Loading...

選手に芝補修手当を!【J1第2節:vs京都サンガF.C.】


 いやいや愛するチームが勝つということは精神的にこんなに安定することなのだと改めて実感。

 ホーム開幕っちゅうことでいつもなら試合開始の2時間くらい前にはスタジアム入りしているのだが、この日はちと所要で開始1時間前到着と少し出遅れ。即行でニータンタオマフの購入を目指しグッズ売り場へ向かう。実物を目の前に思った以上の可愛さと思った以上の安っぽさに愕然とするも、気持ちは覆らずしっかりと購入。まぁ縦型と横型でしばし悩んだのは内緒の方向で...まぁ両方購入するという大人な買い方をしなかっただけ偉かろう。
ニータンタオマフゲット!


 食事もまだ済ませていなかった為、ゴール裏の屋台村で地鶏鉄板焼きカレーを購入。ふとニータン焼きの存在を思い出し売り場を探すと......戦後の食糧配給かと思うような長蛇の列。こりゃ小一時間は並びそうなのですっぱりと購入を諦める(会社の同僚なんか1時間半近く並んだらしい)。同じくSpoNavi+でブログをやってはるきくりんさんとこの記事でも思いきし「ニータンに甘えるな」と記事にされるくらい手際が悪かった模様。なんか社長の焼印付きの「社長焼き」も発売予定っぽいけど、そんなん出す前にきちんと提供できる体制づくりを頼みたいものである。


 さて試合の様子。

 トリニータのスターティングメンバーは以下の通り。

 高松  ウェズレイ

  夢生
慎吾    藤田

 ホベルト  エジミウソン

コバヒロw  森重  大海

  周作

 前節のレッドで出場停止の高橋に代わり万能保守部品・藤田が右サイドへ。怪我が心配された森重は無事だったらしくキチンと先発に名を連ねてくれた。
 ベンチスタートはGK:下川、DF:坪内、MF:哲平・家長・清武・梅田、FW:デカモリシ

 選手入場と共にトリニータゴール裏がコレオグラフィで良い感じ。

これが....


 真ん中のでっかいユニが2枚めくれた後登場したのは.....

こうなる!


 なかなかに良い演出であった。
 ご苦労様ですゴール裏の住人たち、賞賛と感謝を!

 この日は大分の3月としては珍しく寒い一日。その寒い日に相応しく立ち上りは両チームともお寒い内容だった。
 トリニータはイージーなミスが見受けられ、サンガさんもイマイチチームとしての攻撃意図が統一取れていないのかと思われるような感じ、とりあえずサイド攻撃なのだがクロスの質もFWの動きもイマイチだった。ミスはあるけれど形らしい形があるトリニータのほうが若干有利な展開。京都はなかなかシュートまで持ち込めず(多分前半はシュート1くらいの筈)。
 惜しいチャンスが数回あった後、前半41分。エジミウソンからのサイドの縦パスにモサ松がサイドに流れそのままクロスを上げる。これが見事に中央で待つウェズレイにあい、そのままボレーでゴールに蹴りこんだ。トリニータ先制!
 いやあのシュートは簡単に見えて何気に難しいシュートだったよなぁ。吹かさないシュートの技術も見事だったのだけれど、それ以前のウェズレイの位置取りにため息をつく。後半得点には繋がらなかったがエジミウソンの折り返しがDFに当たったシーンでも抜群の位置でウェズレイが待ち構えていたもんなぁ。

 後半は京都も攻勢にでるのだが最後の部分でしっかりと守る大分の守備陣を崩すまではいけない。
 後半17分。サンガ・カトQ監督は林丈統選手と元祖QBKこと柳沢選手を同時に下げ、安藤選手とパウリーニョ選手を投入。柳沢選手ほとんど消えてたからなぁ。
 後半30分にトリニータは高松を下げトリニータユースの最高傑作と誉れ高き清武を投入。基本守備的だけど隙あらば得点を狙う布陣に変更。
 最後にサンガは 角田選手を下げ中谷を、トリニータは夢生を下げDFのガッツーボと呼ばれていたらしい坪内を投入。今期新加入の坪内のホーム初お披露目。試合は大した波乱もなくそのままトリニータが昨年のように逃げ切りウノゼロで勝利。今シーズン初勝利を飾ったのである。

 以下、短評。

【トリニータ選手】:
西川:この日も周作らしからぬミスが......サンガのGKよりもキックの質は上だが、この日も精度が低かった。芝のせいと思いたい(後述)。
大海:ミスらしいミスは無かった。あまり寝転ぶこともなく芝生の補修まで行う活躍ぶり。
森重:冷静にラインをコントロール。試合後半は左足を痛めるが精神力でプレーを続行。少し怪我の具合が心配。
コバヒロw:コバヒロwらしい活躍はなし、まぁ安定してたってこと。
エジ:少しミスが目立つが得点となった愛人モサ松への縦パスは良かった。まだ万全ではない?
ホベ:しっかりと中盤でディエゴの好きにはさせなかった。若干ミスあり。
藤田:パスの精度で少し物足りなくもあるが破綻のないプレーを披露。
慎吾:サイドからの攻撃で存在感を発揮。
夢生:攻撃のキーマンとして充分に相手チームの脅威となった。
ウェズレイ:随所にベテランらしい落ち着いたプレーを披露。ポジショニング・シュート選択・視野の広さ、どれをとっても百戦錬磨であることを証明した。
モサ松:高松らしくもっさりとした動き。前半のボレーシュートは下がりながらでなければ違った結果だったかも。

清武:若者らしく豊富な運動量を披露。このまま順調に成長してくれと願う。
坪内:あまり守備としてのシーンは少なかったが、一度サイドを駆け上がってのクロスは良かったと思う(質は別として)。

【サンガさん達】:
※イマイチまだチームとしてのお約束事が徹底されていない感じ。FW豊田もまだシステムに馴染んでいないのか。
※この日のサンガゴール裏は....えらく少なくないかい?西京極のトリニータゴール裏だってもう少しはいるような気がするのだけれど。寒い中大分までやってきた少数のサンガサポの方々には感謝と尊敬を!
※途中交代で入ったパウリーニョのかいがいしい動きに癒される(プレー再開を早くしようと球拾いに励む)。そういえばこのパウリーニョに物凄いFKを決められたのはいつの年の試合だっけ。

【その他×××】:九石ドームの芝が酷すぎ。前日の雨のせいもあろうけれどまったく根付いていないかのようにズルズルとめくれあがるのには驚いた。プレー中に選手が芝を補修するシーンが多々あった。いつもは寝転んで時間を稼ぐ大海もこれ幸いと芝補修で時間を消費しておった(笑)。
 こんな調子で今週と来週のホーム連戦に耐えれるのだろうか、ちと心配。
※この日のA席アウェイ側の隣は若者男性二人。否が応でも聞こえてくる会話を聞く限りそうやらネラーの模様。藤田捕まえて「DL」とかエジ捕まえて「おいさん」とか思わず反応しかかったぢゃないか。
※この日の来場者数16,841人......天候のせいにしたいけどなぁ.......トリニータ経営陣は危機感を持ってこの数字に向き合って欲しいと切望。

 さ~て、来週のサザエさん....じゃなくてトリニータの試合ですが昨年の覇者アントラーズを葬り去ったアルビレックス新潟と対戦。J2時代から同じく地方チームとして切磋琢磨しあった好敵手なのでここは一つしっかりと戦って欲しいと期待。
 むっちゃ私事なのですがまた明日から中国(広島とかじゃなくチャイナ)へと旅たってしまう為、アルビレックス戦とナビスコ予選のアルディージャ戦を参戦できない悲しい事態となっております。遠く海の向こうから「アルビレックス負けろ負けろ光線」と「アルディージャ負けろ負けろ光線」を発射する予定。
 ブログの更新は海の向こうからでも行うつもり。
当時のコメント

選手に芝補修手当を!【J1第2節:vs京都サンガF.C.】
コメント投稿者ID :
負けろ負けろ光線が間違ってトリ側ベンチに向けて照射されぬよう 使用上の注意をよく読んでからご使用ください。
posted by おし | 2009-03-17 12:00
選手に芝補修手当を!【J1第2節:vs京都サンガF.C.】
コメント投稿者ID :
何日か見に来ない間に、ブログが増えまくっててビックリ! ちゃんと青いボード持って、応援しましたよー><♪ ニータン焼きまたするかな? 一度は買いたいですね^^
posted by satomi | 2009-03-17 12:09
選手に芝補修手当を!【J1第2節:vs京都サンガF.C.】
コメント投稿者ID :
もうプンプンですよ~。 でも、不穏な空気を察してかニータンが登場すると和んでしまう自分が愚かです。 ウェズレイのウェズレイによるウェズレイのための試合でした。 デカモリシ、前俊に頑張らんかいっ!はよウェズレイを抜かんかいっ! と日々思う私ですが、やっぱりウェズレイはすごいですね。 新潟、大宮の2試合、鳥脳さんの分まで屋台で食ってきます。あっ、応援も。 あちらは大分よりも黄砂がひどいようです。体調を崩さぬよう行ってらっしゃいませ。
posted by きくりん | 2009-03-18 20:31
大分トリニータ2009 2297022563900292271

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ