Loading...

なんということでしょう...【J1第1節:vsFC東京】


 ♪丹野~丹野~丹野~丹野♪

|ω・`)ノ ヤァ

 いまだに丹野チャントの音程が判らない管理人こと鳥脳です。毎回歌っててこの音で良いのか不安になるのだが、まぁ元々音痴なのでちゃんとした音程で歌えるのかという疑問もなくはない。

 さてトリニータを愛する皆様!

 シーズン明けましておめでとうございます!

 今年もトリニータについて身も蓋もないブログを更新したいと思っております。今後もお付き合いの程よろしくお願い致します。

 さてそんな記念すべきJ1復帰の開幕戦。当然の如く管理人は帰省。しかも木曜日からお休みを貰い大分に帰るという贅沢三昧(まだ代休8日くらい消化していないんだよ)。木曜日は朝一のソラシドエアに搭乗し、大分駅に9時半頃には到着。
 早速日豊本線下りの電車俟ち50分というアウェイ感満載の扱いに、30年ぶりくらいに大分バスで鶴崎を目指す。鶴崎駅前から実家まで歩いて帰ったのだが、この日の大分は最高気温21度という南国陽気で、ダウンなんか着込んでいた管理人は汗びっしょり。
 大分はもう梅が満開で流石南国!という雰囲気でした。

鳥脳家の梅も全開


 実家では「正月も帰ってこないのに開幕戦は帰ってくる」と嫌味とか愚痴とか言われるので一応この日は親孝行を実施。
 昼ご飯に若木屋へ、夕飯は寿司めいじんの寿司で実家でくつろぐ。
 そうそう、この日は入院しているサポ仲間の息子さんに、東京限定のプラレールを配達。喜んでくれてなにより。

若木屋のとり天定食


 さて金曜日、朝一スポパへ。

選手のダンマクが素敵

 9時頃に行けば練習に出てくる選手が見れて、ついでに背番号3入りのレプリカに阪田さんのサインが貰えると狙っていた.....が、選手の出社は更に早かった模様で、結局、木村・レイチェル・木島の3人しか見れなかった....つまりこの3人がケツ3って訳ですな。
 焼肉屋をはじめ各大分地方局のメディアも勢揃い。流石にJ1復帰は違いますな。
 しばらく練習を眺めた後、所用で泣く泣くスポパを離れる。

 次は東京からやってくるVIPのお迎えに大分空港へ。前日だというのに東京からの便には数多くの青赤サポが....埼玉の赤い所は数多くのサポがアウェイに来ることで大分でも有名ですが、東京の青赤サポは数では負けるけど、地元で散在してくれる素晴らしいいなご...食いしん坊軍団で素敵です。尊敬しています。
 FC東京サポの何某をピックアップし、とりあえずお昼ご飯へ。大分が日本に誇るジョイフル(笑)とり天定食499円、ランチ399円というパラダイスを味あわせる。

とり天定食499円と日替わりランチ399円

 残念な事にこの日はお昼から雨。鉄輪(「かんなわ」って読むのよ)温泉とか明礬温泉とかホテル白菊とか(ちゃんはまさんお勧め)の露天に連れて行ってやろうかと思ってたが、結構本降りな勢いに断念。別府海浜砂湯へ。

 砂かけしてくれるおばちゃんの軽妙なトークを聞きながら砂に埋もれる....大分県民でもなかなかこんな砂風呂に入る機会がない(そもそも砂湯に行こうという発想がない)ので、話の種としては貴重な体験でした。全身ほど良い圧力と温もりで、可能であればもう10分長く埋まっていたかった感じ。

砂湯ってこんなところ


 さらに次はトリニータスポンサーで有名なアサヒ温泉へ.....初日から温泉はしご(笑)

下足入れは当然この番号


 夜は大分にいるトリサポ仲間(特にブログ系の仲間)と水炊きやわらで楽しく過ごす。熊猫頭取のお勧めで行った2次会はBarBrawn....管理人も都町で飲んだ後、しょっちゅう行っているお店だったよ。

 さて試合当日。
 BarBrawnで呑んだカミカゼが多少体に残る気がするし、寝不足も甚だしいので午前中からアサヒ温泉へ。昼飯に大分高専前のさつまラーメンで特製さつまラーメンを食す。学生時代に良く食べた懐かしい味なのだが、今は無き「桃華」のラーメンの味に一番近いから好きなのさ。

ただいま!大銀ドーム


 試合開始4時間前には大銀ドームへ到着。
 ゴール裏の面々と挨拶を交わす......しっかし寒い。一昨日、昨日とそこそこ温かかった日差しもなく、晴れ予報のはずが曇天....しかも僅かながら雨がポツポツ感じられた時間帯さえ......むむむ、恐るべしダイスケ(トリニータ関東組お馴染み雨男がこの日は参戦)。

 流石に久しぶりのJ1開幕戦、数多くのお客様が来場。J2とは段違いの雰囲気に「あぁJ1に帰ってきたのだなぁ」と感慨ひとしお。

 我々トリニータのシーパス組に遅れる事30分。FC東京サポも入場。早速ゴール裏パーティ会場にFC東京サポ2名をご招待。コムさんから「アウェイゴール裏売店とホーム側の売店の充実度が卑怯なくらい違う!」とクレームを戴く(笑)....もう少し運営の方は気を利かせて欲しいですな。
 まぁFC東京に限らず、他サポの方は是非、レプリカ等の応援グッズを外し、トリニータ側のゴール裏屋台村へ起こし下さい。美味しいスタグルがお待ちしております!
 この日はやまくじらとか団子汁とかをアウェイサポに振舞ったのですが、このやまくじらは結構、他所様のスタグルと張り合えるくらい美味しいですよ。

これがやまくじら

やまくじらの調理中...すっごいお肉


 さて試合前のイベント事が滞りなくすすみ(後で短評)、遂に試合開始。
 トリニータ開幕戦名物のコレオが見事に決まる。今年は若干の青黄のグラデーションを狙ったのか、所々に違う色が...きっと掲げていた人は不安だったろうなぁ(笑)実験的なデザインでしたが、今後もゴール裏の方々のチャレンジに期待しております。



 ただ1つ物凄く残念な事が.....ゴール裏が一体となってコレオにチャレンジしている中、ゲーフラを掲げている方が若干1名....(´・ω・`)。いや折角作ってきたのを掲げたい気持ちは判りますが、あそこは皆でコレオを頑張りましょうよ。TとAの間の貴方!貴方の事ですよ!

 さぁ早速試合について.....

 突然はじまる大改造劇的ビフォーアフター 

 たりたらたん...♪(松谷卓さん作曲の『TAKUMI/匠』)



 (ここからサザエさん(加藤みどりさん)の声で)
 本日の大改造劇的ビフォーアフター。昨年J2からの昇格を果たした大分トリニータ家。トリニータ家が抱えた悩みとは、少ない予算でJ1で闘えるのか?そんな不安を抱えてトレーニングマッチを消化、J1どころかJ2にも勝てない様にトリニータ家の面々は不安を抱えたまま開幕を迎えたのでした。

 今回、トリニータ家の悩みを解消する匠は『身の丈の住作家』田坂匠。匠はトリニータ家の悩みに対してどのようにアプローチしたのでしょうか?

 この日のトリニータ家のスタメンは

  森島   西

  丸谷  木村
チェ      レイチェル
    ミヤザー

 安川 高木 若狭

    丹野

 ベンチスタートに圭介・阪田さん・マツケン・村井・ルイルイ・モサ松・林という顔ぶれ。
 もともと昨年のメンバーではJ1経験者が少なく『J1の記憶の修復師』こと田坂匠は、シーズンに向けてDFにJ1を経験している選手(高木・深谷・辻尾・児玉)を獲得、水漏れしかかるDF陣の修復に着手。チーム最多得点タイの三平が抜けた攻撃面の大きな穴にはマリノス期待の若手レイチェルを嵌めると共に、北九州から技術の高い木村を取得するというリフォームを実施しました。

 しかし、なんということでしょう...。

 昨年、トリニータの最終ラインを支えた阪田さん、新戦力の深谷、辻尾、児玉が怪我等で出遅れるというアクシデントが発生....匠は仕方なく3バックの中央に高木、その両横に若い若狭と安川を配置するという布陣を選択したのでした。

 対するFC東京は重厚な布陣。元々個々の能力が高い割りにJ1では中位に位置する不思議なチーム。こちらのポポヴィッチ匠は新建材や豊富な建設資金で東・李を手に入れてパス回しも鮮やか。ゲームメイクに不安があったものの、こないと思ってたルーカスがインフルエンザから復帰。ザックがべだぼめする高橋秀人もスタメン。

 案の定、パスを回し放題つなぎ放題のFC東京。何度と無くトリニータのゴールを脅かす。しかしながらトリニータも12番目の選手ポストくんとかも総動員しながらなんとか最後は割らせない。さすが『素材使いの風雲児』田坂匠。その上....

 なんということでしょう...。

 前半17分。押されていた筈のトリニータ家の三男チェ・ジョンハンのクロスを長男デカモリシがゴール前で触りゴール!さすがのFC東京権田も反応しきれません。

 ラッキーな先制点で勢いに乗りたいトリニータ家ですが、そこはFC東京が許しません。前半26分、徳永から始まったパスはルーカス、高橋秀人とつながり。渡邊千真と長谷川アーリアジャスールのワンツーで渡邊が見事なゴール。

 なんということでしょう...。トリニータ家は一度もボールに触れる事ができずにただボールを眼で追うしかなかったのです。

 なんとか前半は残りをしのぎきり1-1で終了。

 なんということでしょう...。ハーフタイム中に驚きのアナウンスが....「トリニータの得点はチェ・ジョンハン」
 森島が触っていなかったとたら、あの森島のゴール後のパフォーマンスはなんだったんでしょう。トリニータ家にはいつも驚きが満ちています。

 【J1:第1節 大分 vs F東京】ハーフタイムコメント(13.03.02)

 後半開始。
 トリニータ家は匠のハーフタイムの渇で生き返るかと思いきや、CBにまで圧力をかけてくるFC東京にタジタジ。なかなかセカンドボールが拾えません。
 そんなFC東京の圧力が高い中、後半12分.....。

 なんということでしょう....。

 いや、これは、いったいどういうことでしょう

 GK丹野がボールをキャッチ。カウンターの意識をもった丹野がボールを転がした先にトリニータの選手が反応しない事態。なんなくボールを拾ったアゴ男アーリアジャスールが無人のゴールにボールを蹴りこむ。痛い、痛すぎる失点。こんなミスをしたら勝てるものも勝てません。『空間構成の自由主義者』田坂匠もこれではお手上げです。

 しかし『光の魔術師』田坂匠も諦めません。後半21分、高橋秀人相手にボールを収め切れなかった森島を下げMrトリニータモサ松を投入。
 後半32分に西→林。後半34分には足を痛めた松本→ルイルイとします。
 なんということでしょう。『動線の旅人』田坂匠が敷いた布陣はいつの間にか、3バックだったDFが2バックに、2トップだったFWは3トップへと変貌したのでした。

 匠の機転により徐々にトリニータらしい攻撃もみせはじめるも、後半45分に東→石川直という豪華極まりない交代でFC東京に逃げ切られてしまうのでした。

 トリニータ家は1-2で開幕戦を落としてしまいましたが、前のJ1昇格の時のボロ負けと絶望感と比較すると「思ったよりもやれるかも」という希望を感じれる内容でした。『廃材のスタイリスト』田坂匠の『全員攻撃・全員守備』でトリニータ家に立ちはだかった「J1でやれるのか」という不安はなく、これからはこのJ1で家族全員、今後も厳しいながら頑張ってすごこせる事でしょう。

 ビフォーアフター終わり、後は短評で。

【トリニータ選手たち】:
丹野:2失点目は純粋に丹野のミスだったとは思うが、このミスで萎縮せず今後の糧にして欲しい。失点以上に防いだ点も多かった筈。
若狭:若干狙われるも落ち着いて対処。今後使える目処はついた気がする。
高木:流石のJ1品質。目立たぬながらもきっちり守る感じ。
安川:FC東京の狙い目になってしまった。安川の成長が今後のトリニータの位置に直結すると思う。昨年同様成長を続けて欲しい。
ミヤザー:ミス多め。正直僕はあの位置でミヤザーを使うのは若干厳しいかもと思っている。ミヤザーにはそんな僕の思いを裏切って欲しい。
レイチェル:もう少し攻めの姿勢を貫いて欲しい。怪我の具合が心配。
ジョンハン:先制点の狙いはパーフェクト!今年もジョンハンゾーンでお願いしたい。可能ならば毎日ポッポおじさんデーのつもりで。
木村:技術とキックの制度は充分J1品質だと思う。もっと連携を高めたい。
丸谷:木村とプレースタイルがかぶるも頑張る。後半のシュートシーンは当てるだけで良かったんだけどなぁ(宇宙開発したシーン)。
西:前半からよくチェイスしていた....後はシュート精度。2回目のあのチャンスはFWならば決めなきゃ駄目。
森島:高橋秀人に自由にさせてもらえず。

高松:気迫だけで頭に当てたシーンは高松らしかったが、あまりチャンスに絡めず。
林:後半攻撃のアクセントにはなっていた。
ルイルイ:まだその全貌は見えず。

【FC東京さん達】:
※やっぱり選手層が厚いやね。前半アクシデントで加賀が退くも、チャン・ヒョンスで危なげなく。切り札石川直のカードも終盤まで温存できるスタメンの運動量。今年は夏場の失速がなければそこそこの位置を狙えそうな予感。
※愛人FC東京として高橋秀人を見たときは文句も多かったが、敵FC東京として高橋秀人を見ると嫌な存在だよ。ボールを競合う前の位置取りが物凄く嫌らしい。うちのレイチェルと交差したシーンの素振りがちと腹立つ(審判の項で後述)。
※青赤サポさんが多数来県。J1に帰ってきたんだなぁと感慨深いし、素直に大分経済に貢献してくれる素敵な蝗さん達に感謝と尊敬の念を。この夜の都町も数多くの青赤軍団をお見かけしました。

【その他】:
※この日の動員17055人。ナイターでしかも極寒という悪条件ながらもJ1品質の観客数が戻ってきた事が嬉しい。
※この日の主審がイエモッツこと家本さん。昔は色々あったけど、ここ数年、ちゃんと選手とコミュニケーションをとる良いジャッジになったと思っていた。この日も積極的に選手と会話。
 今シーズンの傾向としてボールに対するアタッキングは流す傾向(正しくボールにいっていれば)が感じられるし、この試合もそうだったと思う。が、高橋秀人がレイチェルを、アーリアが若狭にしたタックルとかプレーはボールにはいっているかもしれんが、軸足を巻き込むようなプレーは、トリニータの選手をなだめるのではなく、プレーした選手に注意を与えて欲しいと切望。高橋はレイチェルを無理矢理起こそうとしてたくらいだし。
※試合前に乃木坂46から大分出身の二人がご挨拶。大分市観光特使になったらしいけど、スタジアムに流れる会話で1人称複数が「うちら」なのがどうかと感じる。君らプロの芸能人なんだし、こういった公式の場で「うちら」はないと思う、「うちら」で許されるのは「かしまし娘」だけの筈。
※試合開始前の挨拶で県知事・市長・商工会の人、スポンサーが勢揃い。何気にスピーチ時の勝率が高い釘宮市長に期待するも、勝率の低い広瀬知事が長い挨拶...orz。FC東京サポから「アンコール!アンコール!」と掛け声を戴く(笑)
※いつも事前に準備したり、アウェイまで駆けつけてくれるゴール裏サポクラの人達に感謝と尊敬の念が有り余っているくらいなのだが...サポクラによって選手のチャントとかコールが違うのは勘弁して欲しいなぁ....(´・ω・`)
※大銀ドームのビジョンが新しくなり高精細画面へと変貌。あまりの高精細さ具合に長谷川アリーアジャスールの文字が小さくなりすぎ遠めに見辛かったのは内緒の方向で。iPhoneのカメラでは綺麗に撮れなかったので、次回(いつになるのか)はデジカメを持っていこう。

 まぁこの日の夜も、焼肉屋が経営する「肉壱」で宴会。焼肉屋は愛想が無かったもののデザートに巨大なプリンをサービスしてくれた!店主としての愛想は永倫がまだまだ上なので焼肉屋は今後も精進すること。
 この宴会が終わった後に更にゴール裏の宴会にも出席したのだが、大銀ドームの異常な寒さで風邪を引いてしまい途中退席。翌日曜日に東京へと帰っていった管理人であった(その日もしこたま飲んだけど)。

 まぁ思ったよりもJ1で闘えそうでもあり、やっぱりJ1の壁は高いと感じたプレシーズンマッチであった。さぁ今週末の開幕戦。川崎フロンターレと国立で開幕なんて素敵じゃないの!頑張って応援するぞ!

思ったよりも高くなく、思った以上に高いJ1の壁に
戸惑う管理人のイメージ図


【関連リンク】:J'sGoal
【J1:第1節 大分 vs F東京】プレビュー:注目の開幕好カード!「全員守備・全員攻撃」vs「魅惑の攻撃サッカー」(13.03.01)

【J1:第1節 大分 vs F東京】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(13.03.02)
【J1:第1節 大分 vs F東京】ランコポポヴィッチ監督(F東京)記者会見コメント(13.03.02)
【J1:第1節 大分 vs F東京】試合終了後の各選手コメント(13.03.02)

2013 J1 第1節 結果

【J1:第1節 大分 vs F東京】レポート:魅惑の攻撃サッカーで21本のシュートを放ち快勝したF東京。敗れはしたが可能性を感じた大分は、これからが勝負。(13.03.03)

入魂 628695888771464591

コメントを投稿

  1. 文章の途中まであれあれ??と思っていましたが、
    最後の最後で納得。

    そう、PSMでしたよね?w

    あ、うちは珍しく開幕しましたがw

    返信削除
    返信
    1. (・д・)チッ

      来週末(第3節)に負けてもいいように勝点稼いどけよ!

      削除
  2. おつかめ様でした!
    お風邪は大丈夫ですか?以前、匿名ながら師匠呼ばわりさせていただきましたともすけのパパです。
    今回も師匠に同意出来る点が多々あり書き込みます。
    ①宮沢さんは人間的には大好きですが、今のアンカー、シングルボランチではJ1は厳しいですよね。やはり、09年ポポ時代のエジくらいでないと、、、トリサポはボランチとGKには厳しい(笑)丹野くんは昨年POの活躍に免じあと一回はチャンス上げるべきですが。②東京のサブは凄過ぎ!当日は東京のベンチが正面に見えるカメラマン控え室でボランティアでしたが、ウォーミングアップする李、石川、平山を間近に観て改めて凄い場所に戻って来たなと(笑)③前回の昇格に比べれば充分に通用しますよね。守備は及第点だし、ジョンハンは切れてる間は分かっててもチャンス有りだし。では、今度の国立は見送りますから応援お願いします。、、まだ嫁さんにした借金が残っています(T . T)

    返信削除
    返信
    1. ともすけのパパさん毎度です。

      そなんだよ...ちょっとミヤザーの1ボランチはきついよねぇ....。


      まぁ国立は任しといてね

      削除
  3. 笑・・・プレシーズンマッチにわざわざ帰省されたのね。
    あれ?相棒くんってトリサポになられたんじゃ・・?

    BGMを聞きながら楽しいレポでした!

    国立に聖火が点灯するらしい。確かに開幕戦ですね!

    返信削除
    返信
    1. 相棒くんはトリサポではなくれっきとしたFC東京SOCIOなのですよ。

      今シーズンは敵同士なんでいがみあってます。

      国立はお越しなんでしょ...絶対チータン臭いおっさん探すからね!

      削除
    2. ジョイフルのブラックペッパーソースハンバーグは
      美味かったなー(遠い目)

      つーか、実体が写っているではないかっ ←腹

      つーか、175に靴を入れたのはオイラではないかっ ←イナゴ

      いがみあいつつも、ブログのネタは協力してあげてんだから
      少しは感謝して、あと勝ち点6(ナビスコ含む)ばかりくれんかのー

      削除
    3. 勝点6....無理。

      もう勝点3あげたんだからお返しにちょっとくらい....。

      削除
  4. 移転されてからのブログを拝見するのは初めてでしたが
    田坂匠を形容する言葉の数々に思わず笑ってしまいました。
    レポートを楽しい文章でわかりやすく、さすがですね!
    大分のJ1復帰は本当に嬉しいですし、
    来年もまた大分に行きたいので絶対に残留してくださいね。
    東京戦以外では、応援しております♪
    次節、国立での開幕戦がんばってください!(笑)


    返信削除
    返信
    1. hirarin_1001さん ようこそこのブログへ(笑)

      大分はお楽しみいただけましたか?

      ...(・д・)チッ...センセイテンデモラッタトオモッタノニ

      今週末は川向こうのウンコターレを成敗してやりますよ

      削除
  5. はじめまして<(_ _)>
    鳥脳さんって「明野台地のあさぼらけ~」歌ってました?

    返信削除
    返信
    1. 煮鶏さん、はじめまして....当然です。

      「紺青映ゆる豊の海~」ですよ。

      削除
  6. 試合TVで見てました~(*´∇`*)

    ジョンハンが決めたときには思わずガッツポーズでしたヽ(゚∇゚

    2失点目がもったいなかったですね~

    ただ、丹野は李との一対一を止めたりといいプレーもありましたよね。

    次に期待ですね!

    開幕にはいい状態になっているんじゃないですかねw

    返信削除
    返信
    1. 毎度!

      開幕に向けて調子を上げている最中だからね(震え)

      削除
  7. ネイビアン2013年3月7日 3:22

    ミヤザーの1ボラは最終ラインの負担が重いですよね。
    J1はJ2ほどシュート外してくれないからなるべく
    シュート打たせたくないし。

    新潟じゃ出番限られそうだから、菊地戻ってきてくれないかなぁ。


    返信削除
    返信
    1. 毎度!

      菊地....菊地欲しいよねぇ。
      菊地-木村-丸谷のトライアングルなんて通好みな感じがするよね

      削除
  8. あけましてかめでとうございます。

    鳥脳さん隠れファンですが今年もよろしくお願い致します。

    開幕戦、私もゴール裏、ニータン焼き屋さん付近に潜伏しておりました。
    我々の確保していた席の3列前がコレオのミソだったようで
    「奥から10人黄色で、青、青、黄色が3人で青、黄色、あとみんな青です、
     はい、あってます。バッチリです。」と
    サポーターのお兄さんがアレ・オ・トリニータそっちのけで最終確認していたので
    うちに帰って、コレオの写真見て、
    んのおおおおおおわ、ちちまわすぞこんやたぁ・・・と怒り心頭。

    姿さやけき由布鶴見から突き落としていいですか(=_=##)

    返信削除
    返信
    1. あけましておめでとうございます。

      「ちちまわすぞこんやたぁ」(笑)

      ん?姿さやけき由布鶴見とは....もしや高き技術を身につけた方なんでしょうか?

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ