Loading...

それでもサッカーは続く 【J1第34節:FC東京vs京都サンガFC】


 えーと....多分トリサポの管理人こと鳥脳です。きっと....多分。

お手上げ状態
 トリサポの友達からは「鳥脳はFC東京サポに完全移籍した」だとか「前俊のFC東京移籍の黒幕は鳥脳」だとか囁かれていますし、ゴール裏でユルネバ歌ったりしてますので、既にFC東京サポに片足突っ込んでる状態です。
 トリサポとしてFC東京のサッカーと同じくお手上げ状態ですな(笑)


 と、そんな訳でJ1最終節:FC東京vs京都サンガFCを観戦....いやFC東京の応援をする為に行ってきました、京都は西京極。

 羽田から伊丹へと空路を使い関西へ。管理人は10年ぶりくらいの関西、勝手知ったる経路でモノレール-阪急電車と乗り継ぎ西京極へ到着(実は管理人は幼少の砌に5年程、大人になってから10年程関西人だったのだ)。
 移動途中で既にFC東京サポらしき人々を多数発見。こりゃ結構早く詰め掛けていそうとの判断から、食事もほっときコンビニでアルコールとつまみを購入し、そそくさと待機列に並ぶ。んでJ1残留の前祝を始める二人(笑)....「家に帰り着くまでが遠足です」ではなく「試合が始まるまでが宴会です」って感じですな。

 13:30の開門。
 なんとか適度な位置に座席を確保。ついでに味スタ観戦のお友達「むにむに+α」と「ふうちゃんP4」さんの席も確保。

 試合開始前からテンションがあがりっぱなしのゴール裏....やはり俄かFC東京サポでは知らないチャントが沢山あったなぁ。

東京フラッグ西京極西京極②

 FC東京運命の布陣は以下の通り。

  平山

リカ  梶山  鈴木達

 米本  徳永

中村    椋原
 今野  森重

  権田

 名古屋グランパス戦で思いの他機能した4-2-3-1の布陣を適用。ベンチには塩田・ヨングン・松下・大竹・羽生・重松・大黒。石川直は怪我の為に欠場。モンテディオ山形戦で空虚と称された前俊は低評価で....と思ったら怪我らしく欠場...最後の最後までお役に立てなかったなぁ...orz。

 15:30、キックオフ。

 .....あかんぞ、これはあかん。
 FC東京はプレッシャーからかまったく思うようにプレーが出来ていない。
 こりゃ並大抵の事では勝てないと思うと同時に、他力本願で申し訳ないが「レッズ頑張ってくれ!」と思いだす。
 iPhoneでJ'sGoalの途中経過を確認した途端...ピコーンとヴィッセル神戸・吉田孝行の得点のお知らせ。
 「何やってんねん...doraさん」と顔も知らないレッズサポに呪詛を吐くいてる途中にFC東京が横の揺さぶりから失点。
 前半はFC東京0-1で終了。

 きっと後半は大竹を投入してくる筈。大竹のミラクルでFC東京の逆転を期待するも後半頭からの選手交替はなし。

 相変わらずFC東京のサッカーは酷かった。速報をチェックすると神戸は追加点、さらに追加点をいれている。1点取れれば流れは変わるはずと思ったがその得点が生まれる気配はなかった。
 後半14分には鈴木達に代えて大黒投入。後半21分には米本を下げ大竹を投入。後半33分には椋原を下げキム・ヨングンを....。

 いつの間にかバックラインには梶山と徳永が入り、今野も森重も上がっていた。遮二無二前線へボールを放り込むFC東京。
 正直こんなFC東京のサッカーを見たくなかった。

 そして後半ロスタイム。決定的なPKを決められタイムアップ。

 そうしてFC東京は11年間所属したJ1にしばしの別れを告げた。

 色々と思う事があるけど手短に...

※なぜ4-2-3-1の布陣を選択して右が鈴木達だったのか。この布陣のメリットとしては前線で梶山がボールを保持した際の選択肢の多さである。鈴木達の運動量(だけ)は認めるが、そのせいで中盤の下がり目の位置までボールを追いかけてしまう。ボールを奪い梶山に渡った時に攻撃的な位置まで戻れていない。それに攻撃面では鈴木達はいかにも中途半端。結局何をしたかったかのかがはっきりとしないサッカーを展開してしまっていた。
 なぜそこに大竹ではなかったのか。大竹ならば前線の位置で隙あらばゴールを狙える意識がある。それにFKとしての精度もある。いくらFC東京がCKになっても今回も得点の香りはしなかった。大竹投入時はすでにパワープレーに戦術が移行してしまっており、大竹の上をボールが通過するだけであった。
 やはりスタメンで大竹を右に配置し、最初から全力で攻撃して欲しかったと思う。
※大竹の気持ちが心配。試合後のコメント}
「僕が出た時はパワープレーみたいな状態で、ボールに絡めなかった。普通の状態でやりたかったという気持ちはあります。僕の頭を越えるボールが多かった。普段どおりにできれば、点を取ることができたかもしれない。自分が伝えることをできれば、よかったと思います…。みんな焦って前へ前へという状態になった。ちょっと今は気持ちの整理がつかない。悔しいというよりも、試合に頭から出れなかった自分に苛立つし、ああいうパワープレーになってしまうということは自分の力を信じてもらえていないということだから。そういう自分に腹が立つ」
※残り30分ぐらいから今野も森重もあがりパワープレー....って。そんなパターンで点なんか取った事ないんじゃないのかな。前線の駒数を増やしFC東京らしい攻撃スタイルを貫いた方が得点の可能性は高かった気がする。
※上記のような点から僕は大熊監督が一番の敗因だったと考えている。この試合だけではない。ラスト3試合の采配ぶりを見ている限り最善の手を尽くしたとは思い難いのだ。特にラス前の山形戦の打った手の悪さは筆舌にしがたい。それが例え前俊選択という手だったとしてもだ。
 聞く話によると来期も大熊体制でいくらしいが、可能な事なら他の監督が良いと思う。城福前監督に戻すのも良し、浦和をおやめになったフィンケさんでもいいと思う。いっそのことトリニータを昨年率いたポポヴィッチなんかはどうだろう。(と下書きに書いている間に大分ポポヴィッチ復活の噂が聞こえてきた.....んじゃファンボあげる)
※J2に落ちる事により幾人かの選手は移籍となるだろうなぁ。ザックが目をつけた森重なんか広島あたりから声をかけられるとホイホイ移籍するんじゃねぇだろうなぁ。あと今野も来年はコパ・アメリカもあるしJ1にいる方がなぁ。
※試合後、選手に向かってチャントを繰り返し励ますFC東京サポ....その姿勢は立派だとは思うが京都サンガFCのセレモニー中もってのは。たまに垣間見える対戦相手へのリスペクトの無さがFC東京サポの悪い所。でも最後には「ヴェルディだけには負けられない」と歌いだす姿勢は突き抜けてるよなぁ(笑)

 まぁ負けた当日は口惜しさはあまりなかった。
 あんなサッカーしか出来ないんじゃしょうがないとさえ思った。
 とりあえず大阪に戻り(宿が大阪にしかとれなかった)、残念会を「とり神楽 淀屋橋店」で開催。「万願寺ししとう」とか「里芋の揚げ出し」とか美味かったし、締めの「地鶏ラーメン」も美味かった。店員さんの愛想も良かったしなぁ....。
大阪ミナミ
 んで次の日に帰京。
 やっぱり口惜しさって日が経つにつれ強くなる。

 FC東京はJ2に落ちた。
 でもFC東京のサッカーは続く。それでもサッカーは続くのである。
 頑張ろうFC東京。来年1年で強くなろう。

 とここで個人的な悩みが.....。
 えーと....管理人こと鳥脳は「J2は大分トリニータ!J1はFC東京!」ってスタンスでこのブログをやっておりました。
 んでよりによってFC東京が来年はJ2に来てしまう。ブログとしての立ち位置があやふやなのは気持ち悪い気もする。

 
 ......よしっ!決めたっ!

 我がトリニータの敵としてピッチに立つ以上、FC東京は敵なのである。敵ならば蹴散らすまでだ(試合をする前は威勢が良いのである)。

 と言う事で来シーズンはトリサポブログとしての原点回帰(ん?どっかで聞いたぞ)を目指します!

 という訳で....来シーズンは敵情視察の為に味スタに足繁く通うつもり(笑)





当時のコメント


それでもサッカーは続く 【J1第34節:FC東京vs京都サンガFC】
コメント投稿者ID : OOH00003504
楽しみに読ませてもらってました。
そうですか、大分復帰ですか。
完全移籍のオファーを蹴って佐原が川崎に帰ってしまったときのような寂しさを感じております。
最後に一つだけお願いがあるんですが、

前俊、連れて帰ってもらえませんか?
posted by 東サポ | 2010-12-09 10:44
それでもサッカーは続く 【J1第34節:FC東京vs京都サンガFC】
コメント投稿者ID : IXI00002399
鳥脳さんがトリサポブログだなんて…
ポポ監督報道並みに半信半疑ですがw

FC東京サポさんに嫌われている(だろう)前俊。
ポポなら鍛えることができる!
なんて妄想にとりつかれております。
posted by えのきーず | 2010-12-09 12:29
それでもサッカーは続く 【鳥脳ダービー開催決定に寄せて】
コメント投稿者ID : OOH00016840
 えー・・ご愁傷さまです。他になんと言っていいかわかりません。

 とはいえ、私がTVで最終戦を見た限りでは、J1にふさわしいのは神戸と言わざるをえません。やはりサッカーは選手の名前で決まるものじゃないんですね。

 これで来年鳥脳さんはスワールベーコン・しおや丼・さくらんぼのシバ漬け(これは違うか)が食べられなくなり、J2での「鳥脳ダービー」開催によりその立場が苦しくなってしまいました。

 鳥脳さんは会社を動かして東京勤務になり、大分・東京両クラブを動かして前俊選手を移籍させ、後は正式に東京サポ移籍宣言をするだけだったのに・・・とても残念です。
posted by 田中飴 | 2010-12-12 14:52
それでもサッカーは続く 【J1第34節:FC東京vs京都サンガFC】
コメント投稿者ID : IXI00002877
あぁ、レッズが悪者に…
まぁ、それは仕方がないのですが、
少しでも責任逃れのコメントをしたに残しておきます。

最終節に大暴れしたヴィッセルの吉田孝行選手は、元トリニータキャプテンです。
トリニータの選手にやられましたw

完全なる気迫負けでしたけどね~

『トリニータにいたあの選手の2010年は…』
という企画をやると、
結構すごい事になると思います。
posted by dora | 2010-12-14 12:59
コメントありがとうございます
コメント投稿者ID : lovetrinita
レスが遅くなって申し訳ありません。

>東サポ さん
 はじめまして.....やっぱり一般的なFCサポの前俊に対する愛情なんてそんなもんですよね.....いや、悪いのは本人と、あんな場面で起用する大熊さんなんですが...。

 ちなみにサラサラサハラ並みの扱いありがとうございます。

>えのきず姐さん
 信じなさい(笑)

>田中飴 さん
 毎度っす。
 そうなんですよ、華麗にFC東京サポ宣言するだけだったんですけどね(笑)
 まぁしょうがないっす、しょうがないんですよ。

>dora さん
 ほんとにdoraさんとこのチームがしっかりしてりゃ....(涙)
 まぁあの赤いチームは来年も大変だとは思いますが頑張ってくださいね。
 僕がサポるともれなくJ2落ちが味わえますがいかが?
posted by 鳥脳(管理人) | 2010-12-14 17:17
それでもサッカーは続く 【J1第34節:FC東京vs京都サンガFC】
コメント投稿者ID : IXI00002877
>僕がサポるともれなくJ2

黙っておこうと思っていたのですが気づいてましたかw
東京サポの一部から、
「開幕戦限定トリニータの呪い」ならぬ
「トリニータサポの呪い」が・・・という噂が聞こえそうですよ!w
posted by dora | 2010-12-14 17:21
>doraさん
コメント投稿者ID : lovetrinita
えらく早いなレスが(吃驚)

そろそろ「来年、J1では浦和レッズを応援します!」と宣言しようかと思う今日この頃(笑)

本当の狙いはジュビロかな(笑)
posted by 鳥脳(管理人) | 2010-12-14 17:28
それでもサッカーは続く 【J1第34節:FC東京vs京都サンガFC】
コメント投稿者ID : IXI00002877
お褒めいただき、ありがとうございます(笑)

>「来年、J1では浦和レッズを応援します!」と宣言
年間5試合程度来ていただけるのなら、
それでもいっこうに構いませんよ。

さりげなく、トリニータ級の大赤字みたいなのでw
_| ̄|○
posted by dora | 2010-12-14 22:15
京都サンガFC 5055959127900260738

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ