Loading...

強ぇ金沢加賀百万石【J2第18節:vsツエーゲン金沢】

 ちょっと私生活が暴走気味の管理人こと鳥脳です。いろいろとやってらんないことが多すぎてアルコールは進むは、酔っ払って眠っちゃうはでブログを書く暇がないのです(白目)。

 トリニータは勝ってくれないし、ハカイダーくんは金沢で海鮮丼を奢ってくれないしで、もうブログ書くのを止めちゃおうかと思うくらいなのですが、とりあえず金沢まで試合を観に行ったのでそのレポート。


 さて北陸新幹線が今年から営業を始めて、関東からのアクセスが抜群に改善された富山・金沢。残念なことにカターレ富山は赤帽のもとJ3を戦っているので対戦はなし。その代わりツエーゲン金沢がJ3から昇格してきたので初対戦とあれば、そりゃ行きますわな。



 という事で、朝7:20くらいの北陸新幹線を選択。切符を買う時に駅員さんに「乗車は東京にしますか?上野にしますか?」と聞かれる。都内ならば値段は変わらんだろうにと問うと、お値段が若干違うらしい(片道210円差)。それならばと家に近い上野駅の方を選択する。久しぶりの電車長旅なので駅弁『牛肉どまん中』を買って乗りたかったんだけど、上野駅では売っておらず残念。定期券で東京まで行けば良かったよ。きっと美味いものが金沢で待っている筈なので、飲み物だけ購入し乗車。休日朝早くの「かがやき」はそれ程混んでおらず、僕のシートは3人がけだったけどずーっとお一人様でござんした。

 10時前に金沢到着。

すげー、金沢駅すげー!



 改札を出た瞬間に素敵なお出迎えが。
 ツエーゲンサポのお姉さんからのWelcomeメッセージ!

(掲載許可を取っていないので素敵なお顔立ちなのですがモザイクにしました)

 少しだけお話させていただきました。



 まず目指すは近江町市場!
 前の日から乗り込んでいたトリサポの多くも訪れた模様。
 目指す海鮮丼を食す前に、金沢在住の古い友人が教えてくれた「泥鰌の蒲焼」を試す....うーん、蒲焼の味。



 さてさて試合以上に重要なミッションである『海鮮丼』へレッツラゴー!



 ででーん!大名丼。2,980円(税抜き)なり。
 白えびやのどぐろの炙りなんぞが豪華に載ってらっしゃる奴。



 ...えーと、正直書いていい?

 魚は確かに美味い....美味いけど「まぁこんなもんかな」と思ってしまうのは、同じくらい魚の美味しい大分県出身だからでしょうかね。東京目線で考えれば、充分に安くて美味いんですよ。でもねぇ...と正直思った。
 それに最近何かと話題の「のどぐろ」も、基本刺身で食べる魚じゃないと思う。炙ったくらいじゃ駄目で、やっぱり焼き魚として食べる魚だと思う。


 とりあえずお腹もくちくなったので、腹ごなしに金沢散策。
 思えば前回、金沢に来たのは前述の古い友人の結婚式以来...もう20年以上前だよ。その時に兼六園は訪れなかったので兼六園へ。



 ほげほげと庭園内をカメラ片手に歩く...




これで日本3大名園の偕楽園と兼六園を制覇した。残すは後楽園なんだけど、いつかファジさんとこに訪れた時にでも寄っておかないと....幸楽苑なら何度も行っているんですけどね。

 兼六園では苔に引かれる...なにを隠そう管理人は苔好き、羊歯好き。ここの苔はビロード苔、正式な名前はヤマトフデゴケなのかな。という種類の奴で厚手の素晴らしい触感なんですよ。写真にかすかにテグスが写っているのですが、これは烏とかの鳥除けらしいです。

いや本当に素晴らしい苔


 ちなみに石垣マニアでもある。



 さて、とりあえず時間も潰せたので金沢駅まで戻りバス乗車...ちっ、なんでぇこのバス、近江町市場前を通るんじゃん。暑い中えっちら歩いたのにね。


 ツエーゲンさんのホームスタジアムのある西部緑地公園に到着。スタジアムはいかにも「国体やりました!」的な陸上競技場。




 スタグル的な屋台群はメインスタンド側外に存在。決して店数は多くなく、地元金沢ならではという地方色は感じられずちと残念。

 一応スタグルライター的な義務感からチョイスしたのは、ビストロ風香箱蟹のクリーム生パスタ(500円)。500円と思えば充分に美味しかったどす。まぁ500円なりな感じではあったけど。



 僕個人的には凄く残念な事なんだけど、そこそこトリサポの中で「(あの阿部寛似のかっこいい人が)鳥脳さん」というのが浸透してきて...まぁ面が割れてるって奴(ちなみにかっこ内は管理人の妄想なんで気にしない事)。ハカイダーくんクラスの謎に満ちていたかったよ、僕も。

 そんな面が割れた状態で僕がスタグル屋台でボーっとしていると、某トリサポ集団が僕を拉致。

 「鳥脳さん、鳥脳さん。ブログネタあげる。」

 ...面が割れている上に、ブログネタが枯渇していることすら知れ渡ってるのか...orz。



 そのブログネタ。



 金沢のスタグル屋台なのに、飛騨牛串が売りのお店。飛騨牛ステーキ串なんて1200円という強気の値段設定。確かに屋台の店先に飛騨牛の免許なのか証明書なのかが貼ってあるので、きっと本当にA5等級の飛騨牛を仕入れて売っているに違いないお店。その屋台裏に詰まれた箱には....









 産地偽装?!


 瞬間、社会派鳥脳のジャーナリズム魂が震え、とりあえず真偽を確かめる為に、飛騨牛ステーキ串は高いので飛騨牛串500円を購入。




 ...もぐもぐ....


 ...もぐもぐ...







 ...うん、美味い。


 きっと牛タン串とかもあったから、飛騨牛と名のついていないのは鹿児島黒牛だったんでしょう。

 ちなみに社会派鳥脳のジャーナリズム魂って、較べると古舘伊知郎クラスかなぁ...まぁほとんど無いって遠まわしに書いてるつもりだけど。

 ブログネタを提供してくれた某トリサポ集団の方々....臼杵方面からやってきた人生の諸先輩である素敵な方々には素直に感謝。あの方々からすれば僕なんかまだ青2歳なんだろうなぁ...。

 スタグル関係最後に。
 ここのスタグル屋台群にはファミリーマートの移動販売車があって、350mlビール300円、キリン氷結が200円というパラダイスでした。あとカクテル専門屋台も1件あって酒飲みには楽しいとこでしたけど、多分ツエーゲンサポとか観客とかは車で来ている人が多そうな雰囲気したね。
 しかしファミリーマートがあんな値段で売っていると他の屋台は飲み物の売り上げは苦戦でしょうなぁ。
 ちなみに管理人は、着いて即モヒート、ビール、チューハイ、チューハイ、ビールという構成でした....そんだけ飲んでも汗ですぐ出ちゃうくらい暑かったよ、金沢は。

 さてさてさて、やっとこさ試合の方。

 トリニータの布陣はこんな感じ。

   学徒  伊佐

レイチェル      後藤

   昌也  ジョンヒョン

ヤス 若狭 鈴木 山口

      武田

 ベンチスタートが上福元・福森・兵働・西・セカイノサカイ・三平・岡本。
 ...orz。

 俺の俺たちの阪田さんは帯同せず、ダニエルもエヴァも為田も風間もモサ松もおらず、スタメンはヤングトリニータで構成...強化部の責任を問いたいが、その強化部が監督をやってこれじゃーねー。
 お相手ツエーゲンさんには、早くて安心の辻尾や作田。

 試合開始。
 もうね最悪な前半。
 面子から察しても、トリニータは相手DFラインの裏を狙いますよと丸判り。ただし全員が全員、そんなタイプを並べているので前線でボールは納まらないし、ハイボールでは到底勝てない。もうツエーゲンDFが余裕をもって対応している。
 昌也がゲームメークするべきなんだろうけど、相手の早い出足で思うように中盤は構成できず。まぁ何をやりたいのかが判り辛い試合内容。

 対するツエーゲンさんは、シーズン18節にもなって3位にいるチームだけあって、やる事がはっきりしている。サイドから崩してCKを貰えればセットプレーで、というチームとしての約束事が明確。キッカーの精度も高いし、セットプレーはかなり練り込まれている印象。

 前半20分。そんなセットプレーからトリニータ失点。

 前半の出来からして、失点するのは時間の問題と感じていたが実際そうなるとへこむね。

 前半は隣で観戦していたゆーじ君と、ツエーゲンの選手を褒めるしかなかったよ。

 後半開始。
 このままでは流石にやばいと思ったのか代行監督は学徒動員こと吉平くんを下げ、怪我明けの三平を投入。これで少しトリニータにペースが戻る。
 三平がきっちりボールを納めだしてからトリニータも少しは攻勢にでれるようになる。
 51分。トリニータの犬こと伊佐がJ初ゴールを決めてトリニータ同点に追いつく。

 68分:伊佐→岡本
 81分:松本→兵働

 と選手交代で勝ち越しを狙うも前への推進力を削がれ、後半足の止まったツエーゲンさんに上手くあしらわれて試合は終了。トリニータの勝ち点3はまた観れなかった。

 まぁ正直ツエーゲン金沢との実力差はそれほどまでにはなかった筈。それはうちが強い訳ではなく、両チームとも低性能な試合に終始したという評価かもしれない。

 あとは短評形式で。

【ツエーゲン金沢さん達】:
※正直前半はトリニータの体たらくと相まってツエーと思いました。
※秋葉勝がツエーゲンにいるのを知りませんでした。Mr.モンテディオ....。秋葉さんに対し、管理人は昔「偽憲剛」と呼ぶくらいすきだったんですけどね。
※サポーターは楽しいでしょうなぁ...チームは昇格、昇格したリーグでも上位。うちにもそんな時代があったんだよなぁ。
※ボランティアスタッフのお姉さんが皆可愛かったよ。
※せめてドリンクの屋台くらいはアウェイゴール裏に欲しかったなぁ。
※スタジアムの聖火台が縄文式土器っぽい。



【トリニータ選手たち】:
武田:まさかのゲームキャプテン。失点シーンはちと反省するざます。
ヤス:良い守備も見せたが、良い攻撃は披露できず。
若狭:頑張って対応していた方だと思う。カバーの意識が感じられた。
鈴木:今シーズンは経験値が溜まってしょうがなかろうと思うくらい使われている。
山口:本職にあらず。
昌也:前半の終わりくらいからやっとゲームに入れた感じ。
ジョンヒョン:総じてミスの方が多かった印象。
レイチェル:レイチェルの使い方が間違っているのか、そんなもんじゃない筈。
後藤:1,2...ときてハットトリックと信じていたのに。前半早々のシュート選択シーンは悪くない。あれくらい強引に狙って欲しい。
伊佐:初ゴールオメ!ケチャップの蓋は開いたからあとはドバドバ頼む。
吉平:与えられたタスクをこなした。

三平:足元は上手くなったが、ストロングポイントはそこじゃない。
岡本:FWとして惜しいシーンはあった。もっと使って欲しい。
兵働:兵さんのCKシーンが後半追加点の山場だった。

【その他】:
※監督代行というお薬の効能は1試合までだよ。
※あちこちで「鳥脳さん、新監督の噂聞いてない?」と聞かれるが、僕は裏事情に詳しい訳でもないので答えは持っていない。多分、火がないので煙すら立たない状態なんじゃないんかな。
※監督が選んだ選手がベストだと信じているので、ベンチメンバー、帯同できなかった選手の尚一層の努力を期待したい。
※スタジアムで足軽以下らしい某○カイダーくんを探すが見つからず、僕に手伝わせてくれればもっと効率良く破産させてあげたのに...。

 そんな某ハカイ○゙ーくんの超絶面白ブログはこちら

 2015年 明治安田生命J2リーグ 第18節 金沢戦(大分トリニータ アウェイ観戦記)

 いや本当に面白過ぎて、ブログ書く気が失せるくらい...畜生面白いぜ。
※現地で人気(?)のゆるキャラらしき「ゆきママとしずくちゃん」がスタジアム周辺を闊歩。引率のお姉さんがきれい過ぎてゆるキャラに目がいかんかったよ!

お姉さんむっちゃ可愛い


※はやいとこ監督決めないとなぁ...誰がこの火中の栗を拾ってくれんやろか。

【試合結果及び監督選手コメント】(トリニータ公式)

 試合後は前俊ブラザーズ兄に教えてもらったお店で反省会....と思いきや、お店まで行ってお休みだと知る...orz。急遽その辺のお店をゆーじくんと探して、お店確保!どたばたして申し訳なかった。




 そんな反省会のメンバーは、拓ちゃんとキーウィさん、ゆーじくんと僕。そしてトリサポブログ界の重鎮(主に体重が)で在らせられる大分熊猫さんと。あの超絶面白ブログの主がハカイダーくんならば、熊猫さんはそろそろ「徘徊ダー」と名乗ってみてはどうかと提案。どうでしょう徘徊ダーさん....というのは嘘で、相変わらずダンディで素敵な方でした、熊猫親方!

 帰り手段の最終時間が迫る僕とキーウィさんは途中で退席。ちっ...あいつらきっとあの後まだまだ美味いもの食ったに違いない。

 東京行き最終のかがやきに乗り一路東京へ、自宅へは日が変わる前にちゃんと到着。一週挟んでからまた遠征の予定なのでお楽しみに!

【オマケ写真感】:


金沢の街並みはとても風情があった

ジョンヒョンが一皮向けたらなぁ...

若狭は頑張ってたと思う

謎のイケメンブラジル人コーチ(笑)



大分トリニータ2015 7837014407326953227

コメントを投稿

  1. 自転車最高2015年6月16日 20:15

    遠征に次ぐ遠征❗❕ローマ軍かトリサポか…………

    お疲れ様です(*`・ω・)ゞ

    鳥脳さん後楽園は9月27日ですよ☀お待ちしてます��
    負けなくはなってるんですが勝つためのあと一歩❗スパイスが欲しいですね��

    返信削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ