Loading...

エンターテイナー【J2最終節:vsジュビロ磐田】

 ちと今年は働きすぎかと反省する管理人こと鳥脳です。働きすぎかと....大事な事なんで2回書きました(社内向け)。



 夏休みもろくにとれず働いていたので、この3連休にお休みを1日くっつけてバカンスに出かけることに。管理人がバカンスと言えば、例年恒例のドバイです。今年もドバイへ成田空港からJetstarで帰省。朝一の便が微妙にお値段が高かったので午後の便を選択。いろいろと所用を済ましてから旅たちたかったけど、何にもできないまま出発。とりあえず東京駅でドバイの孫の為に貢物を購入。今回は京成スカイライナー(プラレール)。

 Jetstar....信頼と安定の機材調達遅れで30分遅延。

 空港からドバイ駅前までバス移動。
凄いなドバイ駅



 ドバイ駅に駅ビルが出来ているのは風の噂に聞いていたけど、思ったよりも立派な駅ビルで吃驚!中身のお店は全国どこにでもある若者向けな店揃いな雰囲気。よくよく考えるとこの前帰省したのが2月のような気がするぞ....orz。

 翌日さっそくご贔屓チームである大分トリニータの練習場へ。スポパの横の人工芝フィールドではどうやら小学生ぐらいの大会が開かれていた模様で凄い人ごみ。トリニータの練習見学もいつもより多い感じで、まぁシーズン終盤になるといろいろな思い入れを持った人が集まるよね。お知り合いの方々もちらほら。

この荒田の笑顔で明日は勝てると確信してたのに


 この日はアウェイ・ザスパクサツ群馬戦の写真を引き伸ばして持参。ゴール後のエヴァンドロの奴は1枚エヴァンドロに進呈。むっちゃ喜んでくれたよ。進呈と引き換えに同じ写真にサインをもらう。2枚貰ったので1枚は愛トリ会にでも参加できたら景品にしよう(帰れるのか本当に)。

 練習場でそれとなく翌日の布陣が判明し、膝ががくがく。某プロライターに「明日は阪田さんがトップ下」というガセ情報も貰う。

 それぞれ選手のファンサをそれとなく眺めていたけど、若狭が子供に接する姿がとても素敵だったことだけ追記。あいつきっといい奴や!

 もう1枚持っていった写真に写っている選手全部にサインを貰おうと頑張ったけど、安川だけ時間切れで貰えず....時間切れ?そうこの日は13時からだいぎんサッカー・ラグビー場でユースのプレミアリーグwest(vs東福岡)が行われてたのだ。急いでサッカー・ラグビー場へ向かうとバクスタならぬバク芝(バック芝生席)で声出ししている集団がいたので参加。
 トリサポ関東組の阿吽の像でおなじみsadaちゃんがコルリ。えのきず姐さん、はにわさん、むっちんさんとくろたか嬢という面子で。ん?半分は関東組やん。ローディーくんは写真担当。



 試合は2-1でトリニータU-18が勝利!最後の方は攻められっぱなしで心臓に悪い展開だったけどなんとか1失点に押さえた。岩田くんがいなかったのが大きかったかな(岩田くんはトップチーム帯同の為欠席)。この日の結果でトリニータユースはプレミアWestで2位に浮上。残すところあと2節で首位ガンバ大阪ユースとの勝ち点差は4。直接対決もないのでガンバ大阪ユースさんがこけてくれんことにはどもこもならんのですが、ここは一つヴィッセル神戸ユース、京都サンガユースの頑張りに期待したいところ。トリニータのユースっ子あと2節頑張れ!

 ユースの試合が終わり、パパンのお迎えに行く途中、車の中でFC東京のCS進出がなくなった事を知る。残念ではあるが、最終節を観てから思うことをつらつらと書きたい。

 さて翌月曜日。

 大銀ドームへ。
 自宅近くまでえのきず姐さんにお迎えに来てもらう。えのきーにょとも久しぶり。わざわざ送迎をお願いしているので、お土産の京成スカイライナーぐらい安いもんです。えのきーにょも喜んでくれてなりより。

 1年ぶりくらいの大銀ドーム...相変わらず素敵なドームだよ。大分にずっといる人は判らないかもしれないけど、J2基準で考えると立派なスタジアムなんだよ。



 運転手つきで参戦のため、心置きなく黄色いキチガイ水を堪能...しまったもう1本500mlを買っておけばよかったと思うくらいあっと言う間に消費したのは内緒の方向で。



 大銀ドームではバクスタあたりでみることが多かったけど、この日はゴール裏中央付近に席を確保。

 まずはニータンを激写し...ついでにフォトジェニックなお姉さんと、フォトジェニックなノリーちゃんなんかも写真に撮っておく。そばでは上福元あたりがトリニータとコラボしているもやしを配布。もやしを買って、モヤシ(FC東京の林)が買えるならトラック単位で買ってあげるのに....。



 ここからいつものパーティ会場(ゴール裏売店横のスペース)でパーティを開始。この日の選択は「あつめし」。

奥の紙コップに出汁が入ってる。


 かつおのズケをあったかご飯の上に乗せた奴。りゅうきゅう状態でご飯を半分くらい食べた後に熱々のお出汁をかけて茶漬けにするシステム。これ良い、とても良い。美味いし、他のスタジアムではみないラインナップだからこれはもっと宣伝すべき。お出汁とあつめしを両方一緒に受け取るテイクアウトセットの550円って値段付けも素晴らしいし、お出汁のテイクアウトなしで、後で食べかけのあつめしだけもって屋台まで戻れば50円引きの500円ってエコなシステムも素晴らしい。
 たぶん、他のスタジアムで生魚だしてるとこなんてないと思うので大銀ドーム名物にして欲しいと切望。
 あと書かなくても知ってると思うけど....ここでも追いビールを少々。

最後はこうやって


 さてさて試合。

トリニータの布陣はこんな感じ。
 こんなとこで秘密兵器阪田さんをみるとは阪田マニアにはたまらん試合どすなぁ。兵働・昌也が怪我でジョンヒョンはカレーの食べすぎ。ボランチがおりません。よって姫野くんと阪田さんがボランチを組むというパルプンテ。今シーズンはパルプンテに始まってパルプンテに終わったシーズンだったよ。
 ベンチスタートは修行・山口・岩田・レイチェル・後藤・パウリーニョ・高松。

 対するジュビロ磐田さんは、怪我で出場が危ぶまれたジェイがちゃんとスタメン。かって知ったるデカモリシとDL芸人こと藤田はベンチスタート。

 試合開始。勝ち点で福岡に並ぶ磐田は慎重な立ち上がり。失うものは何もないトリニータは前線からのチェイスが効く。

 磐田さんはジェイの調子が今ひとつっぽくボールが納まらない。小林さんとアダイウトンさんがサイドで基点になろうとするもトリニータも守備陣が跳ね返す。

 前半幾度かカウンターのチャンスがあったがカミンスキーがまさに神ンスキー状態で悉くチャンスを決めきれず。現地のファーサイドだったので詳細には判らず「あれ決めんことには勝てん」とか簡単に呟いていたが、よくよく録画とか見返すと恐ろしい上手さだなカミンスキー。

 前半はスコアレスで終了。

 後半開始早々。名波さんはジェイを諦めデカモリシ投入。前線の基点を確保すると徐々に攻勢に。
 62分。ついに試合が動く。徐々にあっぷあっぷになってきたDF陣がごちゃごちゃしてるとこでイノナミに決められてしまう。

 65分:荒田→高松

 79分:川辺さん→田中さん

 ここで某柳田監督一挙2枚換え...って負けてるんだからもうちと早く動かんもんか?

 83分:姫野→レイチェル
 83分:伊佐→パウリーニョ

 布陣は3トップ気味で。

 この時点で福岡は岐阜ちゃん相手に4得点で勝利濃厚。磐田もこのまま逃げ切れば2位を確保という状況でロスタイム突入と思いきや!

 90分。サイドをえぐったレイチェルが放ったボールのクリアがパウリーニョの元へ、距離のある中パウリーニョが振りぬいたシュートは神ンスキーでも届かない絶妙な位置へ突き刺さる。
 磐田を地獄に落とす秘密兵器パウリーニョ!磐田さんが昇格プレーオフに回ってしまうと昨年みたくGKに決められてしまうと落ち込む磐田ゴール裏。トリニータゴール裏は今までの鬱憤を晴らすかのようなお祭り騒ぎ、see offを高らかに唄いあげる......唄い終わらないうちに失点。
 90+1分:小林さんゴール...orz。

 90+2分:アダイウトン→藤田

 で、万全な逃げ切りを図られそのまま試合は終了。2試合続けて昇格チームのお見送りという臍を噛む思いとか、口の中に砂の味がするような感覚。

【トリニータ選手たち】:
武田:前半および後半の最初辺りまでは良かった。
ヤス:攻撃に上手く絡めず。
ダニエル:ダニエル無双は健在。入れ替え戦は外せない。
鈴木:頑張ってた。
若狭:良い攻め上がりはあったが数は少なく。
姫野:阪田さんとのペアでは正当な評価にならず、求められていた事をやろうと一所懸命だったけど、ちと経験が足らず。
阪田さん:ほぼ経験のないボランチをなんとか及第点でしのぐ。2本ほどすっげぇスルーパスがあったんでそれだけでご飯のお替りできるクラス。
為田:前半相手DFをちんちんにするも継続してそこを狙う動きが足りなかった。櫻内さん、あれは退場よ。
伊佐:走り抜く。
荒田:結果残せず。
三平:審判の判定にイライラ...退場になってもおかしくない態度だった。

高松:さほど効果的な攻撃を組み立てられず。
レイチェル:得点シーンの動きがレイチェルに求められているもの。
パウリーニョ:圧巻の個人技と経験値。

【ジュビロ磐田さん達】:
※まずは昇格おめでとうございます。昇格プレーオフに回ったら危ないんじゃないかと心配していました。
※約1000人ほどのジュビロサポが大分まで来襲。素晴らしい。大分を楽しんでくれたかな...orz。
※試合終了後に藤田とデカモリシが挨拶に。藤田の「大分頑張って」にきちんと応えたい。それと同時にジュビロ磐田ゴール裏から起こった「トリニータコール」ありがとうございました。
※翌日の大分空港でジュビロサポが沢山。

【その他】:
※失点シーン...今期なんど観た光景を繰り返せば気がすむのだろうか。
※この日の主審のジャッジ...ちと基準が判り辛かった。磐田さんはちょっと幸運だったと思う(アウェイの永井のゴール取り消しも含めて)。
※最初、阪田さんがボランチと聞いて某柳田監督あかん...と思ったが、よくよく考えるとジェイとアダイウントンがごりごりきそうな展開で、最終ラインからダニエルを外せんはなぁ。
※前節は2失点した意気消沈させた上での3得点でエクスタシーを味あわせ、今節はロスタイムに同点弾でジュビロサポをどん底に突き落とした上での1分後失点でエクスタシーを....どんだけ凄腕やねん我がチームは。もうゴッドフィンガーと呼んでも罰が当らないクラス。もう本当の意味でのエンターテイナー。2週続けて昇格チームのお見送りな訳だけど、J2/J3入替戦でどうなるか。「2度ある事は3度ある」が勝つか「3度目の正直」が勝つか、こりゃ見ものです。もう魂が削られるしかない入替戦ですが頑張りたいもんです。
※監督コメントに
「後半の失点後すぐに交代カードを切って攻撃的にシフトチェンジし、うまくサイドを割ってこぼれ球をパウリーニョが決めてくれた。」って言ってるけど、失点からパウリーニョ投入まで20分あいておりますが....。
※ほんとパウリーニョが完全に個人技で決めてくれただけだよ。
※試合中やきもきしながらJ3の結果も追っていたけど...残念なことに入れ替え戦の相手は堅守を誇る町田ゼルビアに決定。正直、レノファ山口の方がやりやすかった。
※試合終了後にセレモニー。社長が辞任を発表。今年の低迷の原因は現場にあると思ってるけど、その現場に手を入れれなかった社長の責任はあるのかもしれない。しかしながらトリニータが見かけ上だけでも借金を無くせたのも、まっとうなチームとして純粋に勝負をしかけられるようになったも青野さんじゃなかったら難しかったかもしれない。本当にお疲れ様でした。
※続いて某柳田監督の挨拶。内容はあまりなかったが謝罪。しかし、ちゃんとしたスピーチライターはおらんのかチームに。ほんとうに相手に届かないスピーチ内容だと思う。演者のせいか文章力の無さか。
※まぁ入替戦が残ってるんで最後の選手一周もあまり盛り上がらず。いいですよ、入替戦に勝ちきって盛り上がりましょう。


 試合終了後は大分のお街でジュビロサポさんも含めたお疲れパーティ。sadaちゃんやミトさんのDJタイムも飛び出し、あまり他のサポではやらないノリだったと思う。ジュビロ磐田サポさんも喜んでくれたかな?

 翌火曜日に移動。
 sadaちゃんと空港レストランで飲み食いに励んでいると搭乗時刻ぎりぎりに。恥ずかしいことに、空港中に響き渡る声で「かっこいい鳥脳様~!。かっこいい鳥脳様~!」って呼ばれてしまったよ...今年のバカンスは恥ずかしいことばかり起こって嫌になったよ。
sadaちゃんと楽しんだごく一部

大分トリニータ2015 2281425907189035196

コメントを投稿

  1. お疲れ様でした~((( ;゚Д゚)))
    直接お会いできましたね~(*´∀`)
    今日も……………………
    エンターテイメント……………………


    大丈夫…………ですかね~((( ;゚Д゚)))

    返信削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ