Loading...

たらればー【J1第4節:vs柏レイソル】


 昭和の名(迷)漫画家に江口寿史先生(少年ジャンプっぽく)というのがいて『ストップ!! ひばりくん!』とか描いてた。彼の連載デビュー作が『すすめ!!パイレーツ』で、千葉パイレーツという変態プロ野球チームが主役の野球ギャグ漫画だった。漫画的には結構後世に影響を与えた画風・作風だったと思うんだが、その作品中、千葉の柏・松戸・流山なんかが究極の田舎的に描かれており、柏なんてほんとうに田舎だと思ってたよ...それが今じゃ『東の渋谷』ですか.....(´・ω・`)

|ω・`)ノ ヤァ

 漫画を語ると年齢がばれまくりの管理人こと鳥脳です....だって小学校4~5年くらいにはまだ冒険王をたまに買ってた気がするもの。
 さて柏レイソル戦を観戦しに、柏遠征してきたのでそのレポート。

 3年前、J2へ降格したトリニータが迎えたJ2リーグ開幕戦はここだったんだよなぁ。まだ福岡在住でこの後くらいから東京に転勤になったんだよ。
 あの試合はファンボが監督で、ボギョンのデビュー戦で....ボギョンが凄かったけど、フランサの方がもっと凄かった試合だった。東とかソンホとか小手川(あの試合はSBだった)とか菊地とかコバヒロwとかがいたんだよ。
 そんな懐かしい記事はこちら

 駄目大人のシーズン開幕:前編【FC東京vs横浜Fマリノス】
 駄目大人のシーズン開幕:後編【J2第1節:vs柏レイソル】

 事前にスタジアム案内を調べると....3年前は自由に行き来できたスタジアム内は、現在アウェイとホーム側を完全に隔離している模様。スタグル屋台もアウェイ側には1つだけ....ガンダムクラスのスタグル屋台はなく、ジムかボールレベルの汎用屋台っぽかったので、事前にお腹にいれておく事にする。そういや3年前も柏駅の上でスンドゥブ食べていったんだっけ。

 チョイスしたのはホワイト餃子柏店....別段柏名物って訳ではない。事前に調査した結果、ホワイト餃子かボンベイのカシミールカレーしかなかったのよ。ボンベイのカシミールカレーは超檄辛らしく、前日に会社の人間と赤から新宿西口店で赤から鍋(+8辛)を食べ、ちと水戸黄門がヒリヒリしている状態では選択できなかったのである。

 上野駅から常磐線で約30分。
 駅を降りてホワイト餃子柏店へ歩きかけると、後ろから声をかけられる。
 「宗教なら前俊教を信仰しているからお断りだよ!」と振り向くと、身体を痛めつける貪欲なお笑いスタイルでお馴染みのボスケテ会長のへろ兄さん!どうやらバス停でバスを待って僕を発見したらしい。こっちは取材を兼ねてホワイト餃子に行く旨を説明、スタジアムでの再会を誓いあう(おっさん二人が何してんだか)。

 ホワイト餃子の開店に併せてお店へ突撃。開店後11分後にはもうほぼ満席という人気店ぶり。
 餃子定食750円を食しながら午前中というのにビールを飲む駄目大人一人。



 ゴール裏の友人たちへのお土産として焼き餃子を20個程購入。スタジアムへ徒歩で向かう。
 レイソルロードとかいう住宅街を抜けるとレイソルのホームスタジアム「日立柏サッカー場」へ到着。
 アウェイ待機列の最後尾に並び、先についていた関東組の面々へお土産のホワイト餃子を手渡す....もう少し数が必要だったと反省(グッチごめんね)。

 前日は20度以上あり春の陽気を感じた関東も、この日は2月並みの寒さ....しまったダウン着てくれば良かった。
 3年ぶりの柏サッカー場は相変わらず空間。ピッチとスタンドの近接ぶりが半端なく、シュート練習でボールがネットをこすれる音まで聞こえてくる。
 丹野のチャントが相変わらず、音程がとれないのは内緒の方向で.....。

 さて試合の方。トリニータのスタメンは以下の通り。

  高松  西

  丸谷  木村
レイチェル   辻尾
    満車

 安川 高木 若狭

    丹野

 ナビスコ2節で痛んだジョンハンの治りが悪いのか、左にレイチェル、右に辻尾というスピード系バリバリの布陣。練習から見てても高松の調子は良さそう。
 ベンチスタートは、圭介・児玉・阪田さん・村井・ミヤザー・ルイルイ・林。あちゃー森島も木島も帯同していない...守備陣は阪田さんや児玉の復活は心強いが、攻撃的な選手交代にちと悩む品揃え。

 試合開始。
 流石のレイソル、球際の当りとかが強い。レイソルの持ち味は切れ味するどいショートカウンターであり、それを警戒するも何度か良い形を作られてしまう。トリニータは満車の出来が良く、前半のうちはレドミをきちんと潰していた。常にラインの裏を狙う攻撃は恐ろしさがあるものの、そこまでの恐怖感はなく、トリニータもそれなりに押さえていた筈....筈なのに前半37分。高木と木村が中途半端なプレーを選択してしまい、ボールを掻っ攫われて工藤壮人がゴール.....orz。
 日本には「もったいない」という素晴らしい言葉があるのだが、本当に本当に、本当にもったいない失点。
 あのクラスのミスは流石にJ1では見逃してくれないなぁ....。
 前半はそんな感じでリードを許したまま終了。

 【J1:第4節 柏 vs 大分】ハーフタイムコメント(13.03.30)

 田坂さんのコメント
 「攻撃はフィニッシュで終ろう。」
 うーん、まさにその通り。どうも攻撃陣のシュートを打つって意識が薄い気がするぞ、うちのチーム。普段ならジョンハンがミドルでも構わずって感じだけど、この面子ではレイチェルくらいかな、それを感じたのは。

 後半開始。
 田坂さんの修正力が効いたのか、後半はトリニータがペースを握る。木村から素晴らしいスルーパスが西に出たり、サイドを切り裂いてからクロスが絶妙だったり....高松のヘッドとかのこぼれ球をレイチェルが当てればいいだけなのに蹴り出しちゃったり(あの位置から宇宙開発は別の意味で難しい気がする)。
 そんな攻勢の後半8分。辻尾のクロスからこぼれた球をレイチェルが拾い素晴らしいシュートをレイソルゴールへ突き刺す!トリニータ同点!
 ここからもトリニータペース。トリニータのショートカウンターが冴えまくり、西のドリブルからシュートがポストに弾かれたり(あのシュートは完全に菅野さんは諦めていた)、レイチェルのクロスから木村がダイレクトを狙ったり(これは宇宙開発)。
 こりゃシーズン初勝利も近いと感じ始めた後半18分。CKから無駄に男前の田中順也さんが見事にDFの裏をかきヘディング。トリニータ良い状態で追加点を奪えなかったばっかりにゲームの主導権を再びレイソルに委ねてしまう。
 レイソルは後半25分に鈴木大輔さんを投入して3バックに。
 トリニータは
後半21分:辻尾→児玉新
後半31分:高松→ルイルイ
後半36分:西→林
 と交代のカードを切るが、これにより攻撃の弾力性を失い、ルイルイめがけてのロングボールが多くなってしまう。ルイルイも林も戦術にフィットしたとは思えず、攻撃のクオリティが下がるだけで、後半開始頃の得点の匂いはどんどん掻き消えていった。
 試合終了直前。なんかドサクサで失点。試合は1-3で終了。レイソルの出来の悪さとトリニータの後半頭の攻撃のワクワク感で、惜しいというよりも口惜しい試合だったと思う。

 以下短評

【トリニータ選手たち】:
丹野:徹底してフィードは近くのDFに....それを狙われて苦し紛れにDFがロングを蹴る。フィードの質が悪いこと前提の作戦っぽいが...ここは1つ圭介でいって欲しいと切望。
若狭:相変わらず致命的なミスが幾度か...早く、早く成長してくれ。相手選手が意識して狙っている気がする。
高木:1試合中、1回はミスしているがそれ以上のDF能力は発揮している。ああいうミスが無ければなぁ。
安川:悪くない出来。ヤスは出来る子。
満車:流石のボディバランス。相手と競る際の身体の入れ方が見事の一言。
辻尾:早くて安心。辻尾チャントを歌いたかった。
レイチェル:J初ゴールおめ!J1らしい素晴らしいゴールだったと思う。その前の宇宙開発も決めれ!
木村:数度鳥肌が立つパスがあったが、もう少し、もう少しだけでいいからゴールに自身が向かうプレーを。
丸谷:この位置でのプレーが掴めてきたのというだけあり、積極的な運動量を披露。
西:J1でも西のドリブルは通用する。あとはフィニッシュの制度。後半ポストに弾かれたシュートは素晴らしかっただけに決めさせたかった。
高松:ここ数年の内、一番状態は良いと見える。

児玉:左を任せられる目途はたった。
ルイルイ:....そろそろ見限られるかもと心配になる内容。ルイルイ自身が迷っている感じさえ受ける。
林:ルイルイにボールが収まらないので打つ手がなかったのか....ベテランなんでそこはなんとか打開して欲しかったが。

【柏レイソルさん達】:
※改装後初観戦。良いスタジアムなんだがアウェイのおもてなし感は皆無に感じた。昔、レイソルのサポーターといえば「一流のB級どころ」を狙った感じで、常に笑いが溢れていた筈なのに...なんか普通のサポーターになっちゃったなぁ......(゚⊿゚)ツマンネー
 チャントとかは相変わらず昭和の香りが漂うアニメソングだったりするけど、もうブリーフ隊もスキンヘッドのコールリーダーも居ないのが至極残念。
※ネルシーニョはやっぱり良い監督だな。打つ手が間違っていない。
※気温が低く、対戦相手がトリニータだったせいか、観客がイマイチ。あのクラスのスタジアムなんだからもう少しぎゅうぎゅうに観客が入って欲しい...というか入らないと駄目でしょ。(観客数9,144人)

【その他】:
※勿体ないなぁ....口惜しいなぁ....もうそろそろ「チームは成長している( ー`дー´)キリッ」って言うのも飽きたよ。勝てない試合ではなかったんだよなぁ。ほんの少しの運がうちの方に転がっていれば間違いなく勝っていた試合だったと思うの。「たら・れば」は勝負事に禁物だけど、あの西のシュートが決まってたらなぁ....(´・ω・`)

【試合関連リンク】:J'goalから
【J1:第4節 柏 vs 大分】ネルシーニョ監督(柏)記者会見コメント(13.03.30)
【J1:第4節 柏 vs 大分】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(13.03.30)
「まずサポーターの人には感謝しないといけないと思っています。非常に力強い応援だったり、ここに来て、もちろん柏さんの応援は迫力ありますけど、それに負けず劣らず声援を送ってくれたことに改めて感謝したいと思う試合でした。」
の言葉を聞くだけでアウェイサポーター冥利に尽きるってもんですよ。

【J1:第4節 柏 vs 大分】試合終了後の各選手コメント(13.03.30)

試合詳細データ:2013 J1 第4節 結果

【J1:第4節 柏 vs 大分】レポート:工藤壮人と田中順也のアベック弾で柏が辛くも勝利。大分は後半の決定機を生かせず(13.03.31)

 試合後は大分からお越しのへろ兄さん、なおちゃん、せいこさん、中部地方からお越しのさくちゃん含め、関東組飲み会を実施。普段歩かない大分県民を上野から御徒町まで歩かせた張本人が私です(笑)
 祝勝会を華々しく開く予定でしたが、急遽関東組ダイスケくんのお誕生日祝いでした....次節こそしっかりと勝ちたいもんだねぇ。

柏レイソル 4723095905238747984

コメントを投稿

  1. アウェイサポ側に入ったらいきなり
    目があってしまい思わず頭を下げてしまいました(笑)
    けっこう長いこと好き勝手にコメント入れさせて
    もらっているのに非礼ですみません・・・
    まぁオッサンではなかったってことで・・(苦笑)

    寒かったですね。
    でも試合は悔しかったけど楽しめました。
    柏といえばブリーフ隊とか柏バカ一代とか・・
    他のサポにないいい味だしてたのにね、残念。
    でもすごく見やすいあのスタジアムは
    とっても好きです。
    だけど、夏場は日干しになるかも。

    返信削除
  2. やはり、あのおっさんがチータンでしたね(しつこい?)

    こっちもいきなり眼が合ってしまい会釈してましたもん(笑)

    今後もよろしくお願い致します。

    返信削除
  3. ネイビアン2013年4月5日 0:34

    サッカーに「たら・れば」は禁物ですが、あの試合は
    トリニータを応援する人ならだれでもそういってしまいますね。

    レイソルネタはそんなに知らないので一つだけ。
    「レイチェル、大分に家買っちゃえ。」

    返信削除
    返信
    1. エルゴラのひなつさんの短評では「レイチェル」を大分弁風に「レイチョル」に変えちゃえってのが載ってました(笑)

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ