという文化・スタイルが熟成されるには時間がかかる事なんだと。
 固定された層だけがどんどん濃くなってもスタジアム全体の雰囲気は変わらないと思う。ゴール裏の濃さには少し足りないけどそれなりに濃い人がバクスタに散らばって行かないとスタジアムの雰囲気って変わらないと思う。理想としてはゴール裏が吠え、バクスタがそれに対し「いけいけ!」と反応できる環境なんだじゃないかな。

 トリニータは今年チーム創設20周年。
 チームができた年に生まれた子がやっと成人を迎える。親に連れられてスタジアムで応援していた子供がもうそろそろ親になる頃。その親に連れてスタジアムにやってくる子が育つこれからの20年が大事なんだと思う。そうやってサッカーに対する認識も、トリニータへの愛情も熟成される筈。

 とまあここまで書いたけど、クラブはクラブ側でちゃんと情報発信は心がけるべきだとは思う。どういう路線で、どういうチーム作りをし、どういう方向でどの位置を狙っているのか。チームは良いサッカーを見せればOKではなくクラブのビジョンをきちんと提示し、それに対し会話の場をオープンにしておくべきだと思う。それが上手い事回っていないからジェフサポも行動に出ちゃったんだと思うし、最近のトリニータもその辺がオープンになっていない気もするからちょっと不安は正直あるのよ。



 あと似たような関連でFC東京サポで気になった記事。

 開幕戦の「もめごと」に思うこと(FC東京でいってみよう)

 最近トラックバックって機能はないのかしらと思いつつ(どうもBloggerにはついてないっぽい)、リンクを。
 ご存じの通り、僕はトリサポではありますが、愛人としてFC東京のサッカーも好きです。
 特にゴール裏の中心を離れた所で、応援もしつつ、サッカーを眺め、時には腕組みをしつつ観戦できる若干緩いスタイルが好きです。そんな緩いサポも混じっているから一体感がないかというと決してそんな事はなく、一致団結というか自然派生的に応援が広がる感じで、特に「シュート打て」コールや相手をおちょくるチャントへの悪乗り具合の一体感は素晴らしいものがあると思います(思わず苦笑いはしてしまいますが)。

 応援スタイルは様々ですがそれが強制や排除に繋がるものではなくお互い楽しめるものであるべきなんでしょう。

 ....うむジェフの「FUN!」は間違っていない。 
大分トリニータ2014 8302133772314062068

コメントを投稿

  1. 2014年シーズン明けましておめでとうございます。

    2月に鹿児島に行く用事があったので、
    通り道と言うこともあり京都サンガとFCソウルのTMを見に行きました。
    みなさん(含むヲイラ)が愛してやまないさんぺーちゃんはピッチわきで別メニューをされておりました。
    TMを3本見ましたが、さんペーちゃんは出てくることがありませんでした。

    怪我でもしてしまったのではないかと気になっています。

    それでは。

    返信削除
    返信
    1. みやみやさん、毎度です。

      下のアルイワさんの情報だと大丈夫そうですね....そんな使い方ならトリニータにくれよ!と言いたくなるのは内緒の方向で....(笑)

      削除
  2. お久しぶりです!ネタ要員サポのアルイワです(*´∇`*)

    バドゥさんいいでしょ??ファン感でも人間的に魅力に溢れた人だなぁと感じました。

    三平さん1節後のTMで出場したみたいです。アレッサンドロがケガしたっぽいので次はベンチ入りじゃないですかね~

    返信削除
    返信
    1. アルイワさん、お久です。

      ずるいよ京都サンガ(笑)、あんなネタ監督仕入れて(嘘)

      三平、使わないんだったら大分にくれよ!

      今年のトリニータのアウェイ京都戦は是非親交を深めましょう!(まぁ飲もうぜというお誘い...まだ行けるか判らんけど)

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ