Loading...

神降臨!【J2第23節:vs東京ベルディ】


 えーと.....連勝ですな、ふふふ....連勝なんですよ。もうFC東京の試合結果は忘れるとしてご機嫌な管理人こと鳥脳です。まぁご贔屓チームが二つあるとこういった場合(どっちかが勝利)に心の拠り所を作りやすいというメリットがありますな....どっちも負けたら最悪だけど(笑)

 さて今年の7月は金土日の連続が同一月に5回もあるというあまりない構成だったのですが、その最終日曜日の7/31に我がトリニータは敵地味の素スタジアムで東京ヴェルディさんとの対戦。

 FC東京のSOCIOでもあるので勝手知ったる道順で味スタに向かう。味スタ最寄り駅の京王線飛田給駅前のマクドはいつものFC東京カラーの看板が(笑)。やはり味スタはFC東京のホームグラウンドだと思ってしまう。....「ユーロスポーツ味の素スタジアム店」だけは、ちゃんと通路に見える位置にヴェルディのレプリカ並べてたなぁ。

味スタアウェイ側

 試合開始2時間前に到着も開門は1時間半前。まぁトリサポもFC東京とのダービーの様に多くは詰め掛けないのでまったりとメインゲート側で並んで待つ。並んでる間に足立のおばちゃん(アウェイトリサポ有名人)に「鳥脳さんって小沢一郎に似てますよね?」と言われる.......えーと....言われません(笑)。その後にツイッターで「小沢一郎よりも草野仁」と他の人にツイートされるが.....それはあるかもしれん(笑)
「不思議発見!」

 この日は会社の同僚4人もやってくるが事情により同僚とは席を離れゴール裏集団の端っこに陣取る。
 その事情がこれ!
みんゲー前俊
 アウェイサポの重鎮だった「まぁこ」さんが作った「みんゲー」の前俊バージョンを僕が掲げるのだ!
 ふふふ....神降臨。神降臨なのだよ。

 この日のトリニータの布陣はいつもの通り。

    森島

  西   前俊

チェ      三平

  宮沢  裕大

 カン 阪田 土岐田

    清水

 カレーの食べすぎで前節有給休暇だった前俊と契約関連で出場不可だった三平がスタメン復帰。後は攻撃的5トップ、守備に追われると5バックという全員守備全員攻撃の田坂システム。
 ベンチには石田・作田・刀根・幸野・ハセヒロ・ドンミョン。
 対するヴェルディさんは4-4-2の布陣でドリブルキレキレの河野さんや7試合7得点とか噂(ん?5試合5得点だっけ)の阿部拓馬さんが。相変わらず眩しい土屋さんやガムくちゃくちゃでお馴染みの森勇介さんもスタメン。

 試合開始。
 トリニータのウィングバックがワイドに位置しヴェルディさんが対処に追われる。
 前半5分、ボランチ宮沢からの逆サイドに質のいいパスが!ワイドに広がったジョンハンへ渡り、ジョンハンが中へ切れ込む。フェイントを一つ挟んだ後タイミング早めながらコントロールされたシュートがGK柴崎さんの頭を越えゴール右隅に突き刺さる。ジョンハン得意の左からのミドルシュート炸裂!ビューティホーすぎるシュートでトリニータ先制、1-0。
 試合開始1時間前くらいに降った雨の影響もあり、この日の味スタのピッチはなかなか最悪。足元が緩く、ずるっと滑る感じ。両チームのDF陣が相手の切り返しに踏ん張り辛い状況でお互い多くの好機を作り出すも、基本はトリニータのペースで試合が進む。西や三平の惜しいシュートは柴崎さんが、ヴェルディの決定的シーンは清水が好反応をみせ失点を防ぐ。
 押し気味で試合を進めていた前半20分、トリニータCKのクリアを河野さんが単独ドリブルでカウンター。河野さんの揺さぶりに滑り転んだ西を見て河野さんはエリアの奥深くまで。マイナス気味に丁寧にゴール前へ送られたボールはマラニョンがこれまた冷静かつ丁寧にゴールに流し込む。トリニータ失点、1-1。
 終始押し気味に前半は進むものもトリニータに追加点は生まれず1-1で終了。

 後半開始。
 トリニータのワイドな布陣に対し、若干奪う位置とかポジショニングを修正してきたヴェルディが徐々に試合の主導権を握りだす。2ndボールを拾われたり、決定的なシーンを作られたりするけどDF陣は集中を切らさず対応、そして清水のファインセーブ。攻撃陣もカウンター気味に行き好機を作り出すも得点は奪えず。まぁ基本ヴェルディペースだったんだけど、こう言う時にモノを言うのがセットプレー。
 後半29分、ヴェルディ左サイドで貰ったFKを宮沢が蹴る。デカモリシが前目に出て逸らすかと思いきやそれをスルー、その空いたスペースに前俊がすすーっと入りこみヘッドでヴェルディゴールへ。ヴェルディGK、DFとも虚をつかれ見事トリニータ勝ち越し点!2-1。決めた後に寝転び笑顔の前俊。起き上がり両手の人差し指を天に向ける前俊。テレビ中継ではデカモリシと並び直ぐに精悍な顔つきに戻る前俊。まさに神降臨!
 トリニータは後半22分にジョンハン→刀根、後半32分に前俊→ドンミョン(前俊の位置に三平、ドンミョンは右サイドへ)と交替。
 ヴェルディも後半上手く行っていた事もあり交替が遅れたものの、後半32分小林→飯尾、後半33分マラニョン→平本と一癖も二癖もありそうな交替。
 後半37分には河野→梶川(特別強化指定選手?)。
 トリニータは足が攣った三平に替えハセヒロを投入。
 残り時間をちまちまと時間潰しも行いロスタイム3分を経てタイムアップ。トリニータ2-1で勝利!開幕戦以来のアウェイ勝利となり、トリニータのゴール裏に集まった関東サポを大いに喜ばせたのであった。

 んじゃいつものように後は短評。

【トリニータ選手達】:清水:ファインセーブが3、4発?守護神っぷりを多いに発揮。
土岐田:今日は酷いパスミスが3本程。
阪田:トリニータ唯一のDF(笑)らしく要所できっちり守りきる。
姜:後半は守備に追われる。ヴェルディの河野さんに手を踏まれるものの頑張った!
裕大:バランス重視。もうちと攻撃に絡みたい。
宮沢:前後半通して左右への散らし、長短のパスに存在感を見せつける。
三平:前半の惜しいチャンスを決め切って欲しい。三平が前線に顔出す頻度がトリニータの好不調のバロメーター。
ジョンハン:得意の形とはいえ、痛む足でビューティホーなシュート。
西:前半のシュートは鋭さがあったが惜しくも枠からずれた。
前俊:有給明けで疲れがない筈なのにちと走力出し惜しみ(走れてなかったと思う)。が攻撃の要所でボールを持ったり、捏ねくったり、抜群のアイディアでパスだしたり。変態さ加減炸裂。
森島:ハイボールの競り合いはファール判定だったり、腰の具合だったりであまり勝てなかったが、グラウンダーのボールにはキチンとポスト役に徹し前線の基点となった。

刀根:あまり目立たず。
ドンミョン:フォア・ザ・チーム。
ハセヒロ:試合よりも試合後のツイートでトリサポを沸かす。【東京ヴェルディさん達】:
※客少なっ!この日の観客数:3,273人.....あのヴェルディがと思うと古くからのJリーグサポは寂しい。ゴール裏の人数はトリニータと同じくらいだったんじゃない?
※昨年は封鎖していたバックスタンドは今年は開放?しかし、あんだけしか入らないんなら封鎖継続のままの方が良い気がする。バクスタ2階席まで開放なんて論外。
※やはり普段のFC東京主催の試合や、トリニータのホームゲームなんかと比較して「お祭り」感覚が圧倒的に足りないのが集客数増加に結び付かない原因なんじゃなかろうか。この日の目玉はベレーザ所属の岩淵さんと岩清水さんの凱旋報告しかなく、それもちと盛上げが足りない気がした。
※ただでさえヴェルディサポの動員増加が難しいのならば、アウェイの客を増やす努力も必要なんじゃ.....「ようこそおいで下さいました」のアナウンスはあるが、アウェイゴール裏からは電光掲示板も見えないのはどうにかして欲しい所。スタジアムに集う客を楽しませようという努力が見えないのが一番問題だと思うけどなぁ......。
※やっぱり河野さんのドリブルはキレがよく、失点シーンのドリブルは河野さんが持った瞬間に失点を覚悟したくらい。
※光輝く土屋さんと前俊神とのマッチアップは密かに楽しみにしていた。前回の大分での試合の時にエリア内でのファールがファール判定されず「あっぶねぇ~」って感じで笑ってた土屋さんと前俊神とのやり合いは面白かったから。今回は前俊神1得点&土屋さんカレー券1枚ゲット!なので、まぁ前俊神の勝ちだよなぁ....。しかし、ヴェルディの守備は土屋さんでなりたってる感じ(褒め言葉)なんで累積4枚目で次節(京都戦)の出場停止はヴェルディさんにとって痛い気がする。
※モキュンこと森さんが昔みたいな輝きが見えず、それはそれで寂しい。
※多分ヴェルディさんは負けた気がしてない試合内容。でも事実として負けている事をきちんと咀嚼しないと昇格争いには絡めない気がする。

【その他】:
※試合後の田坂監督のコメント
Q:3-4-3は、何か参考にしたチームなどはあるのですか?「もちろん、いろいろ研究しました。エスパルスの時代からずっといろいろなチームを見てきました。3バックのチームというのは比較的海外のチームには少ないですけど、直近だと、南米選手権のチリだとか、J1のチームでも広島が3バックをやったり、海外でもセリエAでもやっているチームがありますし、そういうチームから、「真似」はしないですが、僕なりにアレンジしながら、もちろん似ているチームもあるのかもしれないですけど、自分の中で今うちの選手の中でできることをやろうと思ってそういう形になっています」
 ....うーん...前任者と違って監督がきちんと戦略や戦術を練れるって当たり前の事だけど素敵。
※この日は姜成浩の学校の後輩が応援にきていた。多分、朝鮮学校系(西東京朝鮮第一初中級学校かな?)なんだろうけど、試合前にちゃんとゴール裏のトラメガでご挨拶。ハングルで書かれたゲーフラが沢山あって可愛かったよ。試合前練習の時も「イギョラ!イギョラ!姜!成!浩!、走って守って姜!成!浩!」コールが。他の選手もそれを楽しそうに聞いているのが感じ取れたよ。
※勝利後ゴール裏の最前列まで移動し、前俊ゲーフラを掲げながら「大分よりの使者」を歌う幸せ。一瞬前俊がこのゲーフラに視線を送り目を直ぐに逸らした感じがしたのは内緒の方向で....。
「あっ俺のちゃんとある」と思ったのか
「(・д・)チッ....俺のゲーフラ、女子高校生じゃなく暑苦しいおっちゃんが持ってるやん」
と思ったのかは蟹の味噌汁....じゃなく神の身ぞ知る。
※味スタ入場時。トリサポの待機列にキチンと挨拶する大分FC青野社長の姿が!....社長がお越しという事は、この日もスポンサーさん社員が多く観に来て下さったのかも知れないなぁ(それらしい集団はいた)。ありがたいこってす....でも社長が上京する金があるんだったら選手を一人でも多く連れてきなさいよと天邪鬼的発言....あれっ....冷静に考えてみるとこの日はいつものアウェイよりも一人選手が多いですな...どこからそんな金がでたのか。
※試合後、ニッパツで知り合った前俊(サポ)ブラザーズとまたばったり。また半笑いで前俊話に花が咲く。
※この日はFC東京が毛嫌いするヴェルディ戦だったせいかFC東京サポもトリニータの応援に(笑)。ツイッターのフォロワーさんでもある「東京とコム」さんと初対面、笑顔の素敵なナイスガイでした!。
※試合開始前、なんか後ろが暑苦しい感じがしたので振り返ると....なんとボスケテ大作戦MCのミトマスクが(笑)。どうやらこの日はバサジィ大分-大分トリニータと梯子応援らしい。試合後がっちりと握手。また大分に帰省した際はツイキャスの「ボスケテ大作戦」に出演させて下さいね。

 と言う事でここ5試合を2勝2分1敗と昇り調子なトリニータ。次節もアウェイで湘南戦。ベルマーレのホームはまだ行った事がないスタジアムなので、久しぶりに「心優しいベルマーレサポータへのお願い」記事を次回掲載予定。






コメント


神降臨!【J2第23節:vs東京ベルディ】
コメント投稿者ID : OOH00030851
あっついからですかね。とっても面白いのに、コメント付きませんでしたね。
スカパーないので、ケーブルで翌日たんのうしたのですが、残念なことにセクシーゴールあんまりよくわかりませんでした。その映像がない!見たかったです!
posted by とりいこ | 2011-08-03 23:48
神降臨!【J2第23節:vs東京ベルディ】
コメント投稿者ID : IXI00006144
青野社長が味スタにいたのは試合で何かあった時に主審と両クラブの運営責任者・マッチコミッショナーの4人で協議して試合の運営を決定する事になるのでクラブの運営責任者(普通はクラブ社長)として試合に帯同する義務があるのでそれかと。

台風・雷での試合中止や、2年前にカシスタで初の中断試合となった川崎戦とかそんな感じの事が起こると出番が来るのです。

なので運営責任者外してベンチメンバーを追加するってのは無理かと… (・∀・;)
posted by ベルなシカ | 2011-08-04 00:15
コメントありがとうございます
コメント投稿者ID : lovetrinita
>とりいこ さん

まぁコメントが少ないのは本ブログの仕様なのです。最近は代表に喧嘩売ったりしないんで荒れる事も少ないですし....不人気ブログですからね(ボソッ)

スポナビ事務局のコメントユーザ登録制はやっぱり一般の方には敷居が高い(というか面倒くさい)と思いますよ。質の低すぎるコメントは確かに減りましたが.....。

セクシーゴールが見たいという「とりいこ」さんの為に新しい記事をあげておきます(笑)

>ベルなシカさん

毎度です。
そうか社長って常に同行してるんだ.....知らなかった。
FC東京の社長も常にアウェイの入場口で挨拶してるから「偉いなぁ~」って思っていたのに(笑)
posted by 鳥脳(管理人) | 2011-08-04 09:54
東京ヴェルディ 4350487574154107392

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ