Loading...

魚でも肉でもないなぁ


 もしかすると僕は中村俊輔の事が嫌いなのかもしれない。

 ペルーを迎えた2007年最初の国際Aマッチ。ピッチに陣したスターティングメンバーはどちらかというとジーコジャパンの香りのするメンバーであった。
 基本的にオシムが狙っている(と思われる)「人もボールも動くサッカー」ってのは非常に好感が持てるし、日本人の特性にあっていると思っている。オシムも皆が皆「水を運ぶ選手」であることが必要ともいっていないし、「エレガント」な味付けが不必要とも言ってはいない。一般的に欧州組といわれる選手が入ってどうなるかという点が、今回のペルー戦の全てであった(僕にとってだけど)。

 結果2-0で勝ったのだけれど、何かもう一つもの足りない。
得点2はどちらも俊輔のFKから、巻のヘッドと高原の見事なトラップからのシュート。確かに凄いよ、凄いことは認めるよ欧州組。特に高原の前を向こうとする、シュートに持っていこうとするFWとしての姿勢は本当に素晴らしかった。現時点では間違いなくベストのFWでしょう。
 ところで俊輔なのだ。確かに精確なFK。ちょっとしたタメ。広い視野。悪くない、というか凄いのだけれど何か物足りないのだ。この違和感が何なのか、はっきりと表現できないので俊輔についてはこれ以上書けない。本当に気味の悪い違和感なのである。

 【個別評:スタメン】
遠藤:どうして代表だと遠慮しているように見えるのかが不明。ガンバ戦のような存在感を感じ取れない。
巻:得点時のヘッドへの持っていき方は素晴らしい。
阿部:物凄く物足りない。そんなポテンシャルじゃないだろ。
川口:100キャップおめでとう。危なげない部分もなく、まぁ川口だったという評価、できれば西川を見たかったぞ(トリサポなんで)
加地:もっと上がって下さい。
駒野:よかったし、持ち味が出てたと思うけどもう少しクロスの精度がよければ。
トゥーリオ・中澤・鈴木:特に感想なし。

 【途中交代組】
中村憲:彼が入ってからリズムが良くなった気がする。
矢野:初キャップ?まだまだこれからなのかな。
家長・水野・藤本:オシムジャパンのリズムをちゃんと表現できていた。

【蛇足】
二川:見たかったなぁ。「やべっちFC」で中村俊が言っていたけどあまり周囲と喋っていないらしい。個人的なキャラクターもあると思うけど、こういったと時に絡んでくれるような、チームの盛り上げ役は誰なのかなぁ。
松橋:まぁオシムが見てくれているので、今後もリーグ戦頑張れ!

【文句】
ペルー代表:もうちょっと真剣に試合してくれ。ファルファン・ピサロなんか抜きの14人じゃ話にならね。これはサッカー協会の方々に言わなきゃならんのかなぁ。

日本代表 4227733976117113015

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ