Loading...

『生温かい眼 Awards 2012』


|ω・`)ノ ヤァ

 書き溜めていた下書きを徐々に公開している管理人こと鳥脳です。
 今年も生温かい眼アワードの季節がやってきました.....と書いてから生温かい眼アワードって2008年以来やっていない。というか2008年しかやっていないという事実に気がつきましたが、内緒の方向でいきましょう。

『生温かい眼 Awords 2008』


 相変わらず故郷を離れた暮らしが続いておりますので、基本ホームはスカパー中継、アウェイの行けるとこだけ生観戦というスタイルですのでかなり試合毎の印象が違っております(そりゃ目の前で見たプレーの方が印象が強い)。僕個人の評価ですので異論は認めます(コメント欄にコメント下さい)。

 まずは『ベストニューカマー賞』
 これは、トリニータ在籍1年未満の選手、2012から加入した選手が対象。

【ノミネート】:
DF#03:若狭大志
DF#17:"The Legend" 石神直哉
DF#19:キム・チャンフン
DF#23:夛田凌輔
MF#11:"びっくりしました(>_<)” 村井慎二
MF#22:キム・ジョンヒョン
MF#25:野口直人
MF#28:為田大貴
MF#33:丸谷拓也
FW#24:木島悠
FW#26:後藤優介
FW#29:林丈統
うーん....結構人数いたのね。あっ....為ちゃんは2012年以前に2種登録(またの名を学徒動員)があったから対象外だな。
 三平との湘南新宿ラインを形成し、得点をアシストした伝説こと石神と、一年通してこんなに活躍してくれるとは思わなかった村井はん、決して諦めない不屈の走力を発揮した木島の3人がやはり最終候補だな。ベテランにこの賞を上げるのは不本意だけど、1年通して活躍した村井さんだな。うん村井さんに決定



 次は『ベストパフォーマンス賞』
 この賞は我々サポを楽しませてくれたり、笑わしてくれたり、ほっこりさせてくれたパフォーマンスを評価する賞。
 ....この賞は2008年当時は結構激戦だったんだけどなぁ、前俊が通訳つれてヒーローインタビューとか、試合前の写真撮影を忘れて守備位置までダッシュして呼び戻される藤田とか.....最近はあんまりないよなぁ。

 さてノミネートは

FW#09:三平和司
※J2第26節:vs愛媛(アウェイ)でのヒーローインタビュー。相手非公式マスコット一平へのライバル宣言がだだ滑りしかけたその時、虫が顔面直撃してコントとして完結するという「笑いの神」が降臨した瞬間。 
※これまたJ2第26節:vs愛媛(アウェイ)でゴールを決めた後、両足同時に攣ってしまい、産まれたての小鹿のようにプルプルしていた瞬間。 
※J2第30節:vs東京ベルデーの試合後のラインダンスで永芳がいなかった為、カメラマン相手に野球拳ダンスを始めるが動きがどうみても江頭2:50だった瞬間(他の試合でもたまに江頭に見える時があるし)。

FW#10:チェ・ジョンハン
※J2第30節:vs読売ベルデー(ホーム)で決勝ゴールを決め、ユニフォームを脱いだら肌真っ白だった瞬間(これで2年連続からあげ王)。 
※もしかすると今年じゃなかったかもしれないんだけど、スカパーのクラブ応援コーナーで三平か誰かがビデオカメラを持って選手を取材する回で、素っ裸のジョンハンがカメラの前に立ち股間にボカシが入っていた瞬間。(やっぱり今年じゃなかったかなぁ)

 .....くらいかな。三平は滑っている時も多いけど挫けずトライし続ける姿を評価して、受賞は三平に決定



 さて次は『ベストブロガー賞』
 最近はツイッターとかFacebookとかの普及もあってブログが今ひとつ人気ないのが残念。


    MF#11:村井慎二: murai-shinji.netびっくりしました(>_<)

    MF#15:永芳卓磨: ガイコツ日記。    DF#17:石神直哉: NAOYAAAH!!    FW#20:森島康仁: デカBLOG    FW#24:木島悠:  YuKijima

 伝説のブログは9月の草津戦以降更新されていないので対象外。永芳や森島の真摯な態度のブログも捨て難いけど、短いセンテンスに秘められた深い深い内容が万人を魅了する村井はんのブログに決定
 びっくりしました(>_<)



 次は『ベストカップル賞』
 選手間の相性とかホットラインとかそんな賞(投げやり)。

 ノミネートは

・三平&石神の湘南新宿ホットライン
 説明不要の両サイド、石神の丁寧なクロスからゴール前に飛び込む三平のダイナミックさは前半戦の大きな躍進の元となった。しかし、この二人を湘南の試合に出させない契約なんて、ベル爺のおケツのお穴は小さいですこと。

・菅原コーチ&村井さんの元ジェフコンビ
 J1昇格プレーオフ決勝が勝利で終わった瞬間ピッチに走りこむ菅原コーチ。コーチのスパイクを見せた両足タックルを中を飛び、かわす村井さん。見事なまでの阿吽の呼吸を胆嚢させてくれました。

・為田&野口の「無いのは体の関係だけ」カップル
 えーと...ブロゴラのひなつ叔父貴の記事参照。 
 [大分]「体の関係がないだけです」野口選手の衝撃発言にファン感への期待が高まる!?(写真あり)(BLOGOLA) 
 もうね....某ネータンとか腐ってる女子系の人達が喜びそうな話題。野口くんは今シーズン活躍の場が全く無かったといっても過言ではないが、まさかシーズン終盤にこんな話題で活躍するとは(笑)

 まぁこの賞は為田&野口に決定!



 次は『イケメン賞』
 この賞は正にイケメンに送られる賞で、実は3部門程あります。あまり選考理由とかは書くと面倒なんで、各賞だけ発表。


【イケメン賞】:DF#17:"The Legend" 石神直哉

流石イケメン爽やか過ぎる



【トリニータ的イケメン賞】:FW#13:"Mr. Trinita” 高松大樹

何がトリニータ的かは聞くな!










【兵馬俑賞】:DF#03:"鳥人" 阪田章裕

・・・・・・・・・・


 トリニータ的イケメン賞で阪田さんを僅差でかわした高松。もう少しで阪田さんがダブル受賞だったよ。 



 さてそろそろ真面目な賞。

 【ベストゴール賞】:J2第19節:vs横浜FC 
 西のドリブルからゴール前の三平が決めたシュート 
 
 これは悩んだなぁ....負けた試合だけど山形戦の村井さんのゴールも流れを変える素晴らしいゴールだったし、アウェイ千葉戦の安川のカーブをかけたフィードから木島が抜け出し、DFを上手く引き剥がしたフリーの森島のヘディングの流れも素晴らしかった。それにJ1昇格プレーオフ準決勝の森島のFK、決勝の林のループシュートも捨て難い。特に決勝戦の奴は、あの位置に上がっていた安川が競り合いに勝ち、森島の絶妙なタイミングのパス、そしてそれを信じて走り抜けた林の冷静なループという田坂監督の戦術と選手がカチッと嵌ったシュートだったもんなぁ。

 ....が、ここは管理人の趣味を通して、アウェイ横浜戦の西のドリブルでサイドを切り裂き、三平がゴール前で合わせたシュートに決定!
 あの試合は本当に痺れたもんなぁ。

 【ベストゲーム賞】:J2第38節:vsジェフユナイテッド千葉 

 このゲームは苦手のお犬様相手に、アウェイで逆転勝ちっていう堪らない展開。この試合の辺りからJ1昇格プレーオフまでトリニータらしいと表現できるような型が見えてきたような気がする。

 MIP賞:DF#16:安川有 

 これは文句なしに安川有。今年の終盤での成長具合には吃驚したもん。シーズン中の伸び代は各選手にもあったとは思うが、安川ほど伸びた選手はいないんじゃないかな。



 さてさてラスト。2012シーズン、生温かい眼アワード最高賞でもあるMVPです。今年色々活躍したこの方に決定!
























 剛力彩芽さんおめでとうございます....今年の賞総なめですね

 ....これではごり押しを疑われてしまうので、

 【MVP賞】:DF#03:"鳥人" 阪田章裕 

 そりゃもう阪田さんっすよ。
 チーム最多タイの40試合出場(プレーオフも含めるとチーム最多)。カードも何とか3枚に抑え出場停止も無し。それでいながらプレー内容は熱く対人への強さで勝負し続け、相手のFWを良く潰してくれました。
 最後にMVPを讃え、阪田さんの画像で終わりたいと思います。












 あっ間違えた(お約束)

やったー!MVPだよ!

入魂 505502339919388181

コメントを投稿

  1. ジョンハンのボカシは今年ですよw
    ちなみにスカパーのクラブ応援コーナーと同じ映像をTOSのハロー大分でも放送され、土曜日の真昼間にボカシという衝撃。

    映像ありますので、いつでも言ってくんなまし

    返信削除
  2. そうか今度ごにょごにょしてくれ

    返信削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ