Loading...

魂が削られながらも勝点1をゲット【J1第2節:vs川崎フロンターレ】


 皆様明けましておめでとうございます。
 2013シーズンのJ1リーグが遂に開催されました!
 我がトリニータは聖地・国立、我等がホーム国立競技場で川崎フロンターレと開幕戦を戦いドロー、何とか今シーズンの初勝点をゲットするという幸先の良い展開となりました。

|ω・`)ノ ヤァ

 3/2のFC東京戦なんて記憶の片隅にも残っていない管理人こと鳥脳です。なんだか遠い昔の話のように思える....( ゚ ρ ゚ )ボー

 それでは3/9に行われた川崎ウンコターレフロンターレ戦のリポートを。

 3/9の朝から管理人はイライラしっぱなし。折角おニューの帽子を購入したのに宅配便屋さんが届けてくれない。前日の金曜日にはご近所の配送センターまで届いているのに、配達のお兄さんは東京宅の宅配ボックスを活用してくれないが為に届きません。
 金曜日の夜に再配達の依頼をし、土曜日の午前中を指定したのに待てど暮らせど配達してくれない。国立で人と待ち合わせているので、おニューの帽子を泣く泣く諦め自宅を後にした。

 川崎側の開門時刻の少し前に千駄ヶ谷門でジェフサポの友人と待合せ....今回ジェフサポでもありボスケテファミリーでもあり、素敵なジェフサポブログ「犬魂一笛」の管理人でもあるいぬぶえさん。柔和で素敵な笑みの裏側に、賢い人によくある深淵の暗闇を少しだけ感じさせるいぬぶえさんがフロンターレのシーズンチケット枠あたりを手配してくれたのであった。
 合流し、ひとしきりお互いの第1節の結果を嘆きあった後に入場。トリサポ側の開門がまだなので、ビールを飲みながら喫煙所で開門を待つ。
 13時にトリニータ側が開門、ボスケテ会長のへろさんなんかをみつけご挨拶後にゴール裏はずれに席を確保。



 さて試合の方

 トリニータの布陣はFC東京戦から微妙に変えてきた

  高松  西

  木村  丸谷
安川      チェ
    宮沢

 若狭 高木 阪田

    丹野

 ベンチスタートは圭介、土岐田、マツケン、村井はん、ルイルイ、林、森島。
 前節の怪我でレイチェルが帯同せず。その位置にジョンハンを持ってきて左サイドはヤスが、ヤスの位置には阪田さんが復帰。
 練習から好調を維持していた高松を今回は使用(高松の好調さは別ルートからも聞いていたのだが本当に好調そう)。
 フロンターレさんは3バックの布陣を引き、前節胃腸炎で欠場した中村憲剛さんが復帰。

 試合開始。
 トリニータの3-5-2、もう少し細かく分類すると3-3-2-2は3バックが跋扈するJ2で3バックを破る為に考えられた布陣なのはトリニータサポなら周知の事実。そのシステムに対し、個々の力で上回れると考えたのかウンコターレフロンターレの風間監督は3バックの布陣に。
 これが妙に嵌り、トリニータは木村・ミヤザーの位置がフリーとなり、フロンターレは中澤さんの位置がフリーとなる。また木村に対するプレスもせず、上手いことトリニータがゲームを組み立て支配する状況に。

 前半26分。フロンターレの井川さんがどこかを痛めた模様で伊藤さんと交代。その直後の混乱を見逃さす前半28分。右からのクロスに高松とかがシュートをした後のドサクサを押し込んだのが俺たちのヤスこと安川。今節は位置が高めの事もあってゴール前にいたところがグッジョブ。J2の2年間では決められなかったのに、J1の2試合目で初ゴールが決まってしまうとは中々ヤスは持っていると実感。ゴールが決まった後ベンチの田坂さんに一目散に駆け寄っていくヤスの姿に惚れる。
 トリニータ先制、1-0。

 前半はほとんど危険らしい場面もなく、トリニータペースで試合は進むも追加点は取れず。前半は1-0で終了。

 1点だけじゃ判らない。早く追加点をとって安心させて欲しいと願うハーフタイム喫煙所の管理人であった。

 【J1:第2節 川崎F vs 大分】ハーフタイムコメント(13.03.09)

 後半開始。
 「正しいポジションからサッカーをスタートさせよう。」とハーフタイムに支持した風間さん....布陣を4バックに変えると共に、憲剛を高い位置へ配置、そして木村を初めとするトリニータの中盤にプレスをかけてきた。トリニータは途端ボールが回らなくなり、DFラインがどんどん下がる。

 後半8分。ゴール前の僕の嫌いな大久保さんのところへボールが通り、振り向きざまにシュート。見事なゴールが決まりトリニータが同点に追いつかれる。1-1。

 完全に試合はウンコターレのペースとなりフロンターレの選手に裏を取られたり、サイドを破られたり、ピンチの連続が続く。もうこっからは魂を削られるような展開ばかり。なんとか最終ラインで体を張って弾き返すもセカンドボールはフロンターレが支配。ほぼ攻められっぱなしな状況
 まぁフロンターレさんも最後の最後、肝心なとこの集中力がないのか枠に飛ばなかったり、丹野の吸引力で正面に飛んだり。
 後半16分 宮沢→村井
 後半26分 丸谷→小松
 後半47分 高松→森島と何とか手を打とうとするも、守備に奔走した脚力は戻ることなく試合はそのまま1-1のドローで終了。最後の最後はゴール裏の声援と選手の気迫と集中でなんとか崩れるのだけは防いだ試合だったと思う。とりあえず国立無敗神話は継続。

 後はいつものように短評で

【トリニータ選手たち】:
丹野:失点シーンはノーチャンス。大久保を褒めるしかないパターン。他は鬼神の如くセーブしまくりで2節連続ベストGKに選ばれそうな勢いではあるが、フィードのミスキックが多すぎて外れそうな予感。(選ばれちゃいました(∀`*ゞ)テヘッ)
阪田:得意のマンマークでレナトに自由を与えず。後半はアップアップで押さえていたので早く90分フルの体力を復活させて欲しい。
高木:安定のCBは本当に助かる。ミヤザーが退いた後はキャプテンマークを巻く。
若狭:気迫を持って大久保に自由を与えず。大久保が審判に文句を言うという事は良いDFが出来ていた証。
宮沢:前半はゲームを作るも後半は自由に出来ず。ちょっとプレスがかかり出すと慌てだすからなぁ。
チェ:右サイドでジョンハンを評価するのは少し可愛そうな気がする。
安川:頑張ったと思う。決して完璧な左サイド(若狭も含めて)ではなかったが、出来る限りの頑張りはあったと思う。
丸谷:らしからぬミスが散見された気がする。丸谷はもっと出来る子の筈。
木村:前半は舐められたのか自由を与えられ躍動。後半は守備に追われる。
西:試合後コメントにある通り肝心なところを西が決めていれば勝てた試合。決定機にもう1テンポ早くシュートの判断をして欲しい。
高松:サポーターも脚になく調子が良さそう。ほぼ90分使える目途がたったのは非常に大きい。

村井:出場も守備に終われ持ち味出せず。
小松:プレーの意図が見えず。頑張ってるのは判るが。
森島:この出場時間で評価は野暮

【川崎フロンターレさん達】:
※憲剛が調子悪かった。憲剛完全体ならトリニータは負けていたかも。
※フロンターレもすっかり風間さんのチームになっちゃったね。昔の鋭いカウンターが炸裂するチームじゃなく、パスで崩すチームに変貌していた。
※一部川崎サポから評判の悪いカザフィー大佐からフロンターレを解放する戦いができればと思っていたが結果相打ち。
※この日の観客21,657人....随分と動員をかけたんでしょうねAゾーン以下とそれ以上の席の混雑密度が随分と違いました。

【その他】:
※基本国立はスタグルのベストがほっとヌードルだと思っていたので、この日はちゃんと事前にロッテリアのハンバーガーなんぞを準備して行った......塩ちゃんこ来てんのかぁ....orz。

※国立ということもあってフロン太くんによる聖火点灯ショーが。うちのニータンだったら、あの階段登るだけで何分かかることやら。
※まぁ第1節がミスから逆転負け、第2節が粘って勝点1と考えると我がトリニータも徐々にJ1という舞台に慣れてきている!とポジティブに考える前向き脳。きっと次節の相手の浦和レッズさんは週半ばのACLで疲れてくれる筈。ホームの声援の後押しがあれば、先生逃げ切りも夢じゃないよ!

【試合関連リンク】:J'sGoal
【J1:第2節 川崎F vs 大分】風間八宏監督(川崎F)記者会見コメント(13.03.09)
 この人と東京V監督の三浦ヤスの言ってるのはいつも判り辛い。
【J1:第2節 川崎F vs 大分】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(13.03.09)
【J1:第2節 川崎F vs 大分】試合終了後の各選手コメント(13.03.09)
 前半はもう2点は取れていた。(by 西)今度が三度目の正直だからな!

詳細データ:2013 J1 第2節 結果

【J1:第2節 川崎F vs 大分】レポート:「眠っていた」前半を、采配で切り替えた川崎F。大分を押し込むが、同点で試合を終える(13.03.10)


 試合の終了後、何某が味スタから移動してきたので、ジェフサポ(いぬぶえさん)、サンフレッチェサポ(YumiYoshiくん)と4人で新宿に移動、即席のJリーグ座談会を実施。場所は安くてボリューミーな料理で定評のある無国籍ダイニング居酒屋「海峡」




 楽しいお酒と美味しいお料理を戴きました。
大分トリニータ2013 2273185205857375387

コメントを投稿

  1. この時間帯に見ると最後の写真様たちの破壊力がハンパないです
    (;´Д`)

    早く初勝利がみたいですね~

    そうそう、もうちょっと塩ちゃんこの下りをズバッと切れ込んで・・


    という返しでどうでしょうww

    返信削除
    返信
    1. 毎度です。

      塩ちゃんこは他人の奴で僕はロッテリアの絶品バーガーしか食べていないのです。

      うちのブログでロッテリアの絶品バーガー取り上げてもねぇ(笑)

      初勝利は早くみたいのですが、残り全勝だからなぁ....。

      削除
  2. スポナビの「サッカーの面白い分析を心がけます」と合わせて読むと
    とってもわかりやすい内容ですな。
    ※いや、単体では分かりにくいというのではなく、
     私が本年のトリニータを把握できていないだけですよw

    さて、次節は浦和ですね。
    鳥脳さんのご要望通り、
    浦和が負けてもダメージが少ないように勝ち点を稼いではありますし、
    ACLもあったわけですが、
    ACLは相手がゴニョゴニョ・・・で意外と楽にターンオーバーできてましたので、
    できればお土産に勝ち点を頂きたいところでございます。
    梅ちゃんは右サイドで先発して途中からシャドウに移行すると予想。
    前からのプレスは歓迎しますが、相性的にルイ君は歓迎しませんw

    最後に読裏さんの所での予想、さすがですw

    返信削除
    返信
    1. 勝点3のお土産期待してますよぉ~!

      削除
  3. 挨拶に現れるかな・・・と思っていたんだけど
    ・・・という上から発言(ジョーダンです笑)

    必然のドローです。
    でもこんな試合が続くんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 多分、続くんでしょうねぇ....(遠い目)

      削除
  4. ネイビアン2013年3月13日 18:04

    一昨年ウチの本妻である福岡がJ1で戦っていたときの
    試合を観た後の僕の感想も全く同じでした。
    一番最後に昇格を決めたチームはだいたいこうなりますよね。

    個人的にはミヤザーの所に木村を置いて、
    その前に汗かき役を配置するのが一番守備のバランスが取れそうに
    思うんですけど、為田は怪我・井上はいない・村井はんと永芳は
    そういうタイプじゃないとなると、現状の布陣でしばらく
    辛抱しないといけないでしょうかね。

    エジミウソン・ホベルトのボランチの鉄壁さがなつかしいです。

    返信削除
    返信
    1. エジ・ホベの無双っぷりが懐かしいですね。

      為田がいないのが地味に効いている気がする。

      削除

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ