Loading...

焼酎ロック片手にエジプト戦


 えーと、きたる東京遠征に向け『嵐の前の静けさ』的な生活をおくっている管理人こと鳥脳です。

 フル代表のエジプト戦、U-22のカタール戦と「仕事なんかしないで、はよ帰ってきなさい」的な状況で、実際に仕事なんかするはずもなく家に帰ってTV観戦となった。焼酎ロックでおつまみ片手に観戦観戦っと!

 んで、まずはフル代表エジプト戦。

 日本にしても、エジプトにしても最強メンバー.....って訳にはいかなかったみたいだけれど、正直思っていたより見ごたえのある試合内容であった。
 思うにエジプトと日本の方向性っていうか、サッカー観が似ていたような気がする(この方向性の行き着く先にメキシコなんかのサッカーが存在すると思っている)。どちらも綺麗にパスをつなぎ相手を崩すサッカーって奴ですかね。綺麗さでいえばエジプトさんの方が若干よかったかもしれん。

 得点シーンは前半21分、ヴィッセルの大久保のDFを背負った状態から見事に反転してDFを置き去りにしたミドルシュートが決まった。むむむぅ見事なシュートであろう。大久保はフル代表では初得点。もっと昔に決めていたような気がしたのだが、あれはU-22時代だったのか。あの頃のイメージでは戦術もへったくれもなくゴールを狙うハンターとか悪童イメージが強かったのだけれど、最近はすっかり大人な雰囲気ですな(たまにチラッと見える悪童イメージがまた魅力)。所属のヴィッセルで中盤を経験していることもプラスに働いているような。
 前半終わり近く、邪悪なガチャピン遠藤のCKがクリアされるも、もう一度遠藤がクロスを入れた所にまたもや大久保がドンピシャヘッド。これは遠藤の方を評価しておこう。

 後半8分、山岸が見事なパスでジュビロ前田へ。前田落ち着いて(前半の反省からか少し早めのタイミングで)シュート。試合はこれでほぼ終わりか....と思いきや、いらんファールからエジプトにFK。狙ったのか狙ってないのかは判らないがエジプト選手に当たってコースが変わり失点。もしこの日が年に1回くらいある『神がかり川口確変デー』でもあれは防げまい。

 後半23分。左駒野のクロスがファーいつも黙々と走り続ける加地へ。トラップ1発でDFをかわし冷静にゴールへ流し込むビューティフォーなシュート(駒野と加地両方が上がっている状態が素晴らしかったすな)。

 結果4-1での勝利となったわけではあるが、試合後イビチャ爺ちゃんがインタビューで答えていたとおり、得点差ほど両チームに実力差はなかったと思う。鳥脳的には「4-3で日本!」的な試合であった。

 以下、短評
【スタメン】
川口:そんな活躍の場はなし。こんな親善試合で川口デーを使ってもらっては困るので可。
中澤:やっぱ強いなぁ。鳥脳的にはもう少しチームを引っ張る役目をして欲しい。
阿部:DFなんすかねイビチャ爺ちゃん。
加地:Jの試合を観てていつも思うのだが、黙々と上下走り続ける加地・駒野は評価。
駒野:同上
鈴木:啓太抜きには現在の代表は語れまい。
遠藤:もっと出来るはずの期待が低評価にしてしまうのか。物足りない。
中村:同上
山岸:うんうん頑張った。前田の得点シーンは見事だった。
前田:うーん前田が結果出すともう我がトリニータの高松は代表に呼ばれんかもしれんなぁ。インタビューはもう少し明るく。
大久保:代表初ゴールおめ!もっと早くでもよかったけど、昔より上手くなってるよなぁ。

【途中出場】
藤本・橋本・今野:イビチャ爺ちゃんに言わせるとご褒美だそうです、この出場は。もうちょっと長く観てみたい気もするのだが....今野の使い方はあれでいいんですかイビチャ爺ちゃん?

【×××】
※途中、控えの播戸のアップが.....うーん出たかろう試合に。(鳥脳も見たかったぞ播戸!)
※J'sGoalでは国家斉唱の天童よしみのコメントまで載っている。流石に妙な歌手とは違い(誰とは言わんが...個人的に酷いなぁと思ったは○藤静香の時)歌は上手。GJ!
※せっかく衛星放送観れる環境だったのに(大阪滞在時と違い)、衛星放送での放映はなく泣く泣くテレ朝を視聴したのだが.......思ったよりいつものイライラ感がない?.....あっあの人が実況じゃなかったんだ。納得。

長くなったのでU-22は別記事で。

日本代表 1791215072354215726

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Trinita

Trinita
だいすけくんの写真

自己紹介

自分の写真

『トリサポの皮をかぶったFC東京SOCIO』もしくは『SOCIOを騙るトリサポ』 前俊だけは諦めない! 座右の銘は「棚からぼた餅」 好きな草花は「ムラサキツユクサ」 合言葉は「お気楽極楽」

ブログ アーカイブ